So-net無料ブログ作成
最近のニュースから ブログトップ
前の10件 | 次の10件

「猫の島」観光客の無責任行動が問題に! [最近のニュースから]

スポンサードリンク


はこ.jpg
フリー画像からお借りしました









朝日新聞さんに「猫の島」の現状が報じられていましたので、今日はその話題を取り上げてみました。









福岡県新宮町の相島(あいのしま)は「猫の島」として世界的にも有名になっています。









NHKのTV番組「ダーウィンが来た」でも、相島(あいのしま)の猫ちゃん達が取り上げられていましたね^^









一周約6キロの小さな島に、約270人の住民と200匹近い猫が暮らしているそうです。









国内外から多くの観光客が訪れるようになり、島(地域)起こしが期待されているのですが問題もあるようです。









町によると、町営渡船で相島に渡った人は、2014年度の約5万1千人から2016年度は約6万6千人に増えたそうです。









更に、乗れない客が出た時に出す臨時便は、2014年度は7回だったのが2016年度は43回に増えています。









その猫人気を背景に、旬の魚を使ったバーガーを提供する「島カフェあいのしま」が4月にオープンしたり、渡船場前にも軽食店ができたりと経済効果はあるのです。









島の主産業は漁業です。









猫は、家に保管している穀物を食べたり漁具を破ったりするネズミを退治し、魚をさばいた後のアラも食べてくれる。









猫は、島民にとっては可愛いペットという存在ではなく生活をする上でのパートナー、昔からそのような関係で共存してきたようです。









そんな関係がいま、岐路に立っているというのです。










その原因は島を訪れる観光客によるえさやりにあるそうです。









1989年には年に1回だった島の猫の出産が、今は2回になっているといいます。









[不妊や去勢手術を受けていない猫の栄養状態がよくなれば、出産回数が多くなり、爆発的に増えてしまう。魅力ある島として存在し続けるためにも、えさやりはしないでほしい」と訴えています。









この問題には、観光客が訪れるようになった他の「猫の島」でも同様の問題を抱えているのです。










この無責任な「餌やり行為」いたる所で問題になっていますね。









可愛いから?可哀想だから? 本当にその気持ちは分かるんです。








我が家にも猫がいますからね^^









しかし、その行為は無責任で身勝手な行為なんですよね。








スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(184) 

高齢者施設の事件 原因は? [最近のニュースから]

スポンサードリンク


スポンサードリンク




最近、高齢者施設での虐待や殺人の報道が増えているようです。









一時期、頻繁に報道されていましたが、このところあまり耳にしなくなっていました。









事件が起こるたびに、どうしてそんな人間が介護の仕事を選んだのか、他の仕事をすれば良かったのに、と単純に考えていました。









しかし、あまりにも同業種での事件が多すぎると思い始めたんです。









何か共通する原因があるのではないか?









明らかに「相模原障害者施設殺傷事件(知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」)」の犯人の様な精神的に問題のある人間の場合は特別なのでしょうが。









産経新聞さんの記事に、犯人が事件に至った動機が載っていました。









『川崎市の老人ホームで入居者3人が転落死した事件で、ヘイセイ28年に殺人容疑で逮捕された元職員の男は、調べに仕事への不満やストレスを吐露、同種の事件では、こうした動機が多い』









以前と比べれば、施設の経営側の危機意識が高まり、労働環境や条件の改善が見られるそうですが、相変わらず現場での人手不足は深刻な状態です。









確かに、劣悪な職場環境での就労が続けばストレスもたまるでしょう。









しかし、多くの場合はその矛先を弱者である入所者へ向けることはないのです。









労働環境の改善は必要不可欠な問題ではありますが、それだけではないように思えるのです。









全ての事件の背景を分析し、原因を明確にする必用性を感じています。









きっと、将来的には私達も利用することになるのでしょうから。











老人ホーム.png
フリー画像からお借りしました










一生懸命生きてきたのに、虐待され生命まで奪われるなんて、悲しすぎますからね。








スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(179) 

三重・小鷹市でカラスミ作りが最盛期! [最近のニュースから]














400px-Mullet_roe_by_comicpie_in_Taiwan.jpg
出典:wikipedia








日本三大珍味の一つ『カラスミ』作りが三重県小鷹市で最盛期を迎えているそうです。








『カラスミ』は、ボラやサワラ、サバなどの卵巣を塩漬けして、その後塩抜きをします。









そして、天日干しで乾燥させたものですね。









『カラスミ』の名前の由来は、形が中国伝来の墨「唐墨」に似ていたためだそうです。









カラスミの美味しい食べ方を紹介したいと思います。









江戸時代から「肥前国のカラスミ」は、「越前国のウニ」「三河国のコノワタ」とともに日本の三大珍味と呼ばれていたそうです。









cf907d9816de15d16bd668e8118eba00_t.jpeg
フリー画像からお借りしました









台湾ではとてもポピュラーな食べ物で、たくさんの専門店があります。









先ず、カラスミには薄皮がついていますから、薄皮をむくと口当たりがいいので食べる前に下処理をしましょう。









「そのままスライスして食べる」
塩分が効いているので、薄くスライスするだけで酒肴になります。









「炙る」
軽く炙ると香ばしくなります。









「炒める」
濃厚な味わいが特徴のカラスミは、炒め物に少量加えるだけで風味が格段にアップします。









カラスミには濃厚な味と香りがあるので、ごはんやパスタなどの穀類や野菜と相性抜群です。









いつもの料理にちょっとカラスミを加えれば、ワンランク上の一品に仕上がります。









なお、火を通すときは長時間加熱しないことがポイントだそうですから、火を入れ過ぎるとパサついて味が落ちてしまうので、気を付けてくださいね。









パスタやリゾットに加える時は一番最後に入れた方が良いそうですよ!









カラスミって、お酒のおつまみだけではなかったんですね。









美味しいものを美味しく召し上がってくださいね^^




































nice!(166) 

「スニーカー通勤」増えています!^^ [最近のニュースから]




スニーカー.JPG
フリー画像からお借りしました











西日本新聞さんの記事に、通勤時にスニーカーを履くことを奨励している記事が開催されていましたので、今日はその話題にしようと思います。










私は通勤で電車を利用しているのですが、通勤中のスーツ姿の男性の足元を見ることがあります。








革靴のようなソフトシューズ?とでもいうのでしょうか、従来の革靴ではなさそうな靴を履いている方を見かけるようになりました。









スニーカー通勤、どんな効果あるのでしょう? 









文部科学省の外局、スポーツ庁の健康スポーツ課によると、日本人の30代、40代の約8割が「運動不足」と感じているそうです。









国民の2015年の1日当たりの歩数平均は、男性は7194歩で女性が6227歩でした。








生活習慣病の予防と改善には1日8千歩が望ましいという研究結果があるそうです。









そこで、仕事が忙しくても気軽に始めやすいウオーキングに着目したそうで、スニーカーなどの歩きやすい靴や服装での通勤を促すことにしたということです。









医療費削減にもつなげる狙いがあるといいますから、健康増進に役立つことでしたら、どんどん奨励してほしいですね。








既に、福井県では国に先駆けて、5月からスニーカー通勤を県民に呼び掛けているそうです。









県健康増進課によると、福井では世帯当たりの自動車保有台数が多いのだそうです。









そのような生活環境から歩く機会が少ない傾向があり、スニーカーなどの歩きやすい靴や服装を呼び掛けることにしましたとのことです。









企業訪問などを通じて呼び掛けを進めているそうです。









そこで、スーツにスニーカーは合うのか? 社会人としてマナー的に許されるのか?










気になるところですよね!









最近は、仕事の場でも違和感がないよう、カジュアルさを抑えつつ歩きやすい靴が増えてきているようです。









靴底が薄い革靴はクッション性がないため、疲れやすいので通勤時はスニーカーを履き、職場は革靴と使い分ける方も増えています。









健康のために、歩きやすい靴や服装が当たり前の社会になってくれたら良いですね^^










仕事帰りにスポーツジム?そんな時間ないよ!ということ多いですよね。









スポーツジムの入会金や毎月の使用料、バカになりませんしね。









都内でしたら、1駅手前で下車してなるくなんて良いかもしれませんね^^









成人病にならないためにも、自分の努力で健康が維持できるのであれば挑戦しても良いのではないでしょうか。









実は、私も通勤時と仕事中の靴を替えているんです。










極力、通勤時間や勤務時間に歩く時間をつくりたいと思っていますよ!^^























どうしてもフォーマルな革靴でなければならない場合は、中敷きの活用を考えてみてください。









土踏まずの部分が盛り上がっていたり、低反発素材を使っていたりと多様な中敷きが売られているようです。























価格も900円位からと安価ですので、1枚入れるだけでも歩きやすさが大きく変わるということです。














nice!(158) 

『零戦』購入希望者いませんか? [最近のニュースから]












今日は、先の大戦で活躍した大日本帝国海軍の主力戦闘機、零式艦上戦闘機『零戦』を話題にしてみました。











ゼロ戦.jpg
出典:Wikipedia











その零戦は、以前も記事にしたことがあります。









戦後の日本の美しい空を飛行したという内容でした。









沢山の日本人が戦争で命を奪われた、そんな光景を見てきた零戦が、72年ぶりに自由の国に生まれ変わった祖国東京の空に帰ってきたのです。









今回は、零戦が次のオーナーを探しているという記事なんです。









零戦を唯一日本人で所有している石塚政秀さんという方が、金銭的な理由から売却を決めました。









零戦の維持費は、年間で約2000万円かかるそうです。









内訳は、保険が1000万円、駐機代と整備費に確認飛行に1000万円です?









石塚さんは2008年に零戦を購入して、10年間私財を費やし維持してきましたが、諸事情により手放すことにしたのです。









自宅も牧場も車に船、全て零戦の為に手放してしまいました。









石塚さんがその零戦を購入した金額は3億5000万円でした。









そのお値段、高いのか安いのかは判断できないのですが、唯一オリジナルの中島「栄」エンジンで飛んでいる零戦52型は20億円の売価だそうです。









零戦同様に当時活躍した戦闘機、イギリスのスピットファイア、ドイツのメッサーシュミット、アメリカのP51マスタングなどもその位のお値段のようです。










スピットファイア.JPG
出典:Wikipedia










メッサーシュミット.jpg
出典:Wikipedia










ムスタング.jpg
出典:Wikipedia










やはり、値段があって無いようなものなんでしょう。









しかし、日本人の零戦の所有者が石塚さん一人だけとは、2008年までは誰もいなかったんですからね。









石塚さんは零戦の売価を4億円から交渉を始めたいそうです。









現在、世界中で飛行できる零戦は4機だけということですから、日本人の方に購入して頂けると良いですね。









石塚さんによると、海外からのオファーはあるそうです。









個人的に後世まで残すことは難しいのかもしれませんので、企業など潤沢に資金のあるところに所有してほしいと思います。









お問い合わせ先です。
ゼロ・エンタープライズジャパン( https://www.zero-sen.jp/contact/













nice!(166) 

サバが高騰 冬の名物今年はお預け! [最近のニュースから]

今年も11月になりました。








も〜い〜くつね〜る〜と〜 ですね^^









和尚.png
フリー画像からお借りしました









今年は私にとって最悪の年でした。








来年は、今年の分も良い年にしなくちゃ!なんて考えているんですよ^^








年末年始は、家族でゴロゴロして過ごすことにしました。








新年のおせち料理は食べないことにして、消化に良い食べ物を揃えることにします。








例年、お正月に食べているものはお預けです。








元気になったら何でも食べられますからね!








私の他にも、毎年この時期に必ず食べていたものがお預けになってしまった方々がいるんです。








『鯖の熟れ鮨し(さばのなれずし)』ってご存じでしょうか。









saba.jpg
フリー画像からお借りしました









福井県勝山市の特産品で、同市の北谷町に古くから伝わる伝統保存食です。








背開きにしたサバの腹に、酢飯と麹を詰めて発酵させたものです。








『鯖の熟れ鮨し』は、冬場に市内で開かれる「年の市」や「勝山左義長まつり」で販売され、行列ができる程の人気商品だそうです。









saba2.jpg
フリー画像からお借りしました









昨年は2400匹を販売したといいますから、冬を待っていたファンも沢山いるでしょうね。








近年、サバは全国的に不良続きで価格が高騰していることから、今年の製造を断念することになったようです。










さば.jpg
フリー画像からお借りしました










サバの価格が昨年の倍になったそうですから、仕方のないことなのかもしれませんね。








サバもそうですが、イワシなどの庶民の食卓には欠かせない魚の価格が、来年は
安定すると良いのですが。










nice!(195) 

梅毒感染地方でも急増 [最近のニュースから]

今日は、梅毒を話題にしてみました。









以前にも記事にしているのですが、先日の朝日新聞さんの記事を読み、年々酷い状況になっていることが分かりました。









梅毒の患者は2010年から増え続けているそうです。









感染している患者は、男性が20〜40代、女性は20代に多く、感染ルートは性産業に従事する女性や客の男性の間との指摘がされています









その梅毒の感染が、全国に広がっています。









国立感染症研究所によると、患者数は今年に入って先月23日迄に計4568人にもなっているそうです。









昨年1年間の患者数4518人を既に上回っています。









昨年は、41年ぶりに4000人を超えた年でした。









これまで患者が多かったのは、東京や大阪の大都市中心に増加していましたが、現在は地方でも増加の傾向にあるようです。









梅毒の恐ろしさ、分からない人が多いんですね。









『梅毒は血液中の梅毒トレポネーマという病原菌によって感染します。感染力が強く、口の周辺をケガしている場合などには キスだけで感染することもあります。










コンドームを使用することである程度予防が可能ですが、フェラチオなどのオーラルセックスによって口やのどに感染することもあります。










また、梅毒性の丘疹(感染者の病巣)が触れる事で感染する事例も出ていますので、コンドームを使っているからと言って完全に防ぎきれる病気ではありません。









梅毒はペニシリン系の抗生剤(アモキシシリン・アンピシリン)を服用することで完治できます。 完治までの期間は症状の進み具合によって変わりますが、 初期の感染であれば2~4週間程度、第二期で4~8週間、第三期以降であれば8~12週間で完治します。









治療が遅れるとそれだけ症状が重くなり、治療にも時間と費用がかかりますので 心配な場合は早めに検査を受けるようにしましょう。









自覚症状の出にくい梅毒やHIVなどの性病は、不安に思ったらすぐ検査を受けることが、性病感染の早期治療へ進める唯一の方法です。』
性病検査NAVIさんより抜粋









梅毒は、自分自身の問題だけでは済まない感染病です。









気になる方は直ぐに検査を受けてくださいね!
































nice!(179) 

喫煙者減少!逆行する自民党? [最近のニュースから]

禁煙4.png
フリー画像からお借りしました











毎年、確実に喫煙率が下っている様ですね。









それは当たり前のことだと思っていたのですが、そうでもなさそうなんです。









ネット検索をしていたら「臭くて煙くてしんどい」自民党両院総会は喫煙可という記事が目に入りました。









何だこれ?その記事を読んでみたんです。









自民党参議院議員の小野田紀美氏が、「衆議院は部屋の中でタバコが吸える」とツイートしたことが取り上げられていました。









「“これから両院議員総会ということで、衆議院の部屋に来ています。来ているのですが…忘れてましたけど衆議院は部屋の中でタバコ吸えるのですよ…臭くて煙くてしんどいですが吸っちゃいけない決まりじゃないからなんとも言えない…参議院は喫煙室じゃないとダメなのでカルチャーギャップですね。”(出典:@onoda_kimi)」









衆議院と参議院は、基本的には禁煙なんだそうですが、建物内の喫煙スペースでは可能なんです。









しかし、各党の控室は例外で喫煙可能かどうかは、各党の自治に委ねられているそうです。









小野田議員がツイートした自民党の両院議員総会はその控室で行われていたんです。









自民党の参議院国会対策委員会の広報によると、参議院については基本的に禁煙だそうです。









5〜6人の入れる広さの1部屋だけは、喫煙可となっています。









さて衆議院は、衆議院国会対策委員会の広報担当は、取材当初は両院議員総会が開かれた部屋は分煙と主張していたそうですが、記者の小野田議員のツイートの内容を確認したところ、「特に区切りなどはしていない」「区切りなんかしたら、会議にならないじゃないですか」という回答があったそうです。









また、区切りがないのに分煙と言えるのか?の質問には、「定義はわからないとして回答なし」。









担当からはこんなバカげた回答も、「喫煙をされる議員の方には後方に座って頂くようにしています」「煙が来たという参議院議員の方は、そのことをしらなかったのでは」









自民党って、やっぱり非常識なことがまかり通る人間集まりなんですね。









世界保健機構からは、わが国の受動喫煙対策は最低レベルと指摘を受けています。









恥ずかしいことですよね。









「自民党たばこ議員連盟」ってご存知でしょうか?









この団体は、厚生労働省の建物単位の完全分離ではなく、「飲食店などは表示をすれば喫煙や分煙を可能とする」というものです。









建物単位ではなく店舗単位で分煙をしようと提案しています。









さらに連盟側は憲法第13条の「幸福を追求する権利(幸福追求権)」を持ち出し、「喫煙を愉(たの)しむこと」も認められていると、禁煙・分煙・喫煙と店頭表示の義務化を提案しているのです。









健康増進法改正案を巡っては、自民党は猛反対をして厚労省との間で意見がまとまらなかった経緯もありますね。









結局は愛煙家の集団で、受動喫煙対策など全く無視をする人たちなんです。









こんな人たちが議員でいてはいけないですね。









話を戻しますね。









他の党にも同様の質問をしたそうです。









共産党と公明党の担当者は「両院共に控室は全面禁煙」という回答が即あったといいます。










ちなみに、立憲民主党は「担当者が戻り次第回答する」希望の党「問い合わせる中」だったそうです。









自民党は、受動喫煙対策ですらこんな調子なんですから、原発についてもまともな判断はできそうにありませんね。









全面禁煙賛成!原発再稼働絶対反対!









2017年の「全国たばこ喫煙者率調査」要領によると、男性28.2%、女性9.0%で、男女計18.2%で対前年増減-1.1pptとなっているそうです。









2017年の喫煙者率から全国の喫煙人口を推計すると男性1426万人、女性491万人で対前年増減-110万人だそうです。









世界の禁煙の波、そして国民の受動喫煙を無くそうとする努力を後押しするような、まともな政治家(政党)が本当の意味での国民の代表なんですけどね!











nice!(167) 

スマホで禁煙! [最近のニュースから]

スマホって、色々なことが出来ちゃうんですね!









最近は、煙草を吸わない方が非常に多くなりました。









私達の身近にあるスマホが禁煙支援をしてくれるようになるそうです。











煙草1.jpg
フリー画像からお借りしました










ベンチャー企業の「キュア•アップ」が「慶應大学病院」や「さいたま市立病院」等と禁煙を支援するスマートフォン用アプリを使ったニコチン依存症治療の治験(臨床試験)を始めたということです。









禁煙をしたい人は、病院の禁煙外来で診察を受ける方が多いと思います。









そして、煙草が吸えないでイライラする症状を薬を使用して和らげるそうです。









意志の強い方は、デスクの前に「禁煙」なんて書いて自身の精神力で苦しさを乗り越える方もいるでしょうね^^









しかし、外来禁煙の通院は2〜4週の間隔なので、喫煙の誘惑に負けてしまう方も少なくないのです。









やはり、他人が喫煙をしているところを見たり、飲酒をしている時には煙草が吸いたくなってしまう人も多いようです。









そんな時、アプリが起動し煙草を吸いたい気持ちを抑える言葉で禁煙が挫折しないように後押しするんですって!^^









事前に利用者がアプリへ体調や薬の使用状況を入力します。









アプリからコンピュータに送信された内容から、学会の論文や指針に基づいて、禁煙の為の助言がアプリに表示されるそうです。









例えば「ガムをかみましょう」などの喫煙をしたいという気持ちを抑えるようにメッセージが入るのです。









禁煙治療を自宅などで取り組む間、医師に変わり助言してくれるアプリは強い支えになるかもしれませんね。









そのシステムは、2年後に製品化を目指しているそうです。









勿論、保険が適用されるようになると良いですね^^









煙草は「百害あって一利なし」これは事実なのですからね!









喫煙者の皆さん、禁煙頑張りましょうね^^











禁煙4.png
フリー画像からお借りしました











nice!(174) 

バカな教員はもう御免だ! [最近のニュースから]

1280px-Osaka_Prefectural_Habikino_High_School1.jpg
出典:Wikipedia









またまた、バカ丸出しの教員のお話です。









そんな先生、一人だけではないところが採用の段階で何らかの問題があるのではないかと考えてしまいます。









羽曳野市にある大阪府立懐風館高校3年の女子生徒(18)が大阪府に対して約220万円の損害賠償を求めています。









その原因となったのは、訴訟を起こした女子生徒は、生まれつき頭髪が茶色だったそうです。









教員から髪の毛を黒く染めるように強要され、精神的苦痛を受けて不登校になってしまったのです。









この問題、他人事ではないと感じている方が少なくないようです。









今回、訴訟を起こした女子高生とは別に、過去に頭髪を黒く染めるように教員に強要されたという女子高生がいます。









その女子生徒は、祖父がアメリカ人でクオーターということですから、髪の毛の色が茶色でも、高校として何1つ問題は無いはずなのですが、バカ教員達がやらかしたそうです!









中学1年の頃に担任から髪の毛を黒く染めるように強要されたそうです。









それが酷いんです。









「保護者やクラスメイトの前で、担任の先生から教室の前に呼び出され、髪色の注意を受けました。母は『私の父がアメリカ人なので娘は4分の1、つまりクォーターです。生まれつきの髪色です』と説明しました」









「すると担任の先生に、『どこの血が入っていようが、なに人であろうが関係ない。これは市の決まり。普通は黒髪で生まれてくる。髪を染めてもらわなければ学校に来ては困る』と言われたんです」









母親が教育委員会に出向き、事情を説明されたそうですが、その後も担任から別室や廊下に呼び出されたそうです。









その際に「見世物みたいに教師たちに囲まれ、髪をかき分けられながら根元も調べられました。まるで不良少女扱いです。悔しくて、仕方がなかった」そうです。









同じクラスには、アメリカ人と日本人の親を持つ生徒がいたそうで、担任はその生徒の髪色に言及しながら、「ハーフが黒髪に近いのになぜ、クォーターのあなたの髪がこんなに赤いのか」とも注意をしたといいます。









さらには「高校進学や行事参加も諦めろ」とまで言ったのです。









これは、明らかに人権侵害です!









まともな人間のすることではありません。









今回、訴訟を起こした女子高生も、教員達に同様の辛い仕打ちをうけたのです。









母親は、入学時に学校側に配慮を求めていました、ところが教諭らは「金髪の外国人留学生でも規則なので黒く染めさせる」と母親に告げ、黒く染めるよう繰り返し強要したそうです。









女子生徒は、頭皮がかぶれるほど黒染めを繰り返してきましたが「黒染めが不十分」と指導されました。









大阪府立懐風館高校の一部の教員なのでしょうが、明らかに気が狂っているようですね。









また、そのような教員を野放しにしておいた校長や教育委員会も責任重大です。









毎日新聞によると、裁判を起こした女子高生は、文化祭や修学旅行には茶髪を理由に参加させてもらえず、また、教諭からは、「黒く染めないなら学校に来る必要はない」と言われ、2016年9月から不登校になったということです。









いずれも、「生徒心得」で「染髪」を禁止した項目があるのが、その理由だということです。









バッカですね~! 教員としての適性に問題ありです。









「生徒心得」(校則)を定めた理由を考えれば自ずと分かるはずではないですか。









公立なのですから尚更のこと、人権についてもっと敏感になるべきです。









こんな人達を、公立高校の教員にしておいて良いのでしょうか?









この問題は、訴訟云々で終わらせてはいけませんね。









女子生徒や母親がどんなに傷ついたか、人権問題として取り上げるべきではないでしょうか。









また、大阪府としては事実と「違うところもある」として争うようですが、この問題の争点となる部分が虚偽だとでもいうのでしょうか?




















nice!(180) 
前の10件 | 次の10件 最近のニュースから ブログトップ