So-net無料ブログ作成
日常の出来事 ブログトップ
前の10件 | -

交通機関に設けられている「優先席」の取り扱いについて [日常の出来事]

先日インターネットで記事ネタを探していましたら、東洋経済オンラインさんでフリージャーナリストの「さかいともみさん」と言う方の記事を拝見しました。








タイトルは「海外でも論争優先席問題は解決できるのか」でした。











優先席1.gif
フリー画像からお借りしました










私は電車通勤をしていますので、優先席については気になっていたことでした。









今日は、その海外でも論争となっている「優先席」を取り上げてみたいと思います。









通勤電車内で見かけた光景は、年配者や妊娠中の方などの席を譲るべき人が周囲にいても、譲ろうとしない若者が目立ちます。









寝てしまっているのなら仕方がないのかもしれませんが、殆どがスマホに夢中になっているようです。









そもそも、関東の電鉄では優先席で携帯端末の使用をしても良かったのかな〜なんて思いながら日本人の意識の低さを感じています。









車内放送で携帯端末での通話を控えるように促されても、知らん振りで通話を止めない人が非常に多い!









驚いたのですが若者だけでなく年配者にもルールを無視する人が非常に多いのです。








あっ!話がそれてしまいましたね。










さかいさんの記事に、ある日本人の女性がロンドンで地下鉄に乗った時の出来事が紹介されていました。









「優先席を譲る、譲らないの問題」はなかなか解決が難しい。









「地下鉄にね、寝ちゃった男の子を重そうに抱えたママが乗ってきたの。そうしたら、優先席に座っていた80代くらいのおじいちゃんが席を立って、ここどうぞ、って勧めていた。日本じゃあんなこと、まずないよね?」









9月のシルバーウィークにロンドンにやって来た智子さん(仮名)、一人で地下鉄に乗った時のできごとを興奮気味に話してくれた。









実はこの話、続きがある。









「そうしたら、60代くらいのおばちゃんがおじいちゃんに、ここ座ってくださいって。数秒の間に4~5人が席を立って譲り合いながらお互いに笑って……。ほほえましい光景だったわ」









度重なるテロにおびえるロンドン。不審物などへの意識が高まるだけでなく、弱者への気配りがより進んだようにも感じる。」










辛い経験をしているからこそ、思いやりの気持ちが芽生えてきたのかもしれませんね。









また、海外には優先席を開けておく国もあるようです。









海外で身近な所「台湾」ではどうでしょう。









「博愛座」と呼ばれる優先席は、台北では地下鉄や公共バスに設けられているそうです。









過去には「博愛座に座っていた全盲に近い弱視の学生に対し、老婦人に『あなたが座るべきでない、席を譲れ』と罵った」「博愛座に座りたかった老人が、席に荷物が置かれていたのを見て腹を立て、その乗客ともめたあげく、持っていた飲み物をかける事態にまでエスカレートした」などの事例があったということです。









その出来事がNETにアップされ、大論争が巻き起こったようです。










現地の弁護士は優先席の取り扱いについて意見を投稿しています。









「法律的な取り決めはなく、あくまで乗客の道徳心に委ねる形で運用されているので、人々の間で起こる意見の違いから論議が起こるのは当然」と結論が出ない問題であるという見解でした。









さて、香港ではどうなのでしょう。









香港では老人が「優先席に座らせろ!」と若者に主張するケースが非常に多いそうです。









そして陰湿な行為が行われており、優先席に座っている学生などを撮影してネットに投稿し糾弾することもあるといいます。










その結果、「NETでの公開批判」が行われる香港の地下鉄では、男子学生の約30%が優先席の設置そのものをやめてほしいと訴えているそうです。









ジャカルタでは強制的に立たされるそうで、電車や駅構内の秩序を守るために「PKD」と書かれたヘルメット姿の男性スタッフが電車内を巡回しているそうです。









そのスタッフは、座るべき優先度の高い乗客が乗車した時には、他の乗客を立たせるのです。









最近では、「自分より座るべき優先度の高い人」が乗ってくると自ら席を立つ傾向がみられるようになっているそうです。









ある種の強制力により優先席を機能させるジャカルタの例は極端とはいえ、日本で(残念ながら)日常的に起こっています。









「本来、優先席に座るべきであろう人がいるのに、若者がそこを占有している状況」はあまり芳しいとは思えないがどうだろうか? 









訪日客たちは「東京での優先席利用状況」をみてどう感じているのか。









さかいさんは、外の人からの視点は参考になると言います









訪日中に「キャリーバッグを運んでいたら、正面から僕の方にまっすぐ人が向かってきた」という経験を話してくれたスミスさんに、「電車で何か印象的なことはなかったか?」と聞いてみた。









するとスミスさんは、「老人に誰も席を譲らないので、僕が席を立とうとしたら、しきりにNoという仕草をするので逆に困った。ロンドンでは誰でも一言Thank youと言って座るのに……」と話してくれた。









席を譲る、譲らないの問題は、多くの日本人が持つ「誰かに迷惑をかけてはいけない」という心が起因するのかもしれない。









たとえば若者が老人に席を譲るべく声をかけようにも、「私はまだ席を譲ってもらうほど歳をとってはいない、と怒られてしまうかも」と忖度(そんたく)したりとか、お年寄りの側は「若い人は仕事で疲れているのだから座らせてあげよう。









私はすぐ降りるのだから」と考えるのか、席を譲りましょうと声をかけてもひたすら遠慮されることが多いようだ。










さらに座っている側の心理として「周りの誰も譲ろうとしないのだから、自分があえて席を譲るのも……(その場の平穏をあえて崩すこともない? )」と考えているかもしれない。










なかなか結論を出すことができない「優先席のあり方」。









日本人が持つある種の「気遣い」により、席を他人に譲ったり譲られたりするのはなかなか勇気がいることなのだろうか。









とはいえ、仮にも日本で「おもてなし」の対象としている外国人訪日客に「日本人は席を譲らない」と思われてしまうのは嘆かわしい。









日本特有ともいえる極めて厳しい満員電車の通勤事情を考えると簡単に結論を導けないのがもどかしい。
フリージャーナリストの「さかい もとみ 」さんの記事より









確かに、席を譲っても「すぐ降りますから」と断っている方を見掛けることがあります。










相手に迷惑をかけたくない、という気持ちからなのでしょうが、席を譲ろうと声をかけた側の気持ちも察するべきなのかも。








しかし、絶対、間違えなく、老人や体の不自由な方がいたら席を譲ることが当たり前です。










優先席3.jpg
フリー画像からお借りしました









たとえ、相手がどのような反応であったとしても、そうしたいと私は思います。









優先席だろうとなかろうと、同じことなんです。








だって、「ゆずりあい」「お互い様」そして「相手を労わること」そういう気持ちって大切なことだと思いますから!^^










優先席4.jpg
フリー画像からお借りしました











nice!(181) 
共通テーマ:日記・雑感

「おにぎり」素手で握ると美味しい? [日常の出来事]

今日は「おにぎり」の話題にしてみました^^










おにぎり.jpg
フリー画像からお借りしました










「おにぎり」大好きです!









私が子供の頃は、両親が共働きでしたので、祖母に面倒をみてもらっていました。








小学生の頃、学校から帰ると毎日祖母に「おにぎり」を作ってもらい食べていました。










おにぎり.png
フリー画像からお借りしました








お婆ちゃんの握ってくれた「おにぎり」懐かしいな〜^^









さて「おにぎり(おむすび)」、昔は素手で握るのが当たり前でしたよね。









最近は、手袋をして握る方が増えているようです。









生業としている場合は、衛生面を第一に考えますので、必要なのでしょうね。









手袋をして握るのと、そうでない場合どちらが美味しいのでしょう?









例えば、好意を抱いている相手が素手で握ってくれた「おにぎり」なら、手袋なしで作ってくれた方が、絶対に美味しく感じると思いますよね^^









その逆もありますけどね。









心因要素が味覚に与える影響は、確かにあるものです。









手袋をしていると上手に握れないから、美味しく感じない?









使用する手袋によって、違ってくるようです。









薄手で手にフィットするタイプの調理用の手袋を使えば、素手で握るのとあまり変わらす、アツアツのご飯の熱を和らげることもできるようです。









手のひらから「おにぎり」が美味しくなる何か(美味しくなる旨味成分、エキス)が出ている?









愛情が伝わる?









前者はあると思いますが、心的要因に入るのかもしれませんね。









後者は、確かに手のひらから分泌されている成分はあると思います。









しかし、「おにぎり」を握る前には手を綺麗に洗いますよね。









仮に残留物があったとしても、おにぎりの味に作用するとは考えられないと思います。









握り終わった「おにぎり」を長時間放置した場合には、味の変化が現れるのかもしれませんが。









「おにぎり」を素手で握らない人が増えているのは、安全上の問題なんですね。









毎年、「おにぎり」による食中毒ガ発生していますので、特に高齢者や子供のいるご家庭では手袋を使用したほうが良さそうですよ。









手洗いが不十分であったり、傷のある手でそのまま「おにぎり」を握ったりすることが汚染の原因となります。









手袋をしていても、きっと愛情は「おにぎり」に伝わりますから、手袋しましょうね!









食中毒は怖いですならね〜^^








おにぎり2.jpg
フリー画像からお借りしました











nice!(189) 
共通テーマ:日記・雑感

戦争は絶対にご免だ! [日常の出来事]

昨日、8月15日は72回目の終戦記念日でした。









日本武道館で「全国戦没者追悼式」が行われました。









参列した遺族は、世代交代が進み戦没者の妻は4人と最も少なく、どなたも90代と高齢だそうです。









日本は、太平洋戦争を始めたことで最悪の結果を招いてしまいました。









私も含め戦争を知らない世代に、戦争の悲惨さを語り継がなくてはなりませんね。









私は、この時期に毎年観ているのが、野坂昭如氏の短編小説をアニメ化した「火垂るの墓」です。









火垂るの墓.jpg
フリー画像からお借りしました









何度みても、悲しくて悔しくて涙が出てきます。










戦争には、悲しみと恨みしか残らないのではないでしょうか。









勝っても負けてもです。









どのような形でも良いと思うのですが、家庭でも学校でも戦争が如何に愚かな行為なのかを子供たちに語る時間が作れないでしょうか?









北朝鮮、中国、等を我が国の脅威と位置づけ国民の不安をあおる、そんな政策良いとは思えません。









国防を否定している訳ではないのですが、先ず戦争を起こさないという考え方を疎かにしてはいけないと思うんです。










YouTubeでこの動画をみつけました。ご覧いただけましたら嬉しいです。(全画面でご覧ください)













nice!(167) 
共通テーマ:日記・雑感

お連れ様はどちらですか? [日常の出来事]

西日本新聞さんに、心温まる出来事が掲載されていましたので、紹介させて頂きたいと思います。









同社の記者さんのお知り合いの方が経験されたことのようです。









私は、その「記者コラム」を読んだ時に、感動してしまいました。

こちらをご覧ください。







【記者コラム】
半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を聞いた。


男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。

遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。


でも入れたバッグがかなり大きく、念のため搭乗手続きの際に中身を伝えた。


機内に乗り込み、上の棚にバッグを入れて席に着くと、客室乗務員がやって来てこう言った。


「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?」


搭乗手続きで言ったことが機内に伝わっていたのだ。


男性が「ああ、上の棚です」と説明すると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを締めてくれた。


飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出してくれたという。


「最後に2人でいい“旅行”ができた」と男性。その表情を見ていたら、こちらも温かい気持ちになった。









如何でしたか?









素晴らしい優しさ、心遣いですよね。









記者さんの知人の方、奥様との里帰りが良い思い出になったのではないでしょうか。









その客室乗務員さんの様な、優しさや心遣いの出来る人になりたいと思いました。
客室乗務員.png











nice!(160) 
共通テーマ:日記・雑感

「ヘビースモーカー」でも長生きする人がいるの、どうして? [日常の出来事]

昨日は、妻の入院している病院に行ってから帰宅しました。









病院についたら妻と姉がびっくりして、どうしてこんなに早く来れたの?ちゃんとお仕事してきたの?ダメじゃない!と行き成り言われて、会社の了解を得ているのですが・・・「ごめんなさい」!










怒り2.jpg
フリー画像からお借りしました










明日は来なくていいからね、ハイ、分かりましたm(__)m???










ねこ.jpeg
フリー画像からお借りしました









まっ、妻の元気そうな顔が見れたので(姉も)、それで良し!として、病院で書いていた原稿を打ち込んでいるところです^^









今日は、毎日新聞さんになる程!という記事が掲載されていましたので紹介しますね。









その記事は、喫煙について書かれていました。











喫煙2.jpg
フリー画像からお借りしました










「ヘビースモーカーなのに長生きする人がいる理由」というタイトルでした。









最近は、受動喫煙が話題になっていますが、煙草と肺がんの関係を解説する際によくでるエピソードが「私のおじいさんはヘビースモーカーだったけど長生きした」などの話です。









私もその様な話を聞いたことがあります。









医学的に言うと「疫学データ」(人を集団で観察した場合)と個人の運命「個人•個体で観察した場合」とが異なる結果となる実例だそうです。









病気の原因を単純化すると、体質などの「遺伝要因」と生活環境などの「環境要因」に分けて考えることができます。









がんの場合もいずれかの要因か、あるいは、両者の要因によって遺伝子から作られるタンパク質が変化をして、がん細胞が表れ増殖するなど細胞レベルでの変化が生じるそうです。









その細胞の変化がエックス線などで発見され進行し、結果、症状として表れるのです。









記事には、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんを事例として取り上げていました。









彼女は、母親が乳がんで若くしてなくなっていることから、自身の遺伝子検査をしました。









その結果、「遺伝性乳がん卵巣がん症候群」が疑われたのです。









母親と同じ病気になる可能性があるということですね。









彼女の判断は、将来の乳がん予防の為の両方の乳房の切除、そして、卵巣がん予防の為に卵巣を切除したということです。









遺伝要因と環境要因、彼女の例と「禁煙すれば肺がんが減少する」という話は、がんの発症する危険性を減らすということでは同じことです。









大きな違いは、彼女は遺伝要因で後者は環境要因ということなんですね。









煙草の煙には、5000種類以上の物質が含まれているそうで、そね中には遺伝子に変化を与える変異源とよばれる物質が多数含まれているらしいんです。









ということは、煙草を沢山吸っている人は遺伝子に異変を生じさせる確率が確実に高いということですよね。









環境要因だけで病気になる人、遺伝要因だけで病気になる人、環境要因と遺伝要因の複合で病気になる人と様々です。









喫煙者で環境要因があるにもかかわらず肺がんにならない場合もあれば、非喫煙者で環境要因のない人でも遺伝要因の為に肺がんになる人もいます。









この様に、「疫学データと個人の運命との差」が生じてくるのです。









2000年以前の研究結果を解析した結果、喫煙したことのある人は、全く喫煙したことのない人の5.5倍、肺がんになる危険が増すという結論がでているそうです。









地球上から喫煙者と喫煙経験者が存在しなくなると、肺がんの患者は現在の6の分1になるようです。









しかし、肺がんの患者は0にはならず、その理由は公害などの環境要因や遺伝要因の影響による為だということです。









「煙草を吸っていたけど長生きした」 その様な人も確かにいるのでしょうね^^









しかし、肺がんの患者が6分の1になるのであれば、煙草の販売を止めるべきだと思います。









私達が生まれた時には煙草なんか吸っていなかったんですからね^^









煙草を吸うのをやめましょう! 絶対に!









ご自分の為にも、周囲の人の為にもね^^









禁煙4.png
フリー画像からお借りしました












nice!(186) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっと報告^^ [日常の出来事]

昨日、妻が検査の為に入院をしました。









今日は、病理検査の為に手術室に入ることになります。









予定では、4〜5日の入院なるということでした。









付き添って病院に行ったのですが、はじめての経験なので戸惑うことばかりです。









検査の結果がどうあれ、開腹手術をすることになるようです。









昨日まで、日中だけ姉が私の家まで着てくれ、食事などの面倒を見てもらっていました。









お姉ちゃん様々です。









甘えすぎるのも良くないですよね。









姉の体のことや手術後の事も考えて、宅配のお弁当を頼むことにしたのです。









やはり、退院後は安静にする期間が必要ですからね。









長期戦になるかもしれないし。









あっ!洗濯機の使い方を教えてもらうのを忘れていました。









妻が検査入院から戻ってきたら、早めに教えてもらわないと!









今回の事で、妻の有難味を改めて感じています。









僕は家の事、殆どできなかったんですよね。









ダメだこりゃ!ですよね^^









実は、今日のブログの話題を「群馬の酒」にしようと思っていたのですが、後日改めて記事書きをすることにしました。









なんだか、やけに疲れてしまいました。










数社の保険に加入していますので、契約内容を確認したり保険会社へ連絡したりとバタバタをしていましたからね。










さて、今日も病院に行ってきます。










今日は少々長引きそうなので、しっかりと朝ご飯を食べてから出かけることにしますね!^^
nice!(189) 
共通テーマ:日記・雑感

「おしっこの回数」気になりますか? [日常の出来事]

おしっこ2.jpg
フリー画像からお借りしました










今日は、おしっこのお話です^^










おしっこの回数が気になる方、いらっしゃると思います。










おしっこ2.gif
フリー画像からお借りしました









たかがおしっこ、歳のせいだろう?なんて判断をしない方が良さそうですよ。









おしっこの回数と長生きは、どうも関係があるらしいんです。










順天堂大学大学院の教授で、泌尿器科のドクターによると、夜中にトイレに行く回数は高齢者の方にとっては寿命に関係するそうです。









朝晩が冷え込む時期には「どうもおしっこが近くなった」、「就寝中にトイレに起きるようになった」という外来の患者さんが増えるといいます。









さて、日本人が就寝中にトイレへ行く回数は何回なんでしょう。









統計では、50歳以上の方の過半数は夜中に1回だそうです。









ですから、夜中に1回トイレに行くのは正常だということですよね。









夜中に3回以上トイレに行くのを「夜間頻尿」と呼びます。









おしっこ3.gif
フリー画像からお借りしました









70歳代の「夜間頻尿」の方は、男性が30%位で、女性が15%位だそうです。









北欧で4年間行われた調査研究では、夜間頻尿の方はそうでない方に比べて、約2倍も多くなくなっていたというのです。









2倍ですからね、驚きの調査結果ですよね。 









高齢の方の場合には、夜間に何度も起きてトイレに行くこと自体、転倒をする危険性が増えますからね。









骨折などをしたら大変です。









もし、トイレの回数が気になる方がいらっしゃいましたら、迷わず病院で診察を受けてください。










おしっこ4.jpg
フリー画像からお借りしました









あっ!若い方の場合は、例えば30歳代なのに必ず夜中にトイレに行く、なんて方は「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があるのだそうです。









また、糖尿や腎臓病があると夜中にトイレに行く回数だけではなく、尿の量が多くなるそうですよ。









夜間のトイレは、日中よりも尿の量が少ないそうですから、お心当たりのある方は病院へ行ってみましょうね。










nice!(194) 
共通テーマ:日記・雑感

ビール値上がり メーカーの対策は? [日常の出来事]

ビール2.jpg










ついに、ビールの値段が上ってしまいましたね。









値段を据え置いているビールもあるようですが、値上げすることは時間の問題なのでしょうね。









体力のない中小の販売店の保護を目的とした改正酒税法の施行により、今回の値引きを抑える規制強化となっています。









採算を無視した安売りをした業者は、販売免許を取り消すなどの厳しい処罰をする内容になっているそうです。









更には、メーカーが販売店に支払っている販売奨励金(リベート)は国税庁の指導で減らされているといいますから、尚更値上げに拍車が掛かりますね。









さて、メーカーはどの様な対策をとるのでしょう。









ビールの売れ行きも落ち込んでいますからね。









酒税法のビールの定義の変更に伴い、2018年4月から原材料は麦やホップに限定されていましたが、果実や香辛料も使用できる様になるそうです。









柑橘類やコーヒーにかつお節などを使うビール造りが始まるようなんです。










各メーカさんから個性的なビールが登場しそうです^^










メーカーは新たなビールが私達消費者に受け入れられるかが勝負になるのでしょうね。










でも、現在販売されている「発泡酒」や「第三のビール」は酒税法上のビールになっちゃうんでしょうか?










よく分かりません??










私たちに出来る対策は、飲む本数を減らすぐらいなんでしょうね。










でも、絶対に飲んじゃうんですよね〜これが!









ビール3.jpg












nice!(176) 
共通テーマ:日記・雑感

お休みします [日常の出来事]

お早うございます^^ 今日は少々疲れてしまいまして、blogの更新をお休みさせて頂きます。 明日はお目にかかれると思いますので、宜しくお願いしますね^^
nice!(147) 
共通テーマ:日記・雑感

お休みします [日常の出来事]

お早うございます。
妻の体調が悪く、昨日から大学病院で検査をしています。
今日も終日付き添いのため、記事を書く時間がないと思いますのでお休みをさせて頂きます^^

nice!(172) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 日常の出来事 ブログトップ