So-net無料ブログ作成

納豆消費うなぎのぼり! [気になる情報]















納豆.jpg
フリー画像からお借りしました









納豆が苦手な方、意外に多いのではないでしょうか。








関西の方にはなじみが薄いと聞いたことがあります。








私も学生の頃に一人暮らしをするまでは、納豆が苦手でした。









食費を節約するために、手軽で栄養がある納豆を食べるようにしたんです。









納豆にはタンパク質やカルシウムが多く含まれているそうですから。









最近は夕食の時だけですが、毎日食べることにしています。









その納豆の売上が過去最高になっているそうです。









総務省の家計調査では、2016年の1世帯(2人以上)当りの納豆消費額は前年比5%増の3835円で、2017年1月〜9月も前年同期を2.5%上回っています。









都道府県庁所在地別の2016年の1世帯当りの消費額は水戸市が最多の5563円で、全国1位でした。









次に盛岡市の5562円、福島市の5388円となっています。









最も少なかったのは和歌山市1766円など、関西方面は少ないそうです。









しかし、大阪市など一部の地域では消費量が上向きになっているということです。









全国納豆共同組合連合会が調査したところ、









6月の調査では、週1回以上納豆を食べる人の割合は東北の75・6%に対し、近畿は48・8%、中四国は47・3%でした。









東日本沿岸では冬の休漁時の重要な備蓄食だったが、そうした伝統のない西日本ではにおいやネバネバした食感への苦手意識があるようです。









年代別では50代以上の64・7%に対し、20代は55・8%です。









全体として男性の割合は女性より低いようです。









以前より食べる頻度が増えた人の割合は20代が最高で、地域別では中部、関東の順で高かったということです。









数年前、納豆が極端に品薄になったことがありました。










買いに行っても納豆が売り切れの状態が続きました。









どうやら、納豆でダイエットなんて番組がテレビで放送されてからのようでした。









その時は一時的なものでしたが、今回の消費の伸びは健全なもののようです^^










健康の為にも良いですし、価格は手頃です。









それに保存も簡単なので、食べず嫌いの方、試してみては如何でしょうね^^















nice!(181)