So-net無料ブログ作成
検索選択
最近のニュースから ブログトップ
前の10件 | -

福島•県産の桃が海外で大人気!(^-^) [最近のニュースから]

桃.jpg
フリー画像からお借りしました







とても良い話題です。








福島県の特産の桃が、海外で好評で輸出が東日本大震災の東京電力福島第一原発の事故前の32.9トンを上回り、2016年のは30.6トンとなったそうです。








事故以前は、香港や台湾が主な輸出先だったそうですが、現在も輸入規制をしていることから、県やJA 官民一体となって新たな販路をみいだしました








前年の輸出の約3倍にもなったそうです。








2016年度の輸出先は、タイを中心としてマレーシア、インドネシア。シンガボールの4ヵ国です。








国内外での風評が、一日も早く払拭されることを願っています。








1人でも多くの方に、福島はもちろん、東北の農産物や海産物を購入して頂きたいと思います(^-^)



























[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

銘菓 福島の桃 12個入
価格:1080円(税込、送料別) (2017/3/26時点)



nice!(108) 

またしても輸入食品疑惑! [最近のニュースから]

鶏2.jpg
フリー画像からお借りしました








食の安全、大切なことなんですけどね。








私は、中国や韓国からの輸入食品を購入しないようにしています。








いきなり、こんなことを書いてしまうと偏見や差別なんて感じられる方もいらっしゃると思います。








そんなつもりは、全然ないんですよ。








それは、過去に不衛生な食品や毒物の混入した食品、廃棄処分されるべき食品が当たり前のように流通しており、我が国にもその被害が及んでいるからなんです。








汚泥や家畜糞尿、浚渫土砂などの海洋投棄による海産物の汚染。








現在も問題になっている「プラスチック米」「下水の油」なんてバカな物まで作り出しているのですから、少なくとも食品に関しては危険としか判断できないのです。








大切な家族に、そのような食品を食べさせたくありませんよね!








報道されていましたが、ブラジルでも衛生基準を満たしていない食肉が国内外に販売されていたそうです。








問題になっているのは鶏肉だそうで、我が国が輸入している鶏肉の約80%がブラジル産だということです。








政府は、21日捜査対象となっている21の施設からの輸入を停止しました。








その21の施設の内、1施設の鶏肉がわが国に輸入されていたようです。








ブラジル政府も20日に輸出を停止されたそうです。








ブラジルから鶏肉を輸入していた、EU、チリ、メキシコ、スイス、あの中国も輸入禁止にしたようです。









報道によると、どうも食肉を検査する役人と企業が癒着をしていて、賄賂を受け取り安全性の証明書を交付していたようです。








役人絡みでの不正な行為で、国の重要な輸出産業が大打撃を受けることになるでしょうね。








一つ言えることは、我が国の食品自給率があまりにも低すぎるということだと思います。








安倍首相が2004年に「この国を守る決意」という本を出版されていますが、国防の最たるものが食品自給率を高めることではないでしょうか。























あっ! 話がそれてしまいそうなので、軌道修正しますね^^








とにかく、安全で安心な食品は国産に限りますね!^^








農業・畜産業・漁業などの食に関係している分野には、しっかりと予算を取り保護育成をしてほしいと思います。








以前、「日本の農家の収入の半分以上は政府の支援」なんて記事を読んだことがありますが、政府は補助金等の間違えた使い方をしているのではないでしょうか?




















nice!(159) 

シュークリームがドリンクに? [最近のニュースから]

永谷園.jpg
フリー画像からお借りしました








あの「お茶漬け海苔]」の永谷園さんが、驚きの新商品を販売しています。








飲むシュークリームだそうです。








今月の21日からJR 東日本のエキナカ自販機acureの一部で購入できるそうです。








自販機acure.jpg
フリー画像からお借りしました







商品名は「ビアードパパの飲むシュークリーム」。







ビアードパパの飲むシュークリーム.jpg
フリー画像からお借りしました







ビアードパパの飲むシュークリーム2.jpg
フリー画像からお借りしました








シュークリームで有名なビアードパパの作りたて工房さんと永谷園さんとのコラボ商品なんです。








ビアードパパの作りたて工房さんでは「パイシュー」「クッキーシュー」「パリブレスト」「コロコロコルネ」「フォンダンショコラ」等々の人気スイーツを作っています。



















意外な組み合わせと思われた方もいらっしゃると思いますが、ビアードパパの運営会社が永谷園さんのグループ会社だったそうです。








飲まないで食べた方が・・・と思いましたが、うけるのではないでしょうか^^








「ビアードパパの飲むシュークリーム」は。4月後半には販路を拡大する予定だそうですから、コンビニでも購入できるようになるかもしれませんね。








ちょっと楽しみです!^^
nice!(160) 

沖縄産のサトウキビに着目! [最近のニュースから]

沖縄1.jpg
フリー画像からお借りしました







沖縄県タイムスさんの記事に、明るい話題が載っていました。







沖縄県特産のサトウキビについてでした。








沖縄のサトウキビは既にバイオエタノールの原料としても有名ですよね。








その沖縄産のサトウキビが注目されているそうなんです。








沖縄2.jpg
フリー画像からお借りしました







サトウキビ由来のアミノ酸「L- グルタミン」が、「鎌状赤血球貧血症」の治療薬となるそうです。








「鎌状赤血球貧血症」とは、遺伝性で周期的に発作が起きるそうで、激痛や臓器の破壊を引き起こす病気のようです。








マラリアに対応する為の特異な遺伝子が原因で、アフリカ系の人に多く発症しているそうです。








「L-グルタミン」を投与することで、赤血球の炎症を抑え正常な赤血球への回復を促す作用が発見されたのです。








実用化を計画しているのはアメリカの企業ですが、経営者は日本人の方だそうです。








原料はサトウキビですからね。








そこで、沖縄県のサトウキビに白羽の矢がたちました。








現在、世界で医療用の「L-グルタミン」の生産量は、年間2000トンで同貧血症患者の約20万人分しかありません。








現実には、アメリカ、イギリス、EU、インドア、アフリカ等に約2500万人の患者がいるそうです。








患者の平均寿命は、アメリカでは40歳半ば、発展途上国では20歳前後だということです。








沖縄県の特産、サトウキビで沢山の方々の命を救うことができるなんて、燃料のバイオエタノールと同様に素晴らしいことですよね!(^^)








一日も早く、沖縄県での薬品の製造が始まると嬉しいですね。
nice!(175) 

東京・「千住探訪ルート1010」開催 [最近のニュースから]

北千住.jpg
フリー画像からお借りしました








千住のまち歩きツアーが好評のようです。








ツアーは、昨年の9月から毎月第3土曜日に開催されています。








千住の歴史や文化を区内各所を巡りながら学ぶことができ、ツアーには「千住の達人」がガイドさんとして同行します。








ガイドさんは、NPO 法人「千住文化普及会さん」の千住に詳しい会員さんです。








主催しているのは、「足立区観光交流協会さん」です。








参加希望者は、ツアー当日10時までに「千住街の駅」に集合して、事前の申込も参加費用も必要ありません。








千住街の駅.jpg
フリー画像からお借りしました








ツアーの所要時間は、約1時間30分です。








コースは、当日の天候や参加人数などを考慮して決めるそうです。








千住の見所を、少々調べてみたんですが、沢山あるんですよね。
名倉医院(旧跡)・千住神社(郷社)・橋戸町稲荷神社(伊豆長八の「こて」絵)・おくのほそ道矢立初の碑(旧跡)・柳原千草園(公園)・千住大橋、等々まだまだありましたよ!








ご家族やお友達と、千住のまち巡りなんて如何でしょうね!(^^)d








イベント詳細
【開 催 日】2月18日(毎月第3土曜)
【開催時間】午前10時~午前11時30分(所要 約1時間30分)
【コース例】
「千住宿場町跡と遊女供養塔を巡る」「江戸から明治変遷期の千住探訪」「千住路地裏を歩いて珍発見体験」「千住パワースポットと北斎冨嶽三十六景」「千住大橋伝説と伊達政宗」 他
【参 加 費】無料
【定  員】先着20名 ※20名以上でも原則実施
【申し込み】当日直接、集合場所へ ※小学生以下は保護者同伴
【集合場所】「千住街の駅」(足立区千住3-69)
【問合せ先】NPO法人千住文化普及会(「千住街の駅」窓口) 080-6630-8037 ※午前9時~午後5時、火曜を除く
主催者
(一財)足立区観光交流協会 電話番号:03-3880-0039(お問い合わせコールあだち)
「足立区デイリー Adachi Daily 足立の観光とイベント」 より抜粋
nice!(142) 

「パンの耳がウサギの耳」? [最近のニュースから]

今の世の中、何がウケるのか分かりませんね!








最近は必ずと言っても良いほど、連日テレビのCM に登場している世界的に有名になった「ピコ太郎さん」、あの『ペンパイナッポーアッポーペン』(PPAP)の動画を観たときには、変な人が不思議なステップを踏みながら、不思議な歌を歌っているぐらいにしか感じなかったんですけどね。









ぴこ太郎.jpg
フリー画像からお借りしました








ピコ太郎さんは、凄い才能があったんですね~!(^^)








あっ!今日はピコ太郎さんの話題ではないんです。








今、ネットで大人気のパンがあるそうなんです。








そのパンは「ウサギ食パン」といいます。








パンの耳がウサギの耳になったパンなんだうです。









そのパンを購入した方が、ネットにアップしたのがきっかけで、「ウサギ食パン」が大人気になったそうです。








確か、「カニ」や「ウサギ」などの形をした菓子パンを見たことがあると思うのですが、菓子パンではなくて食パンというところが良かったのでしょうか?。








「ウサギ食パン」を作っているパン屋さんは、東京都杉並区にある「ベーカリー兎座Lepus さん」です。







ウサギパン1.jpg
フリー画像からお借りしました







ウサギパン2.jpg
フリー画像からお借りしました









あっ!この画像で分かりますよね^^ 人気の秘密は可愛いいからなんですよね!^^









現在、「ウサギ食パン」を一日に32本焼くのが精一杯だそうですから、なかなか手には入らないかも知れませんね。








こちらのお店は、ウサギ食パンの他にもクロワッサンやプチバケットなども人気の商品だそうです。








お近くにお住まいの方は、お買い物のついでにでも、のぞいてみては如何でしょうか^^

住所:東京都杉並区梅里1丁目15−13

営業時間:午前10時~午後7時

定休日:月曜日・第2・第4火曜日








ウサギ.jpg
フリー画像からお借りしました
nice!(182) 

福島・海外で偽報道が拡散 [最近のニュースから]

福島.jpg
フリー画像からお借りしました









今日で、東日本大震災から6年目を迎えようとしています。








福島民友新聞さんに、腹の立つ内容の記事が載っていました。








その記事は、アメリカのある放送局が福島県の状況について嘘の報道をしていたということでした。








それは、あまりにも酷いデマ報道でした。








現在、福島県の放射線のレベルが過去最高に達しているというものでした。








東京電力が、今月2日福島第一原発2号機の原子炉格収納容器内の画像を解析して、線量が推定で最大毎時530シーベルトになると発表していました。








偽報道をした放送局は、「福島の放射線量が過去最高に達している」と報道し、画像は2011年当時の原子炉建屋や水素爆発などが映し出されたそうです。








その際に男性記者は、「まさか6年経ってここまで酷い状況になるとは思わなかった」とコメントまでしていたというのです。








デマ情報は、フランス語や中国語でも拡散しているそうです。








また、福島で生活している海外からの留学生にも、不安が広がっているようです。








これは、国として抗議をするべきで、福島の現状を正確な情報を配信してもらいたいですね。








悪意に満ちた偽ニュースを流した放送局には、正式に謝罪をさせるべきです。








福島では、風評被害に苦しんでいる方々や企業が沢山あるのです。








そして、その風評被害を払拭すべく頑張っていらっしゃいます。








福島だけの問題ではなく、わが国全体の問題だということを認識する必要があります。








傷口に塩を塗るようなまねをするなんて、そのアメリカの放送局名までは福島民友新聞さんに書いてありませんでしたが、許せないことです。








本当に、このデマ報道は酷すぎると感じました。























[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

清鶴麺うどん20把入
価格:3240円(税込、送料別) (2017/3/10時点)






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

福島の三大ラーメン5食入
価格:1080円(税込、送料別) (2017/3/10時点)



nice!(152) 

震災から6年、各地でイベント開催 [最近のニュースから]

東日本大震災から、まもなく6年が経ちます。








各地で被災地を支援する為のイベント等が開催されています。








大阪の「高島屋大阪店」さんでは、東北地方の物産展「大東北展」が始まっています。








同物産展には、東北地方から50店舗が参加しているそうです。








東北地方の沢山の名物が揃えられ、福島県からは「地鶏のわっぱめし」や「冷しラーメン」や福島県産のセイコガニが敷き詰められた弁当も並んでいるそうです。








また、岩手県「恋し浜ほたて」の海鮮弁当や山形県産フルーツを使用したスウィーツなど、宮城県からは「さんまの昆布巻き」などが販売されているということです。









「大東北展」は今月の13日まで行われています。








もうすぐ東日本大震災から6年です。








福島第一原発の事故により、福島の生産者たちはいまだに風評被害に苦しんでいるのが現状です。








今一度、当時を振り返ってみる必要があると思います。








被災地復興の遅れ・喉元過ぎればの「原発再稼働問題」・「福島避難者への言われなき差別、いじめ問題」等々、私たちが考え行動をしなければならないことが山積しています。








身近なところから、今、私たちに何ができるのかを考えてみませんか?
nice!(148) 

人として許せますか? [最近のニュースから]

今日は、So-net blogのお仲間「魔女さん」の「とうとうかかってきた還付金サギ」を拝見しまして、こんな話題にしようと思いました。








「魔女さん」の記事はこちらからどうぞ!(^^)









「こんな輩が多すぎます!」








どの様な犯罪でも、許されることはないと思うのですが、この様な犯罪行為には、厳罰を与えるべきだと思います。








朝日デジタルさんの記事に、大分県で起きた窃盗事件の話です。








先月28日午後3時ごろ、由布市で畑仕事中の無職女性(80)に「トイレを貸してください」などと3人の男が声を掛けたそうです。








女性の女性は、親切に自宅に案内したそうです。








女性が畑仕事に戻った隙に寝室にあった財布から約2万円を盗んだというのです。








他人の善意につけこんだ犯罪行為は、腹が立つというよりも憂を強く感じてしまうのです。








親切な女性を騙し、お金を奪ったのは18歳2名19歳1名の未成年の少年逹でした。








女性からみたら、孫の様な年齢でしょうね。








そんな少年たちが困っていたから親切にトイレを貸してあげたのに、騙す口実だったんです。








この様な人の心を踏みにじるような行為をした者、厳罰に処するとともに、その様な行為をしてしまった原因を考えなくてはならないと思います。








まず、目先の犯罪を抑制するためには刑罰の強化が必要だと思います、しかし、そのような犯罪をなくすためには、家庭・学校・地域社会の連携に要る教育が不可欠ではないでしょうか。









腹が減った、欲しい物(他人)がある、金が欲しい、他人を騙してし殺してでも手に入れる、最近のストーカーによる犯罪も同様なのですが、身勝手な理屈で自身の欲望を成就しようとする人間が多くなっているようです。








子供を育てる環境って大切ですし、その中で善悪の判断がつくようにさせなければいけませんよね。








これは、私たち大人の責任だと思います。
nice!(155) 

石原前都知事の記者会見を観て [最近のニュースから]

都庁.jpg
フリー画像からお借りしました








石原慎太郎前東京都知事が百条委員会による証人喚問を前に、日本記者クラブで会見をしましたね。








テレビで放送されていた石原氏の答弁には、正直ガッカリしてしまいました。








当時の最高責任者である自身の責任は認めるとしながらも、知らない!報告がなかった!都議会も承認した、都として決定推進した、挙句の果てに「迷走の責任は小池さんにある」なんて言い始めてしまいましたね。








むか~しは、石原慎太郎という政治家が好きな時期もありましたが、最近の石原さん、何だか別人のように感じてしまいました。








確かに、都として豊洲移転を推進したのは、誰でも分かっているのです。








しかし、その行程に問題があたったので、事実を明らかにしなければならないのです。








百条委員会では、知らない、聞いてない、等という答弁はしないで頂きたいです。








当時の知事、福知事、市場長に責任があるのは当たり前、豊洲移転の決定に関わった全ての都幹部職員、都議会にも責任があることは明白です。








東京都民に巨額の損失を与えてしまったのですから、真実を明らかにしなくてはなりませんね。








石原氏は、築地市場の豊洲移転についての「興味が低かった」ということですが、そんな無責任な仕事をして良いはずがないのです。








石原氏を含め、彼らは無料奉仕をしていた訳ではないし、責任の伴わない仕事なんて、絶対にある訳がないのですから。
nice!(163) 
前の10件 | - 最近のニュースから ブログトップ