So-net無料ブログ作成

正月料理の代表「雑煮」について [ちょっと調べてみました^^]












zouni2.jpg
フリー画像からお借りしました










まだチョット早いのですが、お正月には必ず食べるお雑煮を話題にしてみました。









お正月、殆どのご家庭で元旦ぐらいはお雑煮を召し上がるのではないでしょうか。









お雑煮は、室町時代に京都で生まれたそうで、江戸時代になり参勤交代により全国に広まったと言われています。









お雑煮には欠かせないお餅には、丸いお餅と四角いお餅がありますよね。










moti.jpg
フリー画像からお借りしました










そのお餅の形は、岐阜県の関ヶ原辺りを境にして違っているそうなんです。









東側のお雑煮はすまし汁に焼いた角餅を入れたもので、西側のお雑煮は丸餅を煮込んで作るのが主流のようです。









東側でお雑煮に味噌を使わないのは、おめでたい場に「みそをつける」して味噌を使わず、餅は敵をのす(討つ)という意味でのし餅(角餅)が好まれ、西側の丸餅には「円満に暮らせますようにとの願いが込められている」ということです。









お餅自体に工夫が凝らされている地域もあります。









高松市ではあん入りの丸餅、岩手県の釜石市ではくるみの醤油だれにつけて食べ、広島県では具にカキを入れるそうです。









また、鳥取県や島根県の出雲地方の雑煮は小豆の煮汁に煮た丸餅を入れるということですが、全国に様々なお雑煮があることが分かりました。









面白いことに、お正月にお餅を食べない「餅なし正月」を送る地方があるそうです。









理由としては、落人伝説、白蛇の言い伝え、そして餅つきの音で雪崩が起きたという伝承など由来はいろいろとあるようです。









ちなみに、私が子供の頃に食べたお雑煮は、焼かない角餅が入っていました。









ご近所でご馳走になったお雑煮には、焼いた角餅が入っていました。









地域の風習や家の習慣など、お雑煮は様々な形でお正月に食べられているようですね^^











zouni.jpg
フリー画像からお借りしました














nice!(163) 
共通テーマ:日記・雑感