So-net無料ブログ作成

JR運転士 乗務中に喫煙 [最近のニュースから]

スポンサードリンク


今日は,、先月の朝日新聞デジタルさんの記事に何ともお粗末なJRの運転士の記事が掲載されていましたので、その話題にしょうと思います。









最近は、愛煙家の皆さんが大分肩身の狭い思いをしていますよね。










ご自分の健康や周囲の人の受動喫煙による健康被害を考えれば、禁煙した方が良いのでしょうけどね。










今回問題となっているのは、JR横須賀線の武蔵小杉―西大井間を運転中にたばこを吸っていた運転士がいたそうです。











Yokosuka_01.JPG
フリー画像からお借りしました











乗客から駅員に「運転席からたばこの臭いがした」と指摘があり発覚したとうことです。










その運転士(55)は、「乗務が長時間で我慢できなかった。数年前から乗客の少ない夜間を選んで吸っていた」と話しているというのです。









しかし、運転士は55歳ですからね、数年前から乗務中に喫煙していたという事ですが、数年前から急に我慢が出来なくなった訳ではないのでしょうから、かなり以前から乗務中に喫煙していたのだと思います。









車を運転中に喫煙すること自体危険なのですから、まして多くの人命を預かっている列車の運転士ですからね、単なるルール違反で済ませる訳にはいきませんよね。










他の運転士さん(仲間)に申し訳ないという気持ちがあれば、乗務中に喫煙をするような行為はできないはずです。









もしかしたら、他にも同様の行為をしている運転士さんがいるのでしょうか?









以前は、東海道新幹線の運転室内で電子タバコを20歳代の男性車掌が吸っていたという記事を書いたことがありました。「こちらです









同社では乗務中の喫煙は禁止していることから、「厳正に処分する」ということです。










スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(190) 
共通テーマ:日記・雑感