So-net無料ブログ作成

「やらさせて頂きます」この使い方は正しいの? [日常の出来事]

スポンサードリンク





昨日に引き続き、「言葉」の使い方について考えてみたいと思います。









「やらさせて頂きます」を使う方、何時ごろからでしょうか若者にも年配の方にも数多くいらっしゃいますね。









先ず、「させて頂く」の適切な使い方










文化庁は「させて頂く」について、「基本的に他者の許可を得た上で、自分が行うことについて、その恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合」に使うのが正しいとしているそうです。








つまり、「相手の許可を受けているかどうか」「恩恵を受けるのかどうか」というこの二点が使う条件ということなんですね。









ということは、普段耳にする「させて頂く」の中にも正しいものと間違っているものがあるようです。









マイナビさんのサイトを拝見したところ、以下のような解説がありましたので、ご紹介いたします。









「ご挨拶させていただきます」は少し微妙なところです。









挨拶については、「相手の許可」や「恩恵」というようなことが関わってきません。









なぜなら、挨拶は相手の許可を得なくてもするのが普通のことだからなんです。









職場や取引先で「させて頂く」という言葉は頻繁に耳にします。









非常に丁寧な言い方にも聞こえますが、使い方を間違えることで思わぬトラブルを生むこともあります。









ある面接での会話です。









面接官「日曜日にイベントがある場合でも担当してもらうことはできますか?」









就活生 「はい、やらさせていただきます」








面接官「サークルではなにか役職についていましたか?」








就活生 「はい、所属していたテニスサークルでは部長をやらさせてもらいました」









「やらさせていただきます」は最近よく耳にする言葉ですが、これは間違った日本語であり、上記の答え方はいずれも不適切です。









正解例)1
面接官「日曜日にイベントがある場合でも担当してもらうことはできますか?」









×「はい、やらさせていただきます」
「やる」「させていただく」どちらも自分が「行う」ことを意味するので2つとも使うと重複となり不必要です。









△「はい、やらせていただきます」
重複はなくなりましたが「やらせて」になると、嫌々ながら「やる」と言っているように聞こえがちです。









◯「はい、喜んで担当します」
言い切ることで、すっきりはっきりとした自分の意見として伝わります。









正解例)2
面接官「サークルではなにか役職についていましたか?」









×「はい、所属していたテニスサークルでは部長をやらさせてもらいました」
例)1と同様に重複の敬語であり間違った使い方です。









△「はい、部長をやらせてもらいました」
敬語の重複はありませんが、「やらせて」だと請け負った感じに聞こえます。









◯「はい、部長をしておりました」









不必要な敬語もなく事実がすっきり伝わります。









文化審議会(文化科学省、文化庁より設置された審議会)の「敬語の指針」によると「○○させていただく」は「○○する」の謙譲語とされています。









自分側が行うことを相手側(第三者)の許可を受けて行い、そのことで恩恵を受ける事実がある場合に使います。









そのため条件をどの程度満たすかにより、適切な場合と不適切な場合があるのです。








背景を考慮しましょう。









ということでした。









普段、敬語だと思って重宝に使っていろ言葉ですが、間違えた使い方をしていることが多いのかもしれませんよね^^










スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(206) 
共通テーマ:日記・雑感