So-net無料ブログ作成

焼肉店、ホルモンの大量焼き火災 [最近のニュースから]

スポンサードリンク





焼肉.png
フリー画像からお借りしました

焼肉屋さんでホルモン焼いて、店まで焼いてしまったというお話です。









焼肉でビール、これはたまりませんよね~^^









しかし、ちょっと注意が必要のようです。









名古屋の焼肉店で火災が発生したそうです。









火事があったのは、中区新栄の焼肉店「The・ホルモン・Naizouya」で、先月27日午後9時半ごろで、店舗1階から出火しました。









その火事でけが人はでなかったそうですが、店舗が全焼し、両隣の建物の一部にも被害があったようです。










火災の原因は、客が大量のホルモンを七輪の網の上で焼いた際に炎があがり、油の付いたダクトに燃え移って火事になったということです。










ホルモン.jpeg
フリー画像からお借りしました









火災を起こした客は「食べ放題の時間内に食べ切れるよう、ホルモンを一度に大量に焼いたら火がダクトに燃え移った」と話しているということです。









せっかく楽しい飲み会だったのに、とんでもないことになってしまいましたね。









調べてみましたら、焼肉屋さんの火災は珍しくないそうです。









多くのお店で使われている、煙が出ない、衣服等に匂いが付かない、店内もきれいに保たれる等から無煙ロースターを設置している焼肉店が増えているそうです。









その無煙ロースターから出火する火災が全国的に増加しているといいます。









発生した火災の原因を見ると、排煙ダクト内に火のついた肉片や炎(火の粉)が吸い込まれたことにより、排気ダクト内に付着していた油脂等に着火し出火するケースが多くみられるようです。









また壁内・床下の排気ダクトと木製の建築材とが接する等していたことにより、低温着火でダクト周囲から出火するケースもあるそうです。










低温着火とは、木材に熱が加わると含まれている水分が徐々に減少して炭化し、さらに熱が加えられると突然燃え上がる現象のことです。










ダクトの清掃業者によると、できれば毎年清掃をした方が良いそうですが、多くの店舗は8年くらい清掃をしていないといいます。










今回の火災は、短時間に大量のホルモンを焼いたことが原因となりましたが、ダクトの清掃をきちんとしていれば防げた火災なのでしょうね。









お店の経営も大変でしょうが、人命にもかかわることになるかもしれませんからね。









スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(196) 
共通テーマ:日記・雑感

耳よりの情報!「お燗でほっと」しませんか^^ [気になる情報]

スポンサードリンク





酒.jpg
フリー画像からお借りしました

寒くなりましたね~! 熱燗の恋しくなる季節になりました^^









福島民友新聞さんに「福島県酒造組合の新城猪之吉会長(末廣酒造社長、会津若松市)に熱燗のおいしいつけ方と楽しみ方を聞いた」という記事が載っていましたので、お酒好きの皆様とも共有したいと思います。








私はお酒を温めて飲んだことがあるのは日本酒と紹興酒、そしてお湯割りで焼酎とウイスキーくらいです。









日本酒の熱燗はやはり別格ですよね^^









それでは、福島民友新聞さんの記事をご覧ください。









―長年、お燗名人育成講座を開いている。


「温かいお酒は体に優しい。料理との相性の幅も広がり、万能な食中酒になる。特に燗酒は味の濃い、油っぽい食べ物のおいしさを引き立ててくれる。そして口中をさっぱりと洗ってくれる効果もある。お燗でおいしくなることを『燗上がりする』といい、これからの寒い季節、ぜひ燗上がりさせた日本酒を楽しんでほしい」


―お燗は温度が難しいと感じる。


「30度前後の『日向(ひなた)燗』から55度以上の『飛び切り燗』まで6段階に分けられ、それぞれに相性が良いタイプがある。一般的に純米酒や本醸造酒、普通酒がお燗に合うとされていて、生(き)もとや山廃(やまはい)と呼ばれる伝統製法で造った酒は、温めるとさらに味わいが深まる」


―お燗の方法は。


「湯せんが一番。水は100度で蒸発するが、アルコールは約80度で蒸発が始まってしまうため急激な加温は厳禁だ。急激に加熱するとアルコールだけが先に突き出し、“ツン“とアルコール臭く、“ビリビリ“と辛いだけの燗酒になってしまう」


―うまく湯せんするには。


「鍋かボウルに80度のお湯をたっぷり張り、とっくりを首まで漬けてじっくり温めるのが良い。まろやかでおいしい燗酒ができる。ぬる燗から熱燗まで、好みの温度に調節してほしい。電子レンジは便利だが、加熱し過ぎたり、温度むらが起こる」


―酒器にもこだわるべきか。


「深めで口の狭いぐい飲みだと、アルコールの『立ち香』が強過ぎる。また、舌の先に酒が当たるため甘味ばかりを感じてしまう。燗酒に向くのは底の浅い広口の杯。少し傾けるだけで口に入るため、甘味、酸味、辛味、苦味、渋味という酒の持つ五味が楽しめる」









なるほど~ 奥が深いですね~!










新城氏に伝授されたコツで、今晩あたり熱燗でいっぱいやってみませんか?^^











日本酒.jpg
フリー画像からお借りしました










今回、福島民友新聞さんの取材を受けた末廣酒造さんの紹介はこちらをご覧くださいね。









スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(176) 
共通テーマ:日記・雑感

有給休暇の消化できていますか? [気になる情報]

スポンサードリンク





今日は、有給休暇について考えてみました。










毎日忙しく働いているうちに、有給休暇を取得することが出来ない方も少なくないでしょうね。










1.png
フリー画像からお借りしました










2.png
フリー画像からお借りしました










仕事が忙しくて、気づいたら保有していた年休が消えていたという方はいませんか?










いっそのこと、会社に買い取ってもらえないのでしょうか?










法律上は、入社日から6カ月間継続して働き、全労働日の8割以上勤務した場合に10労働日、それ以降は1年ごとに8割以上の出勤率を満たしていれば勤続年数に応じて与えられることになっています。










この日数は、週5日または週30時間以上働く人の場合で、パートタイマーやアルバイトであっても、所定労働日数・時間に応じて年休が与えられます。










それの年休を貯め続けることはできないようです。









年休を請求できる権利は、2年間で消滅します。











どうせ時効で年休の請求権が消滅してしまうなら、その前に金銭で買い取ってもらいたいと考えることは当たり前だと思います。











買い取り行為は原則として違法になるようです。











そもそも、年次有給休暇は、労働者の心身の疲労を回復させ、労働力の維持培養を図ることを目的としたものなのですから、休暇を与えることと引き替えに金銭を支給する「買い上げ」行為は、法律の目的に反することになります。











更に、有給休暇を最初から買い取ったり買い上げることを予約し、労働基準法で定められた日数を減らしたり、法定日数の休暇を取れないようにしたりすることも違法でるとされています。









しかし、例外もあるようです。










例外1:法定以上の年休を与えられている場合・例外2:時効によって有給休暇が消滅してしまった場合・例外3:退職する場合だそうです。










例外1と例外3は何となく分かるのですが、例外2についてはどのように解釈したら良いのでしょう。










調べてみました。











2年を経過し、請求権の消滅した有給休暇をどう処理するかは法の関知するところではなく、この日数に応じた金銭を支給しても、問題ないということなのです。











このように、消滅した有給休暇に対して金銭を付与することは、事前の買い上げとは異なり、法的には問題ないのだそうです。










ただし、買い上げの額が実際の手当よりも高額なときは、問題となりうるので注意が必要だということです。










結果的に有給休暇の取得を抑制することになる場合もあるので、本来の趣旨からは好ましくないとの見解もあるようです。









やはり、年休の取得率向上を職場全体で考えた方がよさそうですね。









休めないでなく、休める環境が当たり前として、労使ともに何らかの対策を講じることが必要なのでしょうね。










有給休暇をしっかりと取得して、家族団欒の時間をつくりましょう、そして奥様孝行してみませんか!^^  あっ!失礼いたしました ご主人孝行かもしれませんよね^^










家族.jpg
フリー画像からお借りしました








スポンサードリンク


スポンサードリンク

nice!(197) 
共通テーマ:日記・雑感

「やらさせて頂きます」この使い方は正しいの? [日常の出来事]

スポンサードリンク





昨日に引き続き、「言葉」の使い方について考えてみたいと思います。









「やらさせて頂きます」を使う方、何時ごろからでしょうか若者にも年配の方にも数多くいらっしゃいますね。









先ず、「させて頂く」の適切な使い方










文化庁は「させて頂く」について、「基本的に他者の許可を得た上で、自分が行うことについて、その恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合」に使うのが正しいとしているそうです。








つまり、「相手の許可を受けているかどうか」「恩恵を受けるのかどうか」というこの二点が使う条件ということなんですね。









ということは、普段耳にする「させて頂く」の中にも正しいものと間違っているものがあるようです。









マイナビさんのサイトを拝見したところ、以下のような解説がありましたので、ご紹介いたします。









「ご挨拶させていただきます」は少し微妙なところです。









挨拶については、「相手の許可」や「恩恵」というようなことが関わってきません。









なぜなら、挨拶は相手の許可を得なくてもするのが普通のことだからなんです。









職場や取引先で「させて頂く」という言葉は頻繁に耳にします。









非常に丁寧な言い方にも聞こえますが、使い方を間違えることで思わぬトラブルを生むこともあります。









ある面接での会話です。









面接官「日曜日にイベントがある場合でも担当してもらうことはできますか?」









就活生 「はい、やらさせていただきます」








面接官「サークルではなにか役職についていましたか?」








就活生 「はい、所属していたテニスサークルでは部長をやらさせてもらいました」









「やらさせていただきます」は最近よく耳にする言葉ですが、これは間違った日本語であり、上記の答え方はいずれも不適切です。









正解例)1
面接官「日曜日にイベントがある場合でも担当してもらうことはできますか?」









×「はい、やらさせていただきます」
「やる」「させていただく」どちらも自分が「行う」ことを意味するので2つとも使うと重複となり不必要です。









△「はい、やらせていただきます」
重複はなくなりましたが「やらせて」になると、嫌々ながら「やる」と言っているように聞こえがちです。









◯「はい、喜んで担当します」
言い切ることで、すっきりはっきりとした自分の意見として伝わります。









正解例)2
面接官「サークルではなにか役職についていましたか?」









×「はい、所属していたテニスサークルでは部長をやらさせてもらいました」
例)1と同様に重複の敬語であり間違った使い方です。









△「はい、部長をやらせてもらいました」
敬語の重複はありませんが、「やらせて」だと請け負った感じに聞こえます。









◯「はい、部長をしておりました」









不必要な敬語もなく事実がすっきり伝わります。









文化審議会(文化科学省、文化庁より設置された審議会)の「敬語の指針」によると「○○させていただく」は「○○する」の謙譲語とされています。









自分側が行うことを相手側(第三者)の許可を受けて行い、そのことで恩恵を受ける事実がある場合に使います。









そのため条件をどの程度満たすかにより、適切な場合と不適切な場合があるのです。








背景を考慮しましょう。









ということでした。









普段、敬語だと思って重宝に使っていろ言葉ですが、間違えた使い方をしていることが多いのかもしれませんよね^^










スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(206) 
共通テーマ:日記・雑感

「ら抜き言葉」って気にしたことはありますか? [日常の出来事]

スポンサードリンク





yahoo japan ニュースさん掲載の記事を読んでいましたら、私自身気になっていた内容がありましたのでご紹介させて頂きたいと思います。









今日は「ら抜き言葉」を話題にしてみました。









文化庁の2015年度「国語に関する世論調査」では、「ら抜き言葉」を使う人が、使わない人の割合を初めて上回ったそうです。









ところで「ら抜き言葉」どんな言葉?









ちょっと説明しますね。









「見られる→見れる」「食べられる→食べれる」ね、両方の使い方普通にしていますし、何も問題を感じたことはないと思います。









私は、普段話をする時には「ら抜き言葉」で、文章を書くときには「ら抜き言葉」は使わないようにしていました。









この「ら抜き言葉」は、一部の方にあまり評判がよくない使い方とされているのです。









最近、「ら抜き言葉」に関するツイートが話題になったそうで、「島田教授の日本語史講座、面白すぎる! 『ら』抜き言葉で抜けているのは『ら』じゃなかった!」という投稿が11月3日にされました。










島田教授は二松学舎大学で、ことばの歴史的な変遷を研究する「日本語史」という分野を専門にしている先生です。










抜けているのは「ら」じゃない?









島田教授に話を聞いてみたそうです。










「ら抜き言葉」はその名のとおり、可能の助動詞「られる」の「ら」が抜けたと取られるのが一般的です。









しかし、抜けているのは「ら」ではなく「ar」だ、とする見方も成り立つのだそうです。









ローマ字で書いてみると









「mirareru→mireru」 「taberareru→tabereru」








あっ!ほんとうだ









この「ar」抜き現象、「ら抜き言葉」に限らず、可能表現全般に起こっているといいます。









「行く」「歩く」の可能形として使われている「行かれる」「歩かれる」。









「用事があって行事に行かれない」「そんなに遠くまで歩かれない」など、特に上の世代や、かしこまったシチュエーションなどで使われています。









この表現に対して、室町時代ごろから「行ける」「歩ける」といった可能動詞が生まれ、もともとあった「行かれる」「歩かれる」と併用されるようになったそうです。










対して「見られる→見れる」のいわゆる「ら抜き言葉」が登場しだしたのは、大正・昭和時代からだそうです。









若い人には「行ける」「歩ける」の方がなじみ深いかもしれません。









「行かれる→行ける」「歩かれる→歩ける」の変化をローマ字で書いてみると









「ikareru→ikeru」 「arukareru→arukeru」









となり、「ar」が抜けていることがわかりますね。










島田先生によると「言葉づかいが、話し手の知性や品性を表す目印となる場合もあるため、世代を超えて通じる『正しい』日本語を身につけることは、もちろん大切だといいます。










しかし、日本語を研究する人間としては、新しい世代の新しい言葉づかいに対して、『正しい』『正しくない』だけではなく、『言葉が変化している』というまなざしも持ってほしい」と期待しているということです。










なるほど〜ぉ 奥が深いんですね〜。










明日も引き続き、気になる「言葉」について書いてみたいと思います。










スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(205) 
共通テーマ:日記・雑感

JR運転士 乗務中に喫煙 [最近のニュースから]

スポンサードリンク


今日は,、先月の朝日新聞デジタルさんの記事に何ともお粗末なJRの運転士の記事が掲載されていましたので、その話題にしょうと思います。









最近は、愛煙家の皆さんが大分肩身の狭い思いをしていますよね。










ご自分の健康や周囲の人の受動喫煙による健康被害を考えれば、禁煙した方が良いのでしょうけどね。










今回問題となっているのは、JR横須賀線の武蔵小杉―西大井間を運転中にたばこを吸っていた運転士がいたそうです。











Yokosuka_01.JPG
フリー画像からお借りしました











乗客から駅員に「運転席からたばこの臭いがした」と指摘があり発覚したとうことです。










その運転士(55)は、「乗務が長時間で我慢できなかった。数年前から乗客の少ない夜間を選んで吸っていた」と話しているというのです。









しかし、運転士は55歳ですからね、数年前から乗務中に喫煙していたという事ですが、数年前から急に我慢が出来なくなった訳ではないのでしょうから、かなり以前から乗務中に喫煙していたのだと思います。









車を運転中に喫煙すること自体危険なのですから、まして多くの人命を預かっている列車の運転士ですからね、単なるルール違反で済ませる訳にはいきませんよね。










他の運転士さん(仲間)に申し訳ないという気持ちがあれば、乗務中に喫煙をするような行為はできないはずです。









もしかしたら、他にも同様の行為をしている運転士さんがいるのでしょうか?









以前は、東海道新幹線の運転室内で電子タバコを20歳代の男性車掌が吸っていたという記事を書いたことがありました。「こちらです









同社では乗務中の喫煙は禁止していることから、「厳正に処分する」ということです。










スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(190) 
共通テーマ:日記・雑感

九州北部豪雨被災地 全避難所閉鎖するも避難生活者多数 [最近のニュースから]

スポンサードリンク


今日は「九州北部豪雨」の被災地を話題にしたいと思います。










今年の7月5日から6日にかけて、福岡県と大分県を中心とする九州北部で発生した集中豪雨「九州北部豪雨」が発生しました。









消防庁によると、福岡県で34人(朝倉市で31人、東峰村で3人)、大分県日田市で3人の計37人の死亡、福岡県朝倉市で4人が行方不明となりました。









住宅被害は、福岡県と大分県の合計で、全壊288棟、半壊1079棟、一部破損44棟、床上浸水173棟、床下浸水1383棟と甚大な被害となりました。









福岡県と大分県では、各所に設けられた避難所に、最多時でおよそ3000人の被災した方々が避難をしていました。









朝倉市では最大11カ所に指定避難所が置かれ、最大時で590世帯、1204人が避難していたそうです。









福岡県東峰村と大分県日田市にも避難所が設けられていましたが、いずれも8月中に閉鎖されています。









その後、民間の賃貸住宅等に仮住まいをしているみなし仮設住宅や、福岡県が建設した仮設住宅への入居が進んだことから、避難所は福岡県朝倉市にある「らくゆう館」の1か所になっていました。









最後の避難所「らくゆう館」も先月25日夜までに全員が退去したそうで、九州北部豪雨に伴うすべての避難所が閉鎖されたということです。









しかし、仮設住宅やみなし仮設住宅などで避難生活を続けている方々は、福岡県と大分県で合わせて約1300人もいるのです。









更に朝倉市では、100人以上が自治体の支援を受けずに自力によって仮住まいのよる避難生活を続けているということです。








被災された方々の生活の再建、地域の復興には多くの時間と資金が必要です。









今年も12月となり、仮の住まいで新年を迎える方々が沢山いらっしゃること、東日本大震災の被災地と同様で、私たちは常に応援する気持ちや支援を忘れてはいけないと思います。










スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(192) 
共通テーマ:日記・雑感

東北清酒鑑評会結果発表! [気になる情報]

スポンサードリンク


酒.jpg
フリー画像からお借りしました

今月10日、仙台国税局より平成29年東北清酒鑑評会の最優秀賞が発表されました。









今回は東北6県、144の酒蔵から自慢の日本酒が出品されました。









吟醸酒の部で45蔵、純米酒の部で49蔵が優等賞に選ばれ、それぞれ上位3銘柄を最優秀賞などに選びました。









その最優秀賞に輝いたのは、吟醸酒の部が桃川さんの「桃川」純米酒の部では東日本酒造協業組合さんの「奥の松」です。









最優秀賞に次ぐ評価員特別賞を受賞したのは、吟醸酒の部があさ開さんの「あさ開」と阿櫻酒造さんの「阿櫻」。








純米酒の部では、末廣酒造さんの「玄宰」と渡辺酒造本店さんの「雪小町」。









福島の蔵元さんが頑張っていらっしゃいますね^^









同県の蔵元さんが最優秀賞受賞しているのは、2013年から5年連続だそうです!^^









頑張ろう東北!頑張ろう福島!









東北だけではないんです。日本中、災害により被災され復興途中の地域が沢山あります。









同じ日本人として、応援をする気持ちを忘れてはいけないですよね^^









私たちひとりひとりが、小さなことでもいいと思うんです。何か役に立つことはないかな?って考えることが大切だと思います。








各蔵元さんの紹介はこちらをご覧ください!^^

桃川さん「桃川」



東日本酒造協業組合さん「奥の松」



あさ開さん「あさ開」



阿櫻酒造さん「阿櫻」



末廣酒造さん「玄宰」



渡辺酒造本店さん「雪小町」








スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(181) 
共通テーマ:日記・雑感

日本から初めて米国に「柿」輸出! [気になる情報]

スポンサードリンク


柿.png
フリー画像から借りしました

知らなかったぁ!米国への柿の輸出が先月解禁され、和歌山県の畑では、輸出用の柿の収穫が進んでいるそうです。









柿は弥生時代以降に桃や梅、杏子などとともに栽培種が大陸から伝来したものと考えられているそうです。









鎌倉時代の考古遺跡からは立木の検出事例があり、この頃には果実収穫を目的とした植栽が行われていたということです。









柿の世界生産量は、中国一番多く約70%を生産しているそうです。









和歌山県九度山町ではアメリカ輸出専用の柿を栽培しており、20日朝から「富有柿」の収穫が始まっています。









わが国の柿は、これまで病害虫の問題などから、アメリカ側と輸出交渉が難航していましたそうです。









米国との交渉に結果、先月輸出が解禁されました。









収穫された柿は、船でアメリカへ運ばれ、来年1月中ごろには、ロサンゼルスなどで販売されるそうです。









わが国の甘くて美味しい柿を食べた米国の消費者は感激してくれるでしょうね!^^















スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(200) 
共通テーマ:日記・雑感

大晦日「孤独のグルメ」紅白をぶっとばせ!^^ [気になる情報]

スポンサードリンク


1951年から放送されていたというNHKの紅白歌合戦、昔と比べると大分様変わりしてしまったようです。









私が家族と紅白歌合戦を観ていたのは小学生の時迄で、それ以降TVはあまり観ていなかったと思います。









紅白歌合戦というと昔は横綱番組で(現在もでしょうか?^^)、視聴率は群を抜いていたようです。









その横綱番組に対抗する裏番組が民放で制作されています。









懐かしいところでは「コント55号の紅白歌合戦をぶっ飛ばせ!なんてことするの!?」や「欽ちゃんの紅白歌合戦をぶっ飛ばせ!第1回全日本仮装大賞〜なんかやら仮そう!〜」など、いろいろな番組が対抗馬として登場しました










今年の大晦日は、俳優の松重豊氏主演のテレビ東京系人気ドラマ「孤独のグルメ」がスペシャルとして今年の大みそか夜(後10時~11時半)に放送されるそうです。










孤独のグルメ.jpg
フリー画像からお借りしました










この番組の放送は深夜でしたが、私も何度か観たことがあります。









同番組は、主人公の井之頭五郎(松重豊氏)が、仕事中に立ち寄った店で食事をする様を描いた内容になっています。










孤独のグルメ3.jpg
フリー画像からお借りしました










立ち寄るのは、実在する庶民的な店です。









大柄な主人公の豪快な食いっぷりも観ていて楽しさを感じます。









まっ、大晦日にわざわざ観なくてもぉ、と言われてしまえばその通りなのですが、のんびりと一杯やりながら観るのも良いのではないでしょうか。









ぼんやりと今年を振り返りながら観ていても、煩わしく感じない番組だと思います。









何だか、変な番組紹介になってしまいましたね!^^



















スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(178) 
共通テーマ:日記・雑感