So-net無料ブログ作成
検索選択
最近のニュースから ブログトップ
前の10件 | 次の10件

老老介護の増加について [最近のニュースから]

お早うございます^^

昨日から会社を休んで、妻の入院している病院へ通っています。

明日は、朝から手術です。

帰宅が遅くなりそうですので、blogの更新はお休みします。

さて、今日は「老々介護」を話題にしてみました^^








最近は、老老介護なんて言葉をよく耳にしますね。











mig.jpg
フリー画像からお借りしました










国立社会保障・人口問題研究所によると、2013年の推計は、世帯主が65歳以上の夫婦のみの世帯と独り暮らしの世帯の合計は、2000年には688万世帯で前世隊の14.7%でしたが、2020年には1319世帯になり、4世帯に1世帯となると予想しています。









厚生労働省が6月に公表した2016年の「国民生活基礎調査」によると、75歳以上の高齢者が同居の75歳以上の介護をする世帯は30.2%となっています。









介護する側もされる側も、高齢化が進んでいることは明らかですね。









65歳以上の割合は54.7%で、60歳以上の割合は70.3%だったそうです。









また、介護をしているのは、配偶者が25.2%、子供21.8%、子供の配偶者9.7%となっていて、配偶者が最も多いことが分かります。









そして、夫婦ともに認知症というケースもあるそうです。









蓄えに余裕ある方や子供に頼れる方はともかく、そうでない方の為に何をすべきなのでしょうか。









厚労省は、重度の要介護状態になっても在宅医療を出来る限りできるよう推進しているそうです。









しかし、私が実際に目にしたご家庭では、夫婦とご主人の母親の3人暮らしで、子供たちは家を出ています。









ご主人の母親は、認知症で寝たきりとなっています。









ご主人は、会社を辞め自宅で母親の介護、奥様はパートで働くようになりました。









今の介護保険制度や行政の介護者への支援自体、根本に問題がある様です。









自宅介護を奨励するのであれば、家族に負担のないような対策を講じてからでなければいけませんよね。









また、無理なく入れる公的な老人ホームの準備も必要でしょう。









若い時に一生懸命働き、税金を納め、国の為に犠牲になった方々もいらっしゃるでしょう。









年をとったら厄介者扱いするのでしょうか?









私たちの大切な国を、報われない国だったなんて思いたくありません。









政府には、生きたお金の使い道を考えてほしいですね。










nice!(223) 
共通テーマ:日記・雑感

「パンガシウス」ってご存じですか? [最近のニュースから]

「パンガシウス」白身の魚で、最近はウナギの代用魚としてもメディアでは報道されているそうです。









しかし、その魚は淡白な味わいで食べごたえあるそうですが、ウナギ程のジューシーさはなく、タラのあじわいに近いということです。









生息地は、ベトナムなどの東南アジアに分布しているそうで、ナマズの仲間だということです。









「パンガシウス」の蒲焼きはすでに販売されており、購入者の評価は「あっさりとして老人でも食べやすい」と高評価のようです。










パンガシウス1.jpg
フリー画像からお借りしました










「パンガシウス」の蒲焼きは、白身のパンガシウスにタレが沢山かかっています。










パンガシウス2.jpg
フリー画像からお借りしました










見た目は幅広で、ウナギとは似ていません。










温めた後の香りは、蒲焼きの匂いそのものだそうです。










肉厚な為、ウナギ以上に食べ応えがあるそうですが、お味の方は淡白でウナギの様なうま味は感じられないということです。










「パンガシウス」はタラの味わいに近い白身の魚ですから、ムニエルやソテー、フライに適しているようですね。










わが国でウナギの代用魚といえば、近大さんの「うなぎナマズ」ですよね!^^













nice!(202) 
共通テーマ:日記・雑感

若いおまわりさん大手柄! [最近のニュースから]

今日は、神奈川県警の若いおまわりさんが大活躍をしたという話題です。








5月19日の夜、そのおまわりさんは、同僚とバトカーで巡回中でした。









午後10時20分頃に、踏切で線路上に犬を抱きながら立ち尽くしている50代の女性がいることに気が付きました。









既に踏切の遮断機は降り、警報機が鳴り始めていたそうです。









おまわりさん達は、女性に向かって「踏切から早く出て!」と叫び続けたそうですが、反応はなかったようです。









電車のライトが100メートル程まで近づいた時に、ひとりのおまわりさんが「今なら間に合う」と判断して遮断機を乗り越え、女性を後ろから抱きかかえ線路の外に出したそうです。









その約2秒後に電車が通過しました。









女性を救った巡査(26)は、「後になって恐怖感がこみ上げてきた。今は人の命を助けることが一番大切な仕事であると実感している。同僚のサポートがあったからこそ救出できた」と話していたそうです。









助けられた女性は、正気に戻ってから「ありがとう。もうこんなことはしません」と、話していたそうです。









助かって良かったですね。









生きていると辛いことがありますが、幸せを感じられることも沢山あるはずです。









辛いな、と思った時に、誰かと話ができると良いのかもしれませんね。









しかし、おまわりさんの判断力、使命感には敬服します。









おまわりさんは、警察庁長官賞を受けたということですよ!^^








警察官.png












nice!(182) 
共通テーマ:日記・雑感

相模原・障害者施設 入所者殺傷事件から1年 [最近のニュースから]

7月26日、神奈川県相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で、入所者が殺害されてから1年が経ちました。









施設には献花台が設けられ、雨の中、関係者らが犠牲者に花を手向けました。









報道によると、犯人の植松は報道機関へ手紙を出し、その内容は反省の欠片もなかったそうです。
 








植松の様に、障害者の命を奪うことまではしないですが、同様の思考を持っている人間ではないかと感じる事件が、度々報道されます。









厚生労働省によると、2016年度に職場で給料の搾取や暴力、わいせつ行為などの虐待を受けた障害者が972人もいたそうです。









虐待をしていた事業主や上司は591人、ある卸売業で働く知的障害者の20の女性は、プレゼントと引き換えに、上司や複数の男性から性的関係を強いられていたというのです。









虐待を受けたのは、知的障害者が最も多いそうです。









これは、異常ですね!









狂っているとしか言いようがありません。









被害者が健常者だとしても重大な犯罪行為です。









まして、保護されるべき知的障害者に対してなのですからね。









そのような事をする人間を「人でなし」と言うのでしょう。









卑劣な行為、障害者を人として見ていないのです。









一時期、介護施設で入所者を虐待していた連中が頻繁に報道されていました、同類なのでしょうね。









更に、経営者が最低賃金法で書類送検されたケースもあったそうです。









知的障害者の男女3人は、住み込みのアパート従業員として勤務していました。









週40時間以上働いても週給2000〜4000円しか支払っていなかったのです。









障害者を雇用する事業所、社会への貢献度を考えると優良な事業所と評価されると思います。









しかし、蓋を開けると障害者を奴隷扱いしている事業所が少なからずあるのですね。









事業所の規模は、従業員50人未満が8割で1000人以上も2ヶ所あったそうです。










ハンデがあるのですから、尚更守らなければならない人たちです。










社会全体で受け止めなくてはならないのに。









何だか、社会に蔓延っている「いじめ」にも通じるところがある気がします。









私たちの生きている社会には、健常者も障害者もいる、それが当たり前なんです。









障害者を虐待していた事業所や個人の名前を公表すべきだと思います。









性の対象にするなど、鬼畜にも劣る輩です。










同様の行為が起こらぬ様に、名前を公表して、社会的制裁を受けるべきではないでしょうか。










人権を無視し、相手の体や心を傷つけたのです。










そして、きっとその家族の心まで。









企業名や個人名を公にしても、何の解決にもならないことは分かっています。









しかし、直ぐにでも虐待を防がなくてはなりません。









表に出てこない虐待、沢山あると思います。











nice!(159) 
共通テーマ:日記・雑感

隠れキリシタンの建物寄贈 [最近のニュースから]

「隠れキリシタン」、江戸時代に江戸幕府が禁教令を布告し大規模なキリシタンの弾圧が行われました。









国家権力による宗教弾圧、命奪われた信者も沢山いました。









その様状況の中で、密かに信仰を貫いている信者がいました。









仏教を信仰していると偽り、キリスト教(カトリック)に偽装棄教した信者や明治6年(1873)に禁教令が解かれ潜伏する必要がなくなっても、カトリック教会に戻らなかった信者のことです。









時代劇などを観ていると、命をかけて信仰を貫いた方々が「隠れキリシタン」と呼ばれていたようですね。









その「隠れキリシタン」の建物(神戸市長田区の神戸湊西協会で牧師を務めた88歳の男性所有)大分県竹田市に寄贈されることになったそうです。









今年の6月、神戸新聞さんに寄贈先を募る記事を載せたところ、竹田市から希望の連絡が入りました。









竹田市に寄贈されたのは、「隠れキリシタンの建物」の他「マリア観音」など約20点です。










隠れキリシタンの建物1.jpg
神戸新聞さんに記事からお借りしました










「マリア観音」は、隠れキリシタンが聖母マリアに見立てて礼拝した菩薩像だそうです。









歴史ある建造物や品は、国民の宝物ですからね。









やはり、個人で維持するには限界があると思うので、公の管理として後世に残してしていくべきだと思います。











nice!(155) 
共通テーマ:日記・雑感

北海道・外来生物は食料に! [最近のニュースから]

我が国は、何時の間にか外来生物や植物だらけになってしまいましたね。









最近、テレビや新聞で騒がれているのは「ヒアリ」ですね。









ヒアリは南米大陸原産で、世界の侵略的外来種ワースト100選定種で、特定外来生物にも指定されています。









以前は誤った情報が流れていたようで、年間100人もの犠牲者がでいるとして、殺人アリなんで呼ばれていましたね。









実際には、主にアルカロイド系の毒と強力な針を持ってはいますが、人間が刺されて死ぬことはまれだそうです。









痛みやかゆみの軽度の症状が表れます。









しかし、体質によりアレルギー反応や蕁麻疹などの重い症状が出る場合があるそうです。









そのアレルギーによるショックで死亡した例があったことから、殺人アリと呼ばれることもあるようです。








ちょっと前には、アリゲーターガーやカミツキガメなどを捕獲する作業がニュースにもなっていましたよね。









私が、いつも思うことは「食べられなのかなぁ〜」なんです。









食べられるんだったら、みんなで一生懸命捕まえると思いますし、楽しみがありますよね!









「ヒアリ」だってアリなのでしょうから食べられると思うんです。









確か、アリは栄養があるって聞いたことがありますし、実際にテレビの番組でアリを食べている人を観たことがあります。









何でも食べちゃえば良いんです!^^








ところで、北海道で侵略的外来種に選定されている「ウチダザリガニ」を食べて駆除したそうです。










ウチダザリガニ1.jpg
フリー画像からお借りしました








捕獲には環境省の職員立会い、全長10センチ程の「ウチダザリガニ」を894匹捕獲しました。









そして、塩ゆでして食べちゃったそうです。










ウチダザリガニ2.jpg
フリー画像からお借りしました









ゆでた「ウチダザリガニ」は、カニみたいな味だそうですから、捕獲作業も楽しかったでしょうね!^^







兎に角、外来生物も植物も駆除しなければならないですからね。









楽しくできると、沢山の方が協力してくれると思います^^











nice!(163) 
共通テーマ:日記・雑感

九州北部豪雨・被災地にボランティア3000人 [最近のニュースから]

随分と記事投稿をお休みしてしまいました^^
今日は、少々疲れてしまい自宅で休んでいます。
自宅~会社~病院~自宅の非日常的な生活をしているからなのでしょうか。
病室内では携帯が使えるため、午前中に妻と話をしました。
痛みがひどく、急遽入院となったのですが、まだ痛みがとれないのです。
手術は来月に決まり、主治医の話では難度の高い手術で敵は手強いそうです。
今は、最善を尽くすのみ!^^









さて、今日は「九州北部の豪雨」を話題にしてみました。








九州北部の豪雨で、甚大な被害を受けている地域に、今月の3連休中に約3000人のボランティアの皆さんが応援に入ったそうです。








福岡県朝倉市、東峰村や大分県日田市などに駆けつけたのは、地元の高校球児や熊本地震の被災者、それに日本在住の外国人の方々です。









その方々に共通する思いは「恩返しがしたい」という気持ちだったそうです。









地元高校の球児たちは「いつも応援してくれるので、どうしても恩返ししたがった」。









熊本地震の被災者の方々は「熊本地震のでは、ボランティアや支援物資などで本当に助けられた。今度は自分たちの番だと思っている」。









外国人ボランティアの方は「16年前に来日して以来、ずっと日本に住んでいる。日本に恩返ししたい」。









うだるような暑さの中で、大量に舞う土ぼこりや鼻をつく匂い、分厚く積もる土砂や流木など、少しても被災者の方々のお役に立ちたいと、泥だらけになりながら作業をされたそうです。










本当に頭が下がりますね。









「お互い様の気持ち」「受けた恩を返そうとする気持ち」大切なことだと思います。









また、大分県日田市に南阿蘇から「キッチンカー」が駆けつけているそうです。









キッチンカーは、トラックの荷台部分に流しやコンロが設置され、移動先で調理ができる特装車両です。









今回、日田市に入っているキッチンカーは、福岡県相馬市が所有しています。









昨年の熊本地震の際に、熊本県高森町に貸し出されていたのだそうです。









日田市の豪雨被害をうけて、高森町が13日から派遣しているということです。









被災者の方々へ、高森産のトマトを使ったミートソーススパゲッティやスープ、カレーなどを提供しています。









調理を担当しているのは、熊本地震で大きな被害を受けた熊本県益城町の方で、レストラン経営の男性だそうです。










被災地では、まともな食事なんて望めないでしょうから、有難い事だと思います。









暑い中大変だと思いますが、被災地の方々の為に頑張って頂きたいですね。








被災地では、ボランティアを募集しています。









ボランティアや義援金など、沢山の方々からの応援が必要です。









ボランティア募集については、こちらの記事をご覧ください












nice!(102) 
共通テーマ:日記・雑感

九州北部の豪雨 [最近のニュースから]

昨日、急遽妻が入院をしました。
病室で書いた記事を投稿します。
今日は、ご近所の奥様に頂戴したスイカと愛媛から取り寄せた河内晩柑という大きなミカンを持って行く予定です。
帰宅が遅くなったらblogをお休みします。









さて、今日の話題です!









九州北部の豪雨で、甚大な被害が発生しています。









今朝のニュースで観たのですが、ボランティアの皆さんが現地で活動を開始されていました。









街には、2次災害に注意するようにとの放送が流れていましたので、天候を気にしながらのボランティア活動なんですね。









茹だる様な暑さの中、泥だらけになって大勢の方々が作業をしている姿に頭が下がりました。









不幸にもお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りすると共に、被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。









現在、福岡•大分への更なる支援が必要な状況です。








義援金や被災地でのボランティア活動、一人でも沢山の方が参加して頂けることを願っています。









今日の話題は、豪雨の被害に遭った福岡県朝倉市にある造り酒屋にしてみました。









その造り酒屋「株式会社篠崎さん」を、取り上げてみたいと思います。









その蔵元さんは、甘酒が有名なんですよ!









「国菊 あまざけ」と言います。






















日本酒は「比良松」や「国菊」という銘柄を造っています。









蔵元さんも被災して、蔵全体が浸水して復旧の目処もつかない状況だそうです。









朝倉郡東峰村大字宝珠山にある片岡酒造さんも被災されたということです。









他にも九州北部の豪雨で、被害に遭った蔵元さんがあるかもしれません。









被災地の復興の為に、地元の産業を支えることも大切だと思います。









お酒の好きな方がいらっしゃいましたら、福岡や大分のお酒を飲んでみませんか?









株式会社篠崎さんの紹介はこちらからどうぞ!








片岡酒造さんの紹介はことらからどうぞ!









被災地では、ボランティアを募集しています。

福岡県朝倉市災害ボランティアセンター 
http://asakuravc.jp/ 
住所:朝倉市朝倉球場朝倉市宮野2003-1
TEL:080-2300-3558(8:30-18:00)

大分県日田市災害ボランティアセンター
http://hitavc.jp/ 
住所:日田市上城内町1-8 日田市総合保健福祉センター 
TEL:080-5074-9103 080-5079-9420

東峰村
本所(小石原)
受付時間:9時~11時
場所:小石原焼伝統産業会館(福岡県朝倉郡東峰村小石原730−9)
TEL1:090-6569-4753
TEL2:090-8348-2864

宝珠山サテライト
受付時間:9時~11時
場所:東峰学園(福岡県朝倉郡東峰村大字福井2296-4)
TEL1:090-8348-2899
TEL2:090-8348-2962

ボランティア専用回線
受付時間 8時30分〜16時30分

東峰村本所
090-6569-4753
090-8348-2864

宝珠山サテライト
090-8348-2899
090-8348-2962













[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

河内晩柑「M〜3L」訳あり10kg【北海道・沖縄は別途500円】
価格:2888円(税込、送料無料) (2017/7/19時点)















nice!(206) 
共通テーマ:日記・雑感

福島・第1原発トリチウム水海へ放出か? [最近のニュースから]

汚染水.jpg
フリー画像からお借りしました











福島第1原子力発電所の処理水を貯蔵しているタンク、現在約77万トンで約600基が保管状態にあります。









現在、建屋に流入している地下水はピーク時の5分の2で1日約160トンになっているそうですが、このままでは貯蔵タンクは増え続けることになります。









それは、莫大な費用と労力が必要となるでしょう。









あの東京電力が、その様なことにお金を使いたくはないでしょうし、続けることは不可能なはずです。









どうやら東京電力は、トリチウムを含んだ水を海へ放出しようと考えているようです。









放出を考えているタンク内にある処理水とは、地下水が汚染水と混ざった水を多核種除去装置(ALPS)で処理し、取り除くことのできない「トリチウム」を含んだ水です。









トリチウム(三重水素)とは、弱いベータ線を出す放射性物質で水素の放射性同位体のことです。









自然界に存在し、核分裂などによって生成されます。









人体への影響は小さいとされています。










希釈するなどして濃度を下げることで、基準値を下回れば海洋放出が世界的に認められています。









わが国が定める放出基準は、1リットルあたり6万ベクレルだそうです。









きっと、政府は破綻させるべきだった企業の後押しをするのでしょうね。









薄めて海に捨てれば大丈夫?









本当にそうなのでしょうか。









福島の漁業関係者だけの問題ではありませんね。









いまだに、風評被害に悩まされている関係者が沢山いるのです。









もし、現在タンクに貯留している77万トンの処理水を海に流すとしたら4年〜7年はかかるそうです。









そして、地下水が原発建屋へ流入することを止められないのですから、それは何時まで続くのでしょうね。









海へ捨て続けるつもりなのでしょうか。









それでも、原発を稼働させようとしている電力会社や政府、信用はできません。









私は、現状で原発を稼働させることには絶対に反対です。









もう、あの3・11の様な思いはしたくありませんからね。









私たち人間は、自然に敵うはずがなく、自らも原子力という暴れだしたら手が付けられないバケモノを作り出してしまいました。









いい加減に、自分たちの無力さに気がついてほしいと思います。










nice!(174) 
共通テーマ:日記・雑感

京都・マナー違反?これは異常です! [最近のニュースから]

近年、海外からの観光客が増えていますね。









各地でマナー違反が問題になっています。










京都市の三条大橋周辺では、ごみのポイ捨てが問題になっているそうです。










ポイ捨てが問題になり始めたのは、昨年の7月頃からで、週末の夜などに鴨川の河川敷で宴会をした人たちがゴミを持ち帰らず周辺に放置するケースが増えているようです。










秋頃には一旦は減りましたが、今年の5月頃から再び増え始めているようです。










あまりにも悪質だと思ったのは、「ポイ捨ては犯罪です!」という看板を設置したところ、翌朝には看板の周りはゴミだらけになっていたそうです。










gomi.jpg
朝日新聞さんの記事からお借りしました










gomi2.jpg
朝日新聞さんの記事からお借りしました










その看板は、日英中韓の4カ国語で書かれていました。










設置した際には、市民ら約130人が夕方に清掃をしたばかりだったのです。










これは異常ですね!










マナー違反で済ませて良いものでしょうか。










それに、海外からの観光客がマナー違反をしているのであれば、そのような行為を増長させるきっかけを日本人がつくっているのではないでしょうか。










以前、テレビのニュース番組で京都の観光名所でマナー違反(ルール違反)をしていた海外からの観光客にインタビューをしていたんです。










その観光客は、日本人がしていたので良いと思ったと答えていたんです。










河川敷の不法占有も同様ですね。










最初は少数の日本人が許可なく使用していたのが、何時の間にか多数の中国人が畑を作り、中国の野菜を栽培して中国料理店に販売しているというんですならね。










それに、電車内での携帯電話の通話、歩行中の喫煙やポイ捨てなどなど。










きっかけを作っているのは、きっと我々日本人なんですよね。










まず私達日本人が、襟を正すべきだと思います。











駄目なもの駄目!










相手が日本人であろうと外国人であろうと、曖昧な態度はプラスにならないようですね。










今後、益々海外からの観光客や就労者、留学生が増えるでしょう。










お互いに良い関係でいられるように、自らの行動を考えなくてはいけませんよね。










この程度だったら良いんじゃない?は日本人だけの感覚なのかもしれませんね。










やはりダメはダメ!の方が良いのではないでしょうか。











nice!(184) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | 次の10件 最近のニュースから ブログトップ