So-net無料ブログ作成
最近のニュースから ブログトップ
前の10件 | -

「加熱式たばこ」にも罰則や増税 [最近のニュースから]

スポンサードリンク





愛煙家の皆さんにとって、厳しい世の中になってきましたね。









ルール違反者への罰則やさらなる増税など、禁煙のきっかけとなる環境が整いつつあるようです。









増税については、自民党税制調査会は先月28日、2018年度税制改正に向け、非公式の幹部会合を開き、たばこ税を引き上げる方針で一致しているようです。









時期的には、最短で18年度にも増税となる見通しです。









そして、紙巻きたばこの代用品とされ税額が低く、市場が急速に拡大している「加熱式たばこ」についても増税の方針だということです。









紙巻きたばこも加熱式煙草も、近い将来増税になるのでしょうね。









次に罰則についてですが、厚生労働省は今年3月に受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案の原案を公表しています。









受動喫煙対策を巡っては、店舗面積30平方メートル以下のバーやスナックを除いて原則禁煙とする厚労省と、「分煙」「喫煙」を店頭に掲げれば面積150平方メートル以下の店には喫煙を認めるよう求める自民党が対立している状態です。









自民党内の「何処でも煙草吸いたい族」の大先生方が反対をしているようですが^^









受動喫煙対策を早急に推し進めなければならない背景には、2020年に東京五輪・パラリンピックが開催されるためですね。









東京都は「世界から後れを取るわけにはいかない」と、条例案を独自にまとめ、来年2月の都議会定例会に提出する方針だということです。









その条例には加熱式煙草も規制の対象になっているそうです。









都が9~10月に意見公募行ったそうですが、寄せられた約1万7000件の意見のうち「加熱式は対象から外すべきだ」という反対の声が2000件以上もありました。









意見公募がどのような条件で行われたのかは不明です。









問題とされているのは、加熱式煙草が出す蒸気のリスクが国内では十分に検証されていないことです。









加熱式煙草を販売する業者の分析では、蒸気は紙巻きの煙に比べ、有害成分の量が平均で約9割低減されたということです。









日本たばこ産業(JT)も「健康懸念物質はほとんど含まれない。紙巻きと同様に議論されるべきではない」ということです。









しかし、日本禁煙学会は「加熱式も認めるわけにはいかない」として、「従来のたばことほぼ同様の発がん性物質を発する」とのスイスの研究チームの分析結果を紹介しているのです。








厚労省案の見解としては「健康影響への知見が十分でない」とし、「規制対象に含めた上で、健康被害が明らかでないものを政令で除外可能にする」としているようです。









さて、2020年に東京五輪・パラリンピックは世界中からお客様が我が国へいらっしゃるということを忘れてはいけませんね。









加熱式煙草の健康被害がゼロではないのですから、煙草としての規制に含むべきではないでしょうか。











禁煙4.png
フリー画像からお借りしました










既に私たちの吸っている空気は十分に有害物質に汚染されているのだから、煙草の煙ぐらい気にしなくても~!なんて方もいらっしゃるのでしょうけれどもね^^










スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(204) 

全国一斉の飲酒運転取り締まり [最近のニュースから]

スポンサードリンク





さっ!忘年会シーズン到来ですね^^









お酒を飲んでの失敗、経験はありませんか?









私は、少なからずあるんですよね。









お酒は弱いのですが、好きなんです^^









そこで、同じ失敗でも絶対にしてはいけないことが「飲酒運転」です。









そんなこと、当たり前だろう~って仰る方もいるでしょうが、お酒を飲んで車ハンドルを握る人が沢山いるようです。









先日、飲酒運転による事故を減らそうと、全国で一斉に飲酒運転の取り締まりが行われました。










北海道では、取り締りが12月1日夜から2日にかけ、道内の主要幹線道路など、159か所で一斉に行われたそうです。









北海道警察によると、1日からの取り締まりで飲酒運転が5件検挙されています。









大阪では420人体制で、主要幹線道路など80ヵ所で飲酒検問が実施されました。









今回の取り締まりで、7件の飲酒運転を検挙したということで、基準値未満のアルコールを検出し、警告をしたケースも8件あったそうです。









山口県内では幹線道路沿いや繁華街など、42か所160人態勢で行われました。









今回の一斉取り締まりでは、1人が酒気帯び運転で摘発されたそうです。









熊本では、1日夜から2日未明にかけて33か所でおよそ270人の警察官が取締りにあたったそうです。









今回の取り締まりの結果、県内では飲酒運転で6人が検挙されています。









福岡県内で行われた取り締まりでは、飲酒運転が相次ぎ、男5人が酒気帯び運転などの現行犯で逮捕されています。









毎年、飲酒運転による交通事故が繰り返されています。









そんな愚か者が後を絶ちません。










あの「福岡海の中道大橋飲酒運転事故」を覚えていらっしゃいますか?











中道大橋.jpeg
フリー画像からお借りしました










平成18年(2006)に福岡市東区の海の中道大橋で、会社員の運転する乗用車が、飲酒運転をしていた当時福岡市職員の男(当時22歳)の乗用車に追突され博多湾に転落しました。









追突された会社員の車に同乗していた3児が死亡した交通事故です。









当時、これは事故ではなく「殺人事件」だと感じました









追突後、加害者の男は被害者を救助することもなく逃走しました。









加害者は、大量の水を飲むなど飲酒運転の隠ぺい工作をしていたという極めて悪質な事故でした。









加害者は自分の犯した失敗を後悔していると思いますが、いくら後悔しても失った命は戻ってはこないのです。









そして、その失敗の代償は身を以て償うしかありません。









運転代行、電車、タクシーなど、後悔をしないで済む手段はあるのですからね。









お酒を飲んでいなくても事故は起こります、飲酒をしていれば尚更ではないですか。









絶対に飲酒運転はしないでくださいね!










E9A3B2E985921jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました










スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(215) 

開戦の日「12月8日」 [最近のニュースから]

スポンサードリンク





多くの方が8月15日は「終戦記念日」とピントくると思うのですが、昨日12月8日は何の日?と聞かれて、76年前の12月8日に「太平洋戦争」が始まった日であると答えられる人はどれだけいるでしょうね。









真珠湾攻撃.jpg
フリー画像からお借りしました









昭和16年(1941)12月8日に日本軍がハワイ・オアフ島・真珠湾のアメリカ軍基地を奇襲攻撃し、3年6ケ月に及ぶ太平洋戦争(大東亜戦争)が勃発した日です。








映画にもなりました「トラトラトラ」をご覧になった方も多いのはないでしょうか。











とら.jpg
フリー画像からお借りしました










IBC岩手放送さんによると、昨日、岩手県盛岡市の中心部で、母親たちの団体が「赤紙」を模したビラを配って戦争への反対を訴えたそうです。









赤紙.jpg
フリー画像からお借りしました










召集令状.jpg
(召集令状)フリー画像からお借りしました










太平洋戦争を含む第二次世界大戦の犠牲者は、日本だけでも軍人、市民合わせて約310万人に上ると言われているそうです。









当日は、悲劇を二度と起こさないようにと呼びかけ、憲法9条改正に反対する署名を呼びかけたそうです。









その活動は、全国一斉に行われ、集まった署名は来年度、国会に提出されるということです。









昨年末に、安倍晋三首相とオバマ前米大統領が、攻撃で撃沈された戦艦アリゾナの上に浮かぶ記念館で献花が行われました。









退役軍人たちからは「和解が進んだことは素晴らしい」との声が上がったそうです。









しかし、戦争さえ始まらなかったら・・・。









お国のためにと命を投げ出した若者の死を無駄にしてはいけません。









愛する人、家族を残しどんなに無念だったことでしょう。









私たちが平和ボケをしている間に、良からぬ方向へ舵をきっているのかもしれません。









今こそ目をさまし、政治に目や耳を傾ける時期ではないでしょうか。









いつか来た道にならないように!









スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(189) 

焼肉店、ホルモンの大量焼き火災 [最近のニュースから]

スポンサードリンク





焼肉.png
フリー画像からお借りしました

焼肉屋さんでホルモン焼いて、店まで焼いてしまったというお話です。









焼肉でビール、これはたまりませんよね~^^









しかし、ちょっと注意が必要のようです。









名古屋の焼肉店で火災が発生したそうです。









火事があったのは、中区新栄の焼肉店「The・ホルモン・Naizouya」で、先月27日午後9時半ごろで、店舗1階から出火しました。









その火事でけが人はでなかったそうですが、店舗が全焼し、両隣の建物の一部にも被害があったようです。










火災の原因は、客が大量のホルモンを七輪の網の上で焼いた際に炎があがり、油の付いたダクトに燃え移って火事になったということです。










ホルモン.jpeg
フリー画像からお借りしました









火災を起こした客は「食べ放題の時間内に食べ切れるよう、ホルモンを一度に大量に焼いたら火がダクトに燃え移った」と話しているということです。









せっかく楽しい飲み会だったのに、とんでもないことになってしまいましたね。









調べてみましたら、焼肉屋さんの火災は珍しくないそうです。









多くのお店で使われている、煙が出ない、衣服等に匂いが付かない、店内もきれいに保たれる等から無煙ロースターを設置している焼肉店が増えているそうです。









その無煙ロースターから出火する火災が全国的に増加しているといいます。









発生した火災の原因を見ると、排煙ダクト内に火のついた肉片や炎(火の粉)が吸い込まれたことにより、排気ダクト内に付着していた油脂等に着火し出火するケースが多くみられるようです。









また壁内・床下の排気ダクトと木製の建築材とが接する等していたことにより、低温着火でダクト周囲から出火するケースもあるそうです。










低温着火とは、木材に熱が加わると含まれている水分が徐々に減少して炭化し、さらに熱が加えられると突然燃え上がる現象のことです。










ダクトの清掃業者によると、できれば毎年清掃をした方が良いそうですが、多くの店舗は8年くらい清掃をしていないといいます。










今回の火災は、短時間に大量のホルモンを焼いたことが原因となりましたが、ダクトの清掃をきちんとしていれば防げた火災なのでしょうね。









お店の経営も大変でしょうが、人命にもかかわることになるかもしれませんからね。









スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(196) 

JR運転士 乗務中に喫煙 [最近のニュースから]

スポンサードリンク


今日は,、先月の朝日新聞デジタルさんの記事に何ともお粗末なJRの運転士の記事が掲載されていましたので、その話題にしょうと思います。









最近は、愛煙家の皆さんが大分肩身の狭い思いをしていますよね。










ご自分の健康や周囲の人の受動喫煙による健康被害を考えれば、禁煙した方が良いのでしょうけどね。










今回問題となっているのは、JR横須賀線の武蔵小杉―西大井間を運転中にたばこを吸っていた運転士がいたそうです。











Yokosuka_01.JPG
フリー画像からお借りしました











乗客から駅員に「運転席からたばこの臭いがした」と指摘があり発覚したとうことです。










その運転士(55)は、「乗務が長時間で我慢できなかった。数年前から乗客の少ない夜間を選んで吸っていた」と話しているというのです。









しかし、運転士は55歳ですからね、数年前から乗務中に喫煙していたという事ですが、数年前から急に我慢が出来なくなった訳ではないのでしょうから、かなり以前から乗務中に喫煙していたのだと思います。









車を運転中に喫煙すること自体危険なのですから、まして多くの人命を預かっている列車の運転士ですからね、単なるルール違反で済ませる訳にはいきませんよね。










他の運転士さん(仲間)に申し訳ないという気持ちがあれば、乗務中に喫煙をするような行為はできないはずです。









もしかしたら、他にも同様の行為をしている運転士さんがいるのでしょうか?









以前は、東海道新幹線の運転室内で電子タバコを20歳代の男性車掌が吸っていたという記事を書いたことがありました。「こちらです









同社では乗務中の喫煙は禁止していることから、「厳正に処分する」ということです。










スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(190) 

九州北部豪雨被災地 全避難所閉鎖するも避難生活者多数 [最近のニュースから]

スポンサードリンク


今日は「九州北部豪雨」の被災地を話題にしたいと思います。










今年の7月5日から6日にかけて、福岡県と大分県を中心とする九州北部で発生した集中豪雨「九州北部豪雨」が発生しました。









消防庁によると、福岡県で34人(朝倉市で31人、東峰村で3人)、大分県日田市で3人の計37人の死亡、福岡県朝倉市で4人が行方不明となりました。









住宅被害は、福岡県と大分県の合計で、全壊288棟、半壊1079棟、一部破損44棟、床上浸水173棟、床下浸水1383棟と甚大な被害となりました。









福岡県と大分県では、各所に設けられた避難所に、最多時でおよそ3000人の被災した方々が避難をしていました。









朝倉市では最大11カ所に指定避難所が置かれ、最大時で590世帯、1204人が避難していたそうです。









福岡県東峰村と大分県日田市にも避難所が設けられていましたが、いずれも8月中に閉鎖されています。









その後、民間の賃貸住宅等に仮住まいをしているみなし仮設住宅や、福岡県が建設した仮設住宅への入居が進んだことから、避難所は福岡県朝倉市にある「らくゆう館」の1か所になっていました。









最後の避難所「らくゆう館」も先月25日夜までに全員が退去したそうで、九州北部豪雨に伴うすべての避難所が閉鎖されたということです。









しかし、仮設住宅やみなし仮設住宅などで避難生活を続けている方々は、福岡県と大分県で合わせて約1300人もいるのです。









更に朝倉市では、100人以上が自治体の支援を受けずに自力によって仮住まいのよる避難生活を続けているということです。








被災された方々の生活の再建、地域の復興には多くの時間と資金が必要です。









今年も12月となり、仮の住まいで新年を迎える方々が沢山いらっしゃること、東日本大震災の被災地と同様で、私たちは常に応援する気持ちや支援を忘れてはいけないと思います。










スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(192) 

EU 福島県産の米など輸入規制解除へ [最近のニュースから]

スポンサードリンク


今日はとっても良い話題です。









EUは、3・11「東京電力福島第一原発」の事故発生後から静岡県以東の13県からの一部の食品輸入を対象に、放射線物質検査の証明書提出を義務付けていました。









福島産の米など10県産の一部の食品を除外する決定がされたそうです。











米.jpg
フリー画像からお借りしました










今回の規制緩和により、福島、秋田、宮城、群馬、栃木、千葉、岩手、長野、山形の各県でも一部の食品の証明書を提出しなくて良くなります。









米以外にも、福島、宮城、群馬、茨城、栃木、千葉、岩手の7県産の水産物のうち、カニなどの甲殻類やタコなどの軟体動物、それにハマチ、マダイ、クロマグロなども規制の対象から外されることになります。









規制緩和の実施日は、来月1日からの実施になります。









福島産のコメの規制が解除されることで、他の都道府県の米も福島産でないことの証明が不要になります。









輸入規制は、アジア各国でも実施されています。









EUの規制緩和により、他の国や地域でも早期に規制緩和、解除が進むと良いですね^^









東日本大震災、まだまだ終ってはいません。

























スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(182) 

飲んだら乗るな!乗るなら飲むな! [最近のニュースから]

スポンサードリンク



E9A3B2E985921jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました

もうそろそろですね~!今年も忘年会の季節がやってきます。










普段よりもお酒を飲む回数が増える時期なのですが、お酒を飲みすぎて失敗をした経験のある方らっしゃいますよね^^









酔いがさめてから笑い話で済むことならば良いのですが、命にかかわることになるとそうはいきません。









毎年ニュースになるのが、飲酒をして車の運転をしてしまう人がいることです。









今月20日に、自宅で焼酎を2合飲み、腹が減ったのでコンビニに買い物に行ってコンビニの壁に車を衝突させた男性が、呼気から基準値の4倍を超えるアルコールが検出され、酒気帯び運転の現行犯で逮捕されています。








19日には、追突事故を起こした男性が酒気帯び運転の現行犯で逮捕されています









もちろん忘年会には早すぎますので、普段からこんな状態なんですから忘年会や新年会の時期には懲りない奴らが、酔っ払って車を運転するのでしょうね










何時まで同じことを繰り返すのでしょう。









酔っていなくても事故は起こるのですから、お酒を飲んで運転をしたら尚更です。









那覇市で19日早朝に、アメリカ軍の海兵隊員よる人身事故が発生しています。









海兵隊の兵士が運転するトラックが軽トラックと衝突し、軽トラック運転していた男性がお亡くなりになっています。









呼気からは基準のおよそ3倍のアルコールが検出されたそうで、交差点での信号無視が原因のようです。









今日は日米地位協定の話はしません。









飲酒運転のリスクを考えてほしいです。









自分だけならば自業自得、しかし被害を受けた方が怪我や死亡をした場合には取り返しがつきません。









飲酒運転は重大な事故につながり、被害者や加害者、その家族の将来にかかわることもあるのですからね。









絶対に飲酒運転をしてはいけません。









スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(173) 

「弘前りんごPRキャラバン」 都内開催 [最近のニュースから]

スポンサードリンク



リンゴ1.png
フリー画像からお借りしました

今日はリンゴを話題にしてみました。









私はリンゴが大好きなんです!









美味しくて、健康にも良いそうです。









少々、リンゴの効能について調べてみました。










効能1「ガンの予防」効能2「喘息の予防」効能3「血液系の病気を予防」効能4糖尿病の改善だそうです。



効能1、リンゴに含まれるケルセチンが、咽喉ガン・口腔ガン・肺ガン・乳ガンの予防効果があるそうで、直腸ガンと結腸ガンの発生リスクが抑制されるとの研究結果もあるそうです。



また、リンゴを食べれば全てのガンになるリスクを13%軽減できるという研究結果もあるということです、



効能2、アレルギー性喘息の予防効果に優れているそうです。



1週間に2回以上リンゴを食べると、気管支喘息にかかるリスクを32%減らすという研究結果があるそうです。



リンゴの食物繊維「ペクチン」がヒスタミンの過剰分泌を抑えることで、喘息を予防する効果があるということです。



ヒスタミンの抑制は、喘息以外のアレルギー性の病気の予防にも役立ち、花粉症やアトピー性皮膚炎などにも効果がみられるといいます



効能3、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを分解するため、血液をサラサラにし、血液系の病気を予防してくれるようです。



リンゴを1日に1個半~2個程度食べるか、リンゴペクチンを1日15g摂取することで、悪玉コレステロール値を下げ、善玉コレステロール値を上げることができるのです。



効能4、2型糖尿病の患者を対象に早朝の空腹時にリンゴを1個食べてもらったところ、食後の血糖値の上昇が穏やかになったそうです。



また、1日に1個のリンゴを食べる女性は、そうでない女性に比べて糖尿病の発症リスクが3分の1になるとの結果も出ているようです。



これは、リンゴの食物繊維であるペクチンの作用によるもので、腸にはたらきかけ、糖質の吸収を穏やかにするからだそうです。








わが家では、妻が手術をするまでリンゴは朝食の一品でした。









手術後は、食物繊維の取りすぎが良くないそうで、毎朝リンゴジュースを飲むくらいにしています。









大好きなリンゴがたっぷり食べられないなんて可哀想です。









今月18・19日には、青森県弘前市の「パワーアップ弘前産りんごPRキャラバン」が東京都内で行われました。







イベントでは、メンバーのリンゴ娘さん「王林」「とき」「ジョナゴールド」「彩香」の4人が軽快な歌と踊りを披露したそうです。









リンゴの品種名を芸名にしたそうですよ^^









美味しくって健康に良いリンゴを食べて、東北を応援しましょう!^^









小さなことかもしれません、東北だけではないです、まだまだ日本中で支援の必要な地域が沢山ありますからね。









そんな地域と何処かで繋がっていたい、そんな気持ちがあるんです^^

























スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(181) 

「猫の島」観光客の無責任行動が問題に! [最近のニュースから]

スポンサードリンク


はこ.jpg
フリー画像からお借りしました









朝日新聞さんに「猫の島」の現状が報じられていましたので、今日はその話題を取り上げてみました。









福岡県新宮町の相島(あいのしま)は「猫の島」として世界的にも有名になっています。









NHKのTV番組「ダーウィンが来た」でも、相島(あいのしま)の猫ちゃん達が取り上げられていましたね^^









一周約6キロの小さな島に、約270人の住民と200匹近い猫が暮らしているそうです。









国内外から多くの観光客が訪れるようになり、島(地域)起こしが期待されているのですが問題もあるようです。









町によると、町営渡船で相島に渡った人は、2014年度の約5万1千人から2016年度は約6万6千人に増えたそうです。









更に、乗れない客が出た時に出す臨時便は、2014年度は7回だったのが2016年度は43回に増えています。









その猫人気を背景に、旬の魚を使ったバーガーを提供する「島カフェあいのしま」が4月にオープンしたり、渡船場前にも軽食店ができたりと経済効果はあるのです。









島の主産業は漁業です。









猫は、家に保管している穀物を食べたり漁具を破ったりするネズミを退治し、魚をさばいた後のアラも食べてくれる。









猫は、島民にとっては可愛いペットという存在ではなく生活をする上でのパートナー、昔からそのような関係で共存してきたようです。









そんな関係がいま、岐路に立っているというのです。










その原因は島を訪れる観光客によるえさやりにあるそうです。









1989年には年に1回だった島の猫の出産が、今は2回になっているといいます。









[不妊や去勢手術を受けていない猫の栄養状態がよくなれば、出産回数が多くなり、爆発的に増えてしまう。魅力ある島として存在し続けるためにも、えさやりはしないでほしい」と訴えています。









この問題には、観光客が訪れるようになった他の「猫の島」でも同様の問題を抱えているのです。










この無責任な「餌やり行為」いたる所で問題になっていますね。









可愛いから?可哀想だから? 本当にその気持ちは分かるんです。








我が家にも猫がいますからね^^









しかし、その行為は無責任で身勝手な行為なんですよね。








スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(184) 
前の10件 | - 最近のニュースから ブログトップ