So-net無料ブログ作成
最近のニュースから ブログトップ
前の10件 | -

大磯町・学校給食がピンチ! [最近のニュースから]

今日は神奈川県大磯町の学校給食を話題にしてみました。









その前に、期日前投票にいきましたか?それとも投票当日に選挙に行く予定ですか?









今、投票に行く気が薄れてしまっている方へ、もしかしたら「希望の党」に期待をされていませんでしたか?









沢山の方が希望の党に投票をしようと考えていらっしゃったと思うんです。









しかし、土壇場での小池氏の判断、采配に幻滅している方も多いのでしょうね。









もう、いいや!なんて思わないでください。









今一度、立候補者の言葉に耳を傾けてみましょうよ。









現状、私たちの大切な国を託せる候補者は?政党は?考えてみましょう!









そして後悔しない為にも、22日の投票日には必ず行きましょうね!^^










さて、今日の話題です。









給食.jpg
フリー画像からお借りしました









神奈川県大磯町、まずい、異物混入などで食べ残しが多いことで、学校給食が一時休止状態となっています。









学校給食は2016年1月に導入されましたが、様々な問題が発生したことから町教委は委託先の給食製造業者の変更を検討していたところ、その決定前に現在契約中の業者より13日を最後に納品中止との通告があったそうです。









急遽、弁当を持参できない生徒には、給食導入前にあったパンの出張販売やコンビニ利用を許可しているということです。









このニュースをみたときに、相変わらず大磯町は動きが遅いな〜と感じていたのですが、どうやら新たな委託先を探していたようなんです。









しかし、大磯町教育委員会が大手通3社にアクションを起こしていたようですが、全て断られていたのです。









業者としては、あまりにも問題が表面化しており、リスクが大き過ぎると判断したようなんです。









町営の給食施設を整備する話や小学校の調理室を増設して中学校の分も作るという案が出ているようですが、町教委の対応の遅さが招いた結果なんでしょうね。









被害者は、生徒やその保護者です。









異物混入などが判明した時点で、適切な対応をしていれば、生徒や保護者に迷惑をかけることもなかったのかもしれませんね。









町長の公約として始まった学校給食ですが、町教委の長の責任を町民(町議会)は追求すべきですね。








辞める辞めないの話ではなく、自分たちの仕事(責任)の重さを自覚させることが必要だと思います。









勿論、町長にも責任があることは明らかです。













nice!(8) 
共通テーマ:日記・雑感

イワシの頭も信心から? [最近のニュースから]

「イワシの頭も信心から」ということわざがありますね。









「鰯の頭も信心から」とは、イワシの頭のようなつまらないものでも、信仰すれば非常に尊いものに見えることから、信仰心の不思議さをたとえたことわざです。









神戸新聞NEXTさんに、タイトルが「ツイッターで話題の救出猫 実は幸運の使者」だった」という記事が載っていました。









今日は、その記事を紹介したいと思います。









兵庫県にある自動車販売店が投稿したツイートが、ほんの数日でツイートが4万、いいねが3万を超えるほどの注目を集めているそうです。









販売店に理由を尋ねたところ、昔話のようなオチまで。









10月2日の夕方、兵庫県揖保郡太子町にある姫路三菱自動車販売の太子店にお客さんが訪れました。









客は「猫の鳴き声がする」と言うのです。









スタッフがボンネットを開けてみると、見えたのは猫らしき足。









「生きていないかもな?」









その時です、猫はエンジンルームから飛び出し、工場内を逃げ回ったのだそうです。









猫は保護されましたが、全身ずぶ濡れでオイルで汚れ、ひどく衰弱をしていました。









スタッフからは「よく生きていたな」、驚きの声が上がりました。









その猫を引き取ることになったのは、26際の男性営業マンでした。









同居している両親を強引に説得したのだそうです。









父親はねこが苦手、「かわいいな!」とひと目で気に入ってくれました。









猫の名前を「そら」と命名、今では大切な家族の一員となっています。









昔話のようなオチとは、子猫を引き取った翌日から若い営業さんの成績が急上昇
したんですって









1日に2台も車の契約をまとめることもあったそうです。









「そらは招き猫では?」なんて、うらやむ同僚からはその様な声が上がっているということです。









きっと「そらちゃん」は恩返しをしているのでしょう^^









間違えなく若い営業さんにとって「招き猫」なんですよね!








そう思って「そらちゃん」を可愛がってあげれば、もっともっと良いことがあるのではないでしょうか^^










neko.jpg
神戸新聞NEXTさんの記事からお借りしました











それから、こんな話も









神戸市北区有野町の須佐之男神社で、白い蛇の目撃情報が相次いだそうです。










ヘビ.png
フリー画像からお借りしました









白い蛇を見ると縁起が良いと言われていますからね。










白い蛇は弁天様のお使いで、富をもたらすと伝えられているそうです。









地元では、須佐之男神社へ参拝なのか?白蛇をひと目見たいと思ったのか?神社へ詣でる方が増えたと思います









ところが、何を感ん違いしたのか、近所に住んでいる88歳と73歳の兄弟が白蛇を近くの田んぼで発見し、二人で捕獲してしまったんです。









神様のお使いを捕まえちゃったんです!









結局、警察に届けました。









警察も困ったでしょうね。









県立人と自然の博物館に相談をしたようです。









その結果、白蛇は北米原産の外来種「カリフォルニアキングスネーク」だったのです。









同館では、「真っ白な個体は珍しいが、日本には生息しておらず、ペットが逃げ出したのか、飼い主が逃した可能性が高い」ということです。









その話を聞いて、白蛇を捕まえた「蛇取りの翁ブラザース」は、「神社で見つかったので、地域の守り神が舞い降りたと思っていたのに」とがっくりしているようですよ^^









そもそも、神様のお使いを捕まえてはいけませんよね!








信心が足りない兄弟なのかも?









捕まえたりしなければ、来年のお正月「初詣」の参拝客が沢山の来たのでしょうに。









もしかしたら、神様が怒って「蛇取りの翁ブラザース」に罰を当たえなければ良いのですが^^












nice!(166) 
共通テーマ:日記・雑感

高齢男性の半数が飲み過ぎ!女性は25%! [最近のニュースから]

酒.jpg
フリー画像からお借りしました








ちょっとビックリ!です。









厚生労働省によると、飲酒習慣のある高齢男性の約50%、女性は25%が飲み過ぎなんだそうですよ。









確かに、会社のOBの方と話をしてみると「最近、いくら飲んでも酔わないんだよね!」なんて言ってましたから、相当お酒を飲んでいるのかもしれません。









先輩、飲んでも酔わないのなら、お酒を飲まないほうが良いですねぇと答えておきました^^









お酒の適量とは、どの位の量を目安にしたら良いのでしょう?









これも厚生労働省によると「1日当たり日本酒だと1合」だそうです。









1合180mlですから、アルコールの量とすると日本酒1合だと単純にビール大瓶1本だそうです。









厚生労働省の調査では、高齢男性は適量の3倍を1日に飲んでいる「多量飲酒」が半数もいたということです。









原因としては、退職や配偶者の死をきっかけにして多量飲酒となるケースが考えられます。









健康づくりの目標を定めた厚生労働省の「健康日本21」は、成人の適度な飲酒量として、1日のアルコール量を20グラム程度としています。









日本酒1合、ビール500ミリリットル缶1本程度だそうです。









平成25年度の国民生活基礎調査のデータを解析し、全国約15万人の高齢者の飲酒量などを調べました。









月1日以上飲酒をする高齢者は約4万8千人で、男性の56,4%、女性24,9%が適正量以上のアルコールを摂取していたそうです。









何時までも元気で、美味しいお酒を長く飲めるように飲み過ぎには気を付けましょうね!^^









日本酒.jpg
フリー画像からお借りしました












nice!(165) 
共通テーマ:日記・雑感

「こんな保険があったの?」少額短期保険に驚き! [最近のニュースから]

いきなりですが、現在どんな保険に加入していますか?









公的な保険以外に、加入しているのはどんな保険でしょうか?









生保?損保?医療?お車を持っていらっしゃる方は自動車保険(自賠責や任意)でしょうね。










14406199_PW36.jpg
フリー画像からお借りしました










私は、就職した時に生命保険に加入しました。









実は、学生の時から親が掛けてくれていた保険料を自分で支払うようにしたのです。









節目ごとに保険の見直しをしながら、現在も継続しています。









友人に聞いても、生命保険に入っていない人はいませんでした。









しかし、最近は「生命保険(死亡保険か)」に加入しない人が増えているそうです。









家庭事情は人様々で、保険の必要性も様々なんですよね。









医療保険は、若い方にも感心が高いようで、まだまだ需要があるようですが。









世相を反映した、今時の保険があるそうですよ。









「ねこ捜索サービス保険」猫に発信機を取り付け捜索、見つからない場合は探偵社による捜索に切り替えてねこちゃんを探してくれます。









「プリズムコール」ペットの通院や入院、ガン手術や高度後遺障害、葬儀費用までカバーされ、フェレットやハリネズミ、モモンガなどの小動物や鳥、イグアナなどの爬虫類も保険の対象になっています。









「ペットのお守り」(アスモ少額短期保険)飼い主にもしものことがあった際に、そんな飼主の不安を解消できるかも?飼主がペットより先に逝ってしまったら300万円を上限に保険金が支払われる保険です。









「レスキュー費用保険」今は登山ブームですからね。遭難や事故に遭った際の捜索や救助費用をカバーします。上限300万円まで補償します。









面白いのは、「お天気保険付きプラン」で、保険料は宿泊費の1割なんですが1時間に0.5ミリ以上の雨が午後3時〜6時まで振り続けば、宿泊費が全額返金されるそうです。









更には、「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険」なんてあるんです。









こちらは、月額590円で弁護士費用が300万円まで補償されるそうですよ!









私は通勤に電車を利用しています。









通勤ラッシュ時に乗車していますので、鞄を持たない方の手は、つり革を握るようにしています。









痴漢なんかに間違えられるのは嫌ですからね。









しかし、虚偽の訴えにより罪に陥れられることもあるようです。








今の時代、私達がまさかと思う事が当たり前のように起こりますからね。









そんな時、この保険に入っていればその場で弁護士に助けを求めることができます。









実際に、埼玉県の大宮駅で痴漢に間違われた加入者がヘルプコールを利用したそうです。









その結果、10分で弁護士から連絡が入り逮捕されずに済んだそうですよ。









しかし、最近は色々な保険があるもんですね^^










nice!(168) 
共通テーマ:日記・雑感

16歳高校生、傷害容疑で逮捕 [最近のニュースから]

テレビのニュース番組で、ネット上に拡散しているという動画を見ました。









映し出されていたのは、福岡市内の私立博多高校で授業中に起きた暴行の一部始終でした。









暴行を受けていたのは男性教師(23)で、暴行を加えていたのは男子生徒(16)でした。










不良.png
フリー画像からお借りしました










暴行の発端は、男子生徒が社会科の授業中にタブレット端末で動画を見ていたことだそうです









男性教師は、男子生徒に再三注意をしましたが従わずタブレット端末を取り上げました。









それが気に入らなかったのでしょう。









男子生徒の暴行が始まりました。









映像はこちらです。











これは酷いですね。









現在、男子生徒は傷害容疑で逮捕されています。









暴行のあった教室の壁(黒板の上部)には「忍耐」という文字が書かれていました。









この生徒の行為や教室内の反応をみていると、今回が初めてではなさそうですね。









これでは教育の場ではないです。









これは、私立博多高校の教育方針なのでしょうか?









教師が生徒に体罰を与えて保護者に騒がれるよりも、教育の場である学校の役割を放棄した方が良いということなのでしょうね。









子供に善悪の区別ができるようにさせることも教育だと思います。









家庭でできなかったのであれば、学校や社会ですべきではないでしょうか。









そして、教師を守る体制を整えることも早急に考えなければなりませんね。












nice!(157) 
共通テーマ:日記・雑感

福岡・教育と体罰 [最近のニュースから]

体罰2.jpg










子供の教育に体罰は必要だと思いますか?









私は、状況次第で体罰はありだと思っています。









昔は、いけないことをして先生に殴られても当たり前でした。









親にそんなことを話したら、お前が悪い事をしたのだから当たり前、お前が悪いと叱られたでしょう。









その頃は、学校や教師に対して絶大な信頼があったのですね。









ですから、行き過ぎた指導(体罰)が少なくなかったようです。









それ程昔ではないのですが、私も中学生の時に担任の先生に殴られた事があります。










体罰.jpg









私がいけないことをしたのは分かっていましたので不満はありませんでしたが、殴らなくとも自らの非を認め反省しているのに「どうして?」という気持ちになったことを覚えています。









その教師は、生徒を殴ることに全く抵抗感がなかったようです。









沢山の生徒が教育(指導)と称して暴力を振るわれていました。









taibatu.jpg









別の教師でしたが、放課後の部活動の際に遅刻してきた同級生2人に対して、顔面を何度も殴り、一人は後ろのコンクリートの壁に後頭部を強打し、その後高熱を出し数ヶ月後に死亡しました。









部室内で、私の目の前で起こったことです。









その同級生は、小学生の頃に交通事故に遭い大怪我をして長期間入院をしていたことがあったそうです。









彼の死因と教師の暴力との因果関係があったのかは定かではありません。









また、親御さんも彼が部活動の顧問に殴られたことをご存じなかったと思います。









教師も人間、我を忘れ暴力を振るってしまうこともあるのかもしれませんが・・。










先日、福岡県の県立高校で体罰により生徒が重傷を負うという不祥事がありました。









福岡市内の県立高校に勤務する男性教師が、書道の授業中に顔に墨で落書きをしていた男子生徒に対して複数回注意をしたそうです。









しかし、生徒は従いませんでした。









教師がとった行動は、生徒へ水の入ったペットボトルを投げつけ、更に顔を洗いに行った生徒の太ももを蹴り上げ、顔を平手打ちしたのです。









生徒は、あごの骨を折るなどの怪我をしました。









教師はこの様に謝罪しています。









「体罰という絶対に許されない行為をし、大怪我を負わせてしまったことを大変に申し訳なく思っています」









男性教師は、感情的になり暴力を振るってしまったのでしょうね。









しかし、教師も人間ですから・・、で済ませてはいけない問題なのです。









自分は教育者(プロ)であることを忘れないで欲しいですね、限度というものがあります。









この様な事件が起こると、教育の現場では教師や学校が萎縮してしまい、程度の低い保護者や生徒の言いなりになってしまうことが頻繁に起こるのでしょうね。









私は、教育の手段の一つとしての体罰、あっても良いと思っています。









それは生徒のためにする行為であり、その為に生じた責任は教師自らが背負わなければなりません。









今回の男性教師の行った行為は、傷害事件として警察の介入が必要でしょうが、殆どの教師はそうではないはずです。









稀なケースと、通常あり得るであろうケースとを混同してはいけないと思います。









守るべき教員を支える体制も必要だと感じています。









非常に難しい問題ですね!私の考え方もどなたかのブログを拝見して変わるかもしれませんが^^












nice!(164) 
共通テーマ:日記・雑感

今頃になって、やっと契約解除?何か変! [最近のニュースから]

給食.jpg
フリー画像からお借りしました









先日も記事にしたのですが、神奈川県の大磯町の公立中学校2校で給食を導入しました。









同町では今まで給食がなかったそうで、現町長の公約の一つになっていたそうです。









昨年1月から業者がデリバリー方式の学校給食を始めましたが、導入初日の昨年1月12日から異物の混入が確認されていたそうです。









町によると、異物の混入は報告されただけでも84件あったというのです。









給食の中には、髪の毛、虫、ビニール片、金属片、繊維などが入っていました。









当初は、給食がまずい、冷たい、だから食べ残しが異常に多いという報道でしたが、とんでもない事態に発展してしまいました。









更に酷いのは、異物混入が発覚した2016年1月から約1年後の今年2月になるまで、給食の調理業者に対する町の査察等が行われていなかったことなんです。









こんな事あり得ないですね!









町長は、調査や査察を速やかに行わず混乱を招いたとして謝罪したそうです。









その内容は「重大な案件とは思わず、認識が甘かった。生徒や保護者に心配をかけたことをお詫びしたい」ということでした。









町長より先に、この問題を把握していたのは町の教育委員会だと思うのですが、どうして1年間も寝たふりをしていたのでしょうね。









先月20日から弁当持参を認めたそうで、現在は約65%の生徒が弁当持参をしているということです。









責任の所在を明確にして頂きたいです。









責任感の欠片も感じられませんね。









やはり、業者から何らかの見返りがあったのではないでしょうか?









そうでなければ職務怠慢!公の仕事に就く資格のない人たち。









適正に欠ける方々の集まりなのでしょう。













nice!(177) 
共通テーマ:日記・雑感

メトロ駅 無断貼り紙に優しい対応 [最近のニュースから]

今日は、久しぶりに心温まる話題なんです!









9月15日、東京メトロ南北線・王子駅の壁に2枚貼り紙がされていたそうです。










王寺駅.jpg
フリー画像からお借りしました










筆跡などから、どうやら子供が書いた人探しの貼り紙のようでした。









その貼り紙には、「ママ元気?電話して〇〇名前) 〇〇ママへ」「ママ元気?まってる 電話してね」












まま.jpg
フリー画像からお借りしました











〇〇ママを2人の子供が探しているような内容だったそうです。









その2枚の貼り紙、通常であれば発見次第撤去されるところです。









同駅の駅長さんは、こんな対応をしたのです。









「東京メトロからのお願い」という貼り紙をしました。









貼り紙には、「地下鉄の建物のため、許可なく掲示物を貼りだすことはできません。また、多くのお客様にご利用をいただいているため、一人のお客様を特別にお認めするわけにもいきません。しかし、こちらのお子様方の思いを感じると、撤去するのを躊躇いたしました。しばらしくしてから撤去いたします。連絡があります様に。 駅長」









心優しい駅長さん、上手ですね〜!^^









駅構内に無断で貼り出した掲示物は撤去しなくてはなりませんが、貼り主の気持ちを考えながらも対外的にも理解を得られるようなメッセージをだしたんですね。









現在、その貼り紙は王子警察署に届けられているそうです。









王子駅の駅長さん、魅力のある方ですよね。












nice!(182) 
共通テーマ:日記・雑感

また年金に問題発生! [最近のニュースから]

今日は年金の話にしました。










年金1.jpg
フリー画像からお借りしました









社会保険庁という名称を思い出しただけでも腹が立ちませんか?









老後の生活の安定の為と称して、国民から合法的に金を集めやりたい放題。










終いには、消えた年金騒動。









責任問題は、国民の理解を得られないまま幕引き。









離党ドミノが続いているどこぞの党で「ミスター年金」なんて言われていた人も当てにはなりませんでしたね^^









社会保険庁から日本年金機構と名称を変更して、やっていること(体質)は変わらないのでしょうか?









社会保険庁当時から、右を見ても左を見ても、どこを見ても不祥事ばかりですね。










今度は、支給漏れだそうです。










総額約600億円の年金の支給漏れが発覚して、年金機構へ問い合わせが殺到しているといいます。










支給漏れの可能性があるのは、厚生年金に加入している人の配偶者が65歳から受けられる基礎年金に、一定額を上乗せする「加算額」だそうです。










支払額の平均は約56万円、最高額は約590万円、厚労省は年金機構を通じて未払いの対象者へ通知をして、11月15日までに全額を支給する予定だということです。










もし、気になる方がいらっしゃいましたら下記へお問い合わせください。










0570-030-261 (平日午前8時〜午後5時15分まで)










勿論、年金事務所でも対応していますので、足を運んでみては如何でしょうか。










またかよ!










何やってんだよ! ですよね全く










我が国の年金、本当に素晴らしい制度のですが、その制度を司る奴らが悪すぎるのでしょうね。









年金.jpg
フリー画像からお借りしました












nice!(159) 
共通テーマ:日記・雑感

ドッキリ「ばか夫婦 」 願い叶ってアクセス上々、さてその代償は? [最近のニュースから]

またまた、呆れた人達が登場しました。









以前に、呆れた輩として記事にしたのは「おでんツンツン男」でした。









今日は、警察官をも巻き込んで悪質ないたずらをした「ばか夫婦」を話題にしてみました。









しかし、呆れた人間が次から次へと現れるものです。









その「ばか夫婦」、先月の26日にJR福井駅前の交番の前で砂糖の入った透明の小さなポリ袋を警察官の前でわざと落とし、覚醒剤と勘違いした警察官に自分を追わせるという馬鹿げた事をしたんです。










夫婦.jpg
フリー画像からお借りしました










妻は、その一部始終を撮影し「覚醒剤いたずらドッキリ」と称してユーチューブに投稿していたそうです。









その動画は100万回以上再生され、ネット上では批判が高まっているということです。









その「ばか夫婦」、偽計業務妨害の疑いで逮捕されました。









しかし、今月1日、容疑者の男のブログにはこの様な書き込みがあったそうです。









「アホなことやってるけど、ここで引いたらアホ+負け犬+脱落者+イケメンで終わってしまう」「それなりに批判もさらされるだろうけどとりあえず全力でやる」









警察によると、現在捜査中ということです。









容疑者の男31歳、女28歳、年齢の割にはかなり貧しい発想の持ち主の様です。









海外にもいましたが、動画の再生回数によって報酬が貰えるらしいので、それが目的なのでしょうね。









法的に罰することができても、結果やり得と判断し繰り返すことになるのでしょう。









道理を説いても解る人たちではないと思います。









「いたずら」も限度を超えれば「犯罪」になってしまうんですけどね。









どうせ全力で物事を成し遂げようとするのであれば、もう少し自分たちの将来を考えてほしいと思います。








社会(世間)は、「ばか夫婦」が考えているほど甘くはないと思います。









後悔先に立たず、にならないようにしてほしいですね!












nice!(182) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 最近のニュースから ブログトップ