So-net無料ブログ作成
2017年11月 | 2017年12月 |- ブログトップ
前の10件 | -

秋田・「本物のなまはげ」募集中! [気になる情報]

スポンサードリンク





秋田県の男鹿地方を中心として、大晦日に「なまはげ」が家々を回る風習があることは有名ですよね^^








地元の青年たちが扮した「なまはげ」が大みそかの夜間、集落ごとに家々を回る伝統行事です。









秋田経済新聞さんに「なまはげ」を募集しているという記事が載っていましたので、今日の話題にしようと思います。










なまはげ.png
フリー画像からお借りしました










男鹿市観光協会(男鹿市)は、毎年12月31日に行われている国重要無形民俗文化財「男鹿のなまはげ」の体験参加者を募集しているそうです。









男鹿市観光協会では「実際のなまはげ行事に参加できる初めての試み。見るだけもできるので、家族や友人同士で男鹿の文化を体感いただければ」と話しているそうです。









「なまはげ」を動画で観たことがあいますが、すごい迫力ですよね~









あんなのがいきなり家に現れたら、大人だってビックリしちゃいます!









子供が泣いちゃうのは当たり前ですね^^









参加者は、「なまはげ」の所作や心構え、歴史などについて説明を受けた









地元の青年たちと一緒に「なまはげ」に扮して、「なまはげ伝説発祥の地」とされる門前地区の10~15軒の家々を回るということです。









以下が参加条件です。


先ず、行事の趣旨や文化や作法、そして理念を理解することなどが必要だそうです。


開催時間は15時~20時30分。


体験料は1万円(宿泊と2食付き)と、6,000円(宿泊・朝食付き)。


予約締め切りは今月22日です。


お問い合わせは「汐瀬(しおせ)旅館」(同、TEL 0185-27-2711)までご連絡ください。









スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(180) 
共通テーマ:日記・雑感

「賞味期限」「産地の表示」騙されていませんか?(まとめ) [気になる情報]

スポンサードリンク






今回は、週刊SPAさん掲載の記事『「食品偽装」に騙されない方法』からの抜粋です。










その記事の検証はしていないのですが、ご参考にしていただけると思います。









<卵>
卵.jpg

☆賞味期限しか記載されていない卵は、同じ賞味期限でも、採卵日が記載された卵よりも前に採卵された可能性が高い。

☆採卵日と賞味期限が記載されている卵は、採卵したその日にパック詰めされており、売り場でもその点を強くアピールしている。




<漬物>
お漬物.jpg

☆「国産」とは言わずに「純日本品質」と謳っている例も。消費者としては間違いなく国産だと思い込むであろう表示だ。

☆原材料表示で「きゅうり(中国)、だいこん(国産)」となっている場合、キュウリが先に書かれているので中国産の原材料のほうが多いとわかる。




<納豆>
納豆.jpg
フリー画像からお借りしました

☆国産大豆を使用しているものはパッケージでも強くアピールしている。




<魚>
うなご.jpg
フリー画像からお借りしました

☆08年、ブランド鰻の産地・愛知県一色町漁業協同組合は、同県の岡崎市一色町の住所を記載して台湾育ちの鰻を一色鰻として出荷していた。




<ワイン>
ワイン.jpg
フリー画像からお借りしました

☆日本ワイン
国産ブドウ100%を使用して国内で製造されたワインを「日本ワイン」と呼ぶ。
近年、勝沼を筆頭に国内のワイナリーも品質向上の努力を重ねているため「日本ワイン」はブランド力を強めている。




☆国産ワイン
海外から輸入したブドウ濃縮果汁やバルクワインを使用して国内で製造されたワイン。
以前は「日本ワイン」の呼称で売られていたが、粗悪品も多く、日本ワインのブランドを毀損するために、’15年からは呼び方が区別された。




☆酸化防止剤無添加ワイン
酸化防止剤である亜硫酸塩を添加していない。
酸化防止剤は体に悪いイメージが強いが、少量使う分には人体に害は全くなく、品質を保持するために必要不可欠。ただ、品質管理を簡略化するために大量使用すると味わいが落ちる。




☆自然派ワイン
化学肥料、農薬を3~4年間以上使用していない畑で栽培されたブドウで造られ、醸造時は極力亜硫酸塩(酸化防止となるが、使用量次第でワインの味をつかさどる微生物や酵母を殺してしまう)の使用を避け天然酵母で造ったワイン。









しかし、巧妙に法律に触れないように消費者を騙す手口が分かったような気がしませんか?









聞こえがいい表示に騙されてはいけないということ、紛らわしい表示には要注意ということのようです。








そして、相場よりも著しく安価の商品の場合は、とりあえず疑ってみた方が良さそうですね^^










スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(180) 
共通テーマ:日記・雑感

「賞味期限」「産地の表示」騙されていませんか?(3) [気になる情報]

スポンサードリンク





今日はワインの[偽装表示]について書いてみますね。










ワイン.jpg
フリー画像からお借りしました










「国産ワイン」と「日本ワイン」の違いってご存知ですか?









日刊SPAさんの記事によると、ワインにまつわるグレーな表示にもご注意なんだそうですよ。









最近は、家飲みの需要が高まっているそうですが、ワインも購入時に知っておいたほうがよいポイントがあるということです。









「フルボトル500円程度で『おいしい無添加国産ワイン』などの謳い文句で販売されているワインには2つのウソがあるそうです。









まず、『国産ワイン』と『日本ワイン』は似て非なるものだそうです。









国産ブドウ100%を使用して国内製造されたワインが『日本ワイン』です。









海外から輸入した濃縮ブドウ果汁やバルクワイン(150ℓ以上の大容器に入ったワイン)を使用して国内で製造されたワインが『国産ワイン』と表示されるそうです。










そして、この『国産ワイン』の原料となる濃縮ブドウ果汁やバルクワインは、そのほとんどが化学肥料や農薬まみれで育てられたブドウだというんです。









なお、濃縮ブドウ果汁は、水で薄めてから発酵させてワインに仕上げるそうですよ。










そしてこうしたワインを「無添加」「酸化防止剤無添加」と謳って販売するのだといいます。









ここでいう「無添加」はあくまで『酸化防止剤無添加』という意味で、農薬や化学肥料を使っていないという意味ではないのです。









『酸化防止剤無添加』というのも日本での製造段階で酸化防止剤を添加していないという意味と考えられ、輸入前の段階で使用されていないことまでは保証していないよいうことです。









農薬や化学肥料を使わない「自然派ワイン」なら安心だと思いますか?










フランスを中心に各地で造られている自然派ワインは各国に認証団体があり、例えばEU法では3年間以上ブドウ畑で農薬や化学肥料を使っていないことなどが認められると自然派有機ワインとして認証されるそうです。









ただ、農薬や化学肥料を使わずに品質を保つのは非常に難しく、ブドウ畑で農薬や化学肥料を使わない代わりにワインの醸造時に酸化防止剤を大なり小なり使用し、本来の自然派ワインの風味を落としてでも認証を取ろうとするメーカーもあるのだそうです。









酷いですね~!完全なだまし表示ですね。









私たち消費者は、手玉に取られているようですね。









聞こえがいい表示には、騙されてはいけない(要注意)ということなんですね。









明日は、まとめ記事を書きたいと思います。










スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(188) 
共通テーマ:日記・雑感

「賞味期限」「産地の表示」騙されていませんか?(2) [気になる情報]

スポンサードリンク





今日は、「産地」について書いてみたいと思います。










産地の表示は、実は抜け穴だらけだったんです!










日刊SPAさんの記事によると、原材料の半分以上が国産なら国産と謳って良いということです。











お漬物.jpg
フリー画像からお借りしました










漬物のような加工食品だと、キュウリ、ニンジン、大根など数種類の野菜が入っていることが多いですよね。









このような場合、例えば国産のキュウリが原材料の51%を占める場合は、キュウリのみの表示が必要でニンジンと大根が外国産でも産地を表示しなくても問題がないそうです。










今年9月に改正された原料原産地表示制度では『国別重量表示』(2か国以上の産地の原材料を使用している場合、使用量が多い順に国名を記載する)が望ましいとされていますが、一番多い原材料以外は原産国を表示する義務はないということです。










製品裏側の原材料表示をきちんと確認すれば外国産と記載してあるそうですが、表側のパッケージからは外国産とはわかりづらい商品も多いようです










代表的な例としては、「本場水戸の納豆」と謳っていてもカナダやアメリカ産の大豆を日本で加工しているということがほとんどだそうです。










記事には、「日本は大豆の90%を輸入しているので当たり前なんですけどね」とありました^^










確かに、原材料を海外から輸入することは日本の食品事情を考えるとしょうがないことですよね。










加工食品については、せめて国内製造の食品を購入したいと思っていますので、明確な表示をしてもらいたいですね。









スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(189) 
共通テーマ:日記・雑感

「賞味期限」「産地の表示」騙されていませんか?(1) [気になる情報]

スポンサードリンク





何時になっても「偽装表示」無くなりませんね~









今年、日本の鉄鋼業界を支えた神戸製鋼の強度品質表示の偽装が明らかになっています。









同社は、かなり古い時期から不正があったということです。









10年前から改ざんが続いているケースも確認されたそうです。










アルミ・銅事業でも、タイやマレーシア、中国、国内のグループ会社五社が製造した計五製品で不正がありました。









驚いたことに、東京電力福島第二原発へ納入された銅合金の配管もあったそうです。









東電は「未使用で、発電所の安全に問題はない」としているそうですが、同社の信頼は地に落ちたと感じました。










信用のできない企業とは取引はできませんからね。










ところで、私たちの身近な所でも「偽装表示」が行われているようです。










食品の「賞味期限」「産地の表示」の虚偽表示や法の抜け穴を突いた騙し表示があるそうなんです。










日刊SPAさんに『「食品偽装」にダマされない方法』という記事がありましたので、紹介しますね^^








先ず、「消費者が最も気にする賞味期限のカラクリについては、卵を例にとってみるとわかりやすいそうです。










卵.jpg
フリー画像からお借りしました









買い物に行って数種類の卵を見比べてみてみると、「賞味期限しか表示していない商品」と、「採卵日と賞味期限の両方」を表示している商品があるんですね










通常卵の賞味期限は製造日から14日後で、採卵日と賞味期限両方を記載した商品は、採卵日の14日後が賞味期限となっているといいます。










賞味期限しか表示されていない商品は、いつ採卵されたかわからないんです。










採卵日をわざわざ記載しない、ということは、14日以上前に採卵されたものにもかかわらず、パックに詰めた『製造日』の14日後を賞味期限として表示している可能性が高いということです。










法律上では、採卵したその日にパック詰めしようと、採卵して数日後にパック詰めしようと、最終加工日が『製造日』と見なされるので違法ではないそうです。









今まで買い物に行っても気にしたこともありませんでした。










国産は安心というイメージがありましたが、どうも神話に近づいてきているのかもしれませんね。










こうした製造日の「調整表示」はほかの商品でも行われているといいます。









ということで、私たちの身近な食品の表示に潜む罠について記事を書いてみたいと思っています。









スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(205) 
共通テーマ:日記・雑感

「加熱式たばこ」にも罰則や増税 [最近のニュースから]

スポンサードリンク





愛煙家の皆さんにとって、厳しい世の中になってきましたね。









ルール違反者への罰則やさらなる増税など、禁煙のきっかけとなる環境が整いつつあるようです。









増税については、自民党税制調査会は先月28日、2018年度税制改正に向け、非公式の幹部会合を開き、たばこ税を引き上げる方針で一致しているようです。









時期的には、最短で18年度にも増税となる見通しです。









そして、紙巻きたばこの代用品とされ税額が低く、市場が急速に拡大している「加熱式たばこ」についても増税の方針だということです。









紙巻きたばこも加熱式煙草も、近い将来増税になるのでしょうね。









次に罰則についてですが、厚生労働省は今年3月に受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案の原案を公表しています。









受動喫煙対策を巡っては、店舗面積30平方メートル以下のバーやスナックを除いて原則禁煙とする厚労省と、「分煙」「喫煙」を店頭に掲げれば面積150平方メートル以下の店には喫煙を認めるよう求める自民党が対立している状態です。









自民党内の「何処でも煙草吸いたい族」の大先生方が反対をしているようですが^^









受動喫煙対策を早急に推し進めなければならない背景には、2020年に東京五輪・パラリンピックが開催されるためですね。









東京都は「世界から後れを取るわけにはいかない」と、条例案を独自にまとめ、来年2月の都議会定例会に提出する方針だということです。









その条例には加熱式煙草も規制の対象になっているそうです。









都が9~10月に意見公募行ったそうですが、寄せられた約1万7000件の意見のうち「加熱式は対象から外すべきだ」という反対の声が2000件以上もありました。









意見公募がどのような条件で行われたのかは不明です。









問題とされているのは、加熱式煙草が出す蒸気のリスクが国内では十分に検証されていないことです。









加熱式煙草を販売する業者の分析では、蒸気は紙巻きの煙に比べ、有害成分の量が平均で約9割低減されたということです。









日本たばこ産業(JT)も「健康懸念物質はほとんど含まれない。紙巻きと同様に議論されるべきではない」ということです。









しかし、日本禁煙学会は「加熱式も認めるわけにはいかない」として、「従来のたばことほぼ同様の発がん性物質を発する」とのスイスの研究チームの分析結果を紹介しているのです。








厚労省案の見解としては「健康影響への知見が十分でない」とし、「規制対象に含めた上で、健康被害が明らかでないものを政令で除外可能にする」としているようです。









さて、2020年に東京五輪・パラリンピックは世界中からお客様が我が国へいらっしゃるということを忘れてはいけませんね。









加熱式煙草の健康被害がゼロではないのですから、煙草としての規制に含むべきではないでしょうか。











禁煙4.png
フリー画像からお借りしました










既に私たちの吸っている空気は十分に有害物質に汚染されているのだから、煙草の煙ぐらい気にしなくても~!なんて方もいらっしゃるのでしょうけれどもね^^










スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(204) 
共通テーマ:日記・雑感

全国一斉の飲酒運転取り締まり [最近のニュースから]

スポンサードリンク





さっ!忘年会シーズン到来ですね^^









お酒を飲んでの失敗、経験はありませんか?









私は、少なからずあるんですよね。









お酒は弱いのですが、好きなんです^^









そこで、同じ失敗でも絶対にしてはいけないことが「飲酒運転」です。









そんなこと、当たり前だろう~って仰る方もいるでしょうが、お酒を飲んで車ハンドルを握る人が沢山いるようです。









先日、飲酒運転による事故を減らそうと、全国で一斉に飲酒運転の取り締まりが行われました。










北海道では、取り締りが12月1日夜から2日にかけ、道内の主要幹線道路など、159か所で一斉に行われたそうです。









北海道警察によると、1日からの取り締まりで飲酒運転が5件検挙されています。









大阪では420人体制で、主要幹線道路など80ヵ所で飲酒検問が実施されました。









今回の取り締まりで、7件の飲酒運転を検挙したということで、基準値未満のアルコールを検出し、警告をしたケースも8件あったそうです。









山口県内では幹線道路沿いや繁華街など、42か所160人態勢で行われました。









今回の一斉取り締まりでは、1人が酒気帯び運転で摘発されたそうです。









熊本では、1日夜から2日未明にかけて33か所でおよそ270人の警察官が取締りにあたったそうです。









今回の取り締まりの結果、県内では飲酒運転で6人が検挙されています。









福岡県内で行われた取り締まりでは、飲酒運転が相次ぎ、男5人が酒気帯び運転などの現行犯で逮捕されています。









毎年、飲酒運転による交通事故が繰り返されています。









そんな愚か者が後を絶ちません。










あの「福岡海の中道大橋飲酒運転事故」を覚えていらっしゃいますか?











中道大橋.jpeg
フリー画像からお借りしました










平成18年(2006)に福岡市東区の海の中道大橋で、会社員の運転する乗用車が、飲酒運転をしていた当時福岡市職員の男(当時22歳)の乗用車に追突され博多湾に転落しました。









追突された会社員の車に同乗していた3児が死亡した交通事故です。









当時、これは事故ではなく「殺人事件」だと感じました









追突後、加害者の男は被害者を救助することもなく逃走しました。









加害者は、大量の水を飲むなど飲酒運転の隠ぺい工作をしていたという極めて悪質な事故でした。









加害者は自分の犯した失敗を後悔していると思いますが、いくら後悔しても失った命は戻ってはこないのです。









そして、その失敗の代償は身を以て償うしかありません。









運転代行、電車、タクシーなど、後悔をしないで済む手段はあるのですからね。









お酒を飲んでいなくても事故は起こります、飲酒をしていれば尚更ではないですか。









絶対に飲酒運転はしないでくださいね!










E9A3B2E985921jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました










スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(215) 
共通テーマ:日記・雑感

開戦の日「12月8日」 [最近のニュースから]

スポンサードリンク





多くの方が8月15日は「終戦記念日」とピントくると思うのですが、昨日12月8日は何の日?と聞かれて、76年前の12月8日に「太平洋戦争」が始まった日であると答えられる人はどれだけいるでしょうね。









真珠湾攻撃.jpg
フリー画像からお借りしました









昭和16年(1941)12月8日に日本軍がハワイ・オアフ島・真珠湾のアメリカ軍基地を奇襲攻撃し、3年6ケ月に及ぶ太平洋戦争(大東亜戦争)が勃発した日です。








映画にもなりました「トラトラトラ」をご覧になった方も多いのはないでしょうか。











とら.jpg
フリー画像からお借りしました










IBC岩手放送さんによると、昨日、岩手県盛岡市の中心部で、母親たちの団体が「赤紙」を模したビラを配って戦争への反対を訴えたそうです。









赤紙.jpg
フリー画像からお借りしました










召集令状.jpg
(召集令状)フリー画像からお借りしました










太平洋戦争を含む第二次世界大戦の犠牲者は、日本だけでも軍人、市民合わせて約310万人に上ると言われているそうです。









当日は、悲劇を二度と起こさないようにと呼びかけ、憲法9条改正に反対する署名を呼びかけたそうです。









その活動は、全国一斉に行われ、集まった署名は来年度、国会に提出されるということです。









昨年末に、安倍晋三首相とオバマ前米大統領が、攻撃で撃沈された戦艦アリゾナの上に浮かぶ記念館で献花が行われました。









退役軍人たちからは「和解が進んだことは素晴らしい」との声が上がったそうです。









しかし、戦争さえ始まらなかったら・・・。









お国のためにと命を投げ出した若者の死を無駄にしてはいけません。









愛する人、家族を残しどんなに無念だったことでしょう。









私たちが平和ボケをしている間に、良からぬ方向へ舵をきっているのかもしれません。









今こそ目をさまし、政治に目や耳を傾ける時期ではないでしょうか。









いつか来た道にならないように!









スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(189) 
共通テーマ:日記・雑感

「赤ちゃん 泣いてもいいよ!」^^ [気になる情報]

スポンサードリンク





読売新聞さんにこんな内容の記事が載っていましたので、今日の話題にしたいと思います。









「赤ちゃん 泣いてもいいよ!」???









女性向けの情報サイトを運営する「エキサイトさん」が昨年春から希望者に無料配布しているのが「笑顔の赤ちゃんのイラスト、そしてそう呼びかけるステッカー」だそうです。










赤ちゃんは泣くのが当たり前!そんな赤ちゃんの泣き声を、おおらかに受け止めようという動きが広がっているといいます。









ステッカーは、スマートフォンの裏側などにも貼り付けられるサイズで、これまでに約5万枚が配布されました。









朝日新聞さんの記事によると『発案したのは、同社のサイトに寄稿するなどしているエッセイストの 紫原明子さん。


15年ほど前、外出先で食事をしている時に長女が泣き出し、居合わせた客から「出て行って」と注意されたことがある。


それ以来、ぐずる子どもを焦って泣きやませようとする親を見かけると、「大丈夫だよ」と伝えたい気持ちに駆られるという。


「このステッカーで焦りや不安が軽くなればと思った」と話す』









私も電車の中で赤ちゃんを連れているお母さんと乗り合わせた時に、急に赤ちゃんが泣きだしてしまいお母さんは周囲の乗客にすまなそうに頭を何度も下げていました。










あかちゃん1.png
フリー画像からお借りしました









すると、近くにいた年配の女性がそのお母さんに話しかけ、赤ちゃんをあやし始めたんです。










お母さんの表情がだんだん変ってきました。









こちらまで、どういう訳かホットしてしまいました^^









しかし、「出て行って」はひどいですよね!









自分だって赤ちゃんの時があったんですからね。








エキサイト社が2016年に子育て中の親を対象に調査を行ったそうです。









『公共の場所で赤ちゃんが泣きやまずに困った経験を持つ人は約7割に上った。


玉川大教授の大豆生田啓友氏(保育学)は「困っている親に対し、直接声はかけられなくても、ステッカーなら思いを伝えやすい。


日本人に合った優しさの示し方ではないか」と話す』









みんなで、全国のお母さんを応援しませんか?









気にしなくても大丈夫ですよって言葉にできなくても、応援できるんです!









そのステッカーを貼って、優しい気持ちをお母さんたちに伝えましょうよ!ね^^










あかちゃん2.jpg
フリー画像からお借りしました









配布場所は、大手手芸用品店など約80店舗、プロジェクトのホームページで確認できます。

ホームページはこちらからどうぞ!^^







スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(201) 
共通テーマ:日記・雑感

焼肉店、ホルモンの大量焼き火災 [最近のニュースから]

スポンサードリンク





焼肉.png
フリー画像からお借りしました

焼肉屋さんでホルモン焼いて、店まで焼いてしまったというお話です。









焼肉でビール、これはたまりませんよね~^^









しかし、ちょっと注意が必要のようです。









名古屋の焼肉店で火災が発生したそうです。









火事があったのは、中区新栄の焼肉店「The・ホルモン・Naizouya」で、先月27日午後9時半ごろで、店舗1階から出火しました。









その火事でけが人はでなかったそうですが、店舗が全焼し、両隣の建物の一部にも被害があったようです。










火災の原因は、客が大量のホルモンを七輪の網の上で焼いた際に炎があがり、油の付いたダクトに燃え移って火事になったということです。










ホルモン.jpeg
フリー画像からお借りしました









火災を起こした客は「食べ放題の時間内に食べ切れるよう、ホルモンを一度に大量に焼いたら火がダクトに燃え移った」と話しているということです。









せっかく楽しい飲み会だったのに、とんでもないことになってしまいましたね。









調べてみましたら、焼肉屋さんの火災は珍しくないそうです。









多くのお店で使われている、煙が出ない、衣服等に匂いが付かない、店内もきれいに保たれる等から無煙ロースターを設置している焼肉店が増えているそうです。









その無煙ロースターから出火する火災が全国的に増加しているといいます。









発生した火災の原因を見ると、排煙ダクト内に火のついた肉片や炎(火の粉)が吸い込まれたことにより、排気ダクト内に付着していた油脂等に着火し出火するケースが多くみられるようです。









また壁内・床下の排気ダクトと木製の建築材とが接する等していたことにより、低温着火でダクト周囲から出火するケースもあるそうです。










低温着火とは、木材に熱が加わると含まれている水分が徐々に減少して炭化し、さらに熱が加えられると突然燃え上がる現象のことです。










ダクトの清掃業者によると、できれば毎年清掃をした方が良いそうですが、多くの店舗は8年くらい清掃をしていないといいます。










今回の火災は、短時間に大量のホルモンを焼いたことが原因となりましたが、ダクトの清掃をきちんとしていれば防げた火災なのでしょうね。









お店の経営も大変でしょうが、人命にもかかわることになるかもしれませんからね。









スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(196) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
2017年11月 |2017年12月 |- ブログトップ