So-net無料ブログ作成

「メタボ」油物はダメなの? [気になる情報]

メタボ.jpg










今日はメタボリックシンドロームや肥満について、私達が「太らない食事」だなんて思い込みをしていることについて、管理栄養士「足立香代子先生」の記事を拝見しましたので、その一部を紹介したいと思います。









まず、健康面を考えると洋食より和食、焼肉定食よりも焼きサバ定食と考えますよね。









メタボを気にして、食事は成るべく油物を避けている方が少なくないでしょう。









太りたくないのなら、やはりヘルシーな和食を選ぶこという考え方は間違えではないようです。









しかし、「太らない食事法」という観点から見ると、和食が必ずしも正解ではないそうです。









先ず、一番の誤解は「油物はメタボの根源、中性脂肪を増やして内蔵に脂肪を溜めやすい状態にする」それはNOだそうです。









むしろ、健康維持や太りにくい体質の体にするには、油脂を適度な量を摂取したほうが良いのです。









そもそも、中性脂肪が体内に蓄積される主な原因は「アルコールの摂取量が多い」「糖質が多い」という食生活にあるようです。









ですから、天ぷらやフライなどを朝昼晩と毎食食べるような人以外は、油脂によって中性脂肪の値が高くなることはないのです。









肥満を気にして、必要以上に油物を敬遠する必要はないということです。









健康維持や太りにくい体をつくるには、油脂をある程度しっかり取るほうが良いのです。









動物性の「脂」も植物性の「油」も、脂質と言われているものは、「炭水化物」「タンパク質」同様に大切なエネルギー源で、私達の体には必要なものです。









また、体内の脂質は「中性脂肪」「脂肪酸(遊離脂肪酸)」「コレステロール」「リン脂質」の4種類に分けられます。そして、それぞれが細胞のために活用されています。









中性脂肪や脂肪酸の多くは、エネルギーとして使われ、コレステロールやリン脂質は細胞膜の保護や形成に使われます。血液やホルモンの材料となり、脳の構成成分も60%が脂質です。









このように脂質は、細胞を元気にし、脳、神経、皮膚などを健やかに保つために欠かせない栄養素です。









栄養学から考えると、「アブラものは太る」と思い込み、脂も油もNGにしてしまう食べ方はお勧めできないそうです。










なかには、油脂を一切摂取しないというダイエットをしている方もいます。









極端にアブラものを減らした食生活は、細胞が活力を失い、抵抗力が落ちるといった健康面の弊害を招く恐れがあります。









髪がパサつく、肌がカサカサになるなど美容面の悪影響も考えられます。









「アブラ抜きダイエット」は、健康を損ねるだけでなく、太りやすい体をつくってしまうことにもなり逆効果だということです。









「太りにくい食事法」のためには、脂質や糖質に偏りがちなコンビニ食やファストフード、揚げ物を取り過ぎないように食生活を見直すことが大切です。










アブラと上手につき合うことを心がけてください。









ということでしたよ!^^









ちなみに、私の家では「オリーブオイル」や「亜麻仁油」を使用しています。









やはり、健康な体をつくるにはバランスの良い食事と適度な運動なのでしょうね^^












nice!(162) 
共通テーマ:日記・雑感

いざという時の為に「濡れた本を元通りにする方法」

今日も昨日に引き続きライフハッカーさん[日本語版]の記事を紹介したいと思います。









あまり使うことはないとは思いますが、水浸しになってしまった本を読めるようにする方法です











gf01a201503260000.jpg
フリー画像からお借りしました










先ず用意するものは、「大量のペーパータオル」「扇風機」「平らな板」「重し」そして少しの我慢だそうです。









ペーパータオルを数枚並べ、その上に濡れた本を置きます。









本の上にも数枚のペーパータオルを被せます。









次に、ペーパータオルに水分を吸収させるため、本を軽く押してください。









その後、その後に10ページ〜20ページ毎に新しいペーパータオルを2枚ずつ挟みます。









それから、再度優しく本を押します。









この作業中に注意することは、本を90度以上に開かないことです。









もし開いてしまうと、水分を含んでもろくなっている本の背表紙が破れてしまう危険性があるそうです。









その作業が終わったら、ペーパータオルを外し扇風機でページを乾かします。









その際のポイントは、大きめの扇風機で弱や微風、設定を低めにして乾かすことだそうです。









大体、一晩ほど風を当てておけば翌朝には乾きます。









最後に、2枚の板の間に本を挟み、その上に重しを乗せるそうです。









24時間から48時間そのままにしておけば新品同様に綺麗になるそうですよ!









もし、緊急事態で上記のような作業がすぐに出来ない場合、濡れた本をビニール袋に入れて冷凍しておき、状況が落ち着いてからその作業をしても良いそうです。









しかし、この様な作業をしなくて済むことが一番良いことなんですけどね^^












nice!(180) 
共通テーマ:日記・雑感

壁に穴を空けずにポスターなどを貼る方法!

先日、テレビ番組でも放送していたのですが、ネットにも同様の記事を(ライフハッカーさん)みつけましたので紹介したいと思います。










どなたかのお役に立てるかもしれません?^^









賃貸アパートなどにお住まいの方や壁に画びょうを刺すことに抵抗のある方におすすめです。









先ず、クリップとデーブ、そして磁石をご用意ください。









はじめに、壁の四隅にくる位置に、テープでクリップを貼り付けるそうです。











harikata.jpg
ライフハッカーさんの記事よりお借りしました










次にポスターを壁にあてがい、上から磁石を置いて、クリップと磁石でポスターをはさむようにするそうです。









これで完成です!









簡単ですし、ちょっとした工夫で賃貸アパートの退出時の修繕費用が節約できるかもしれませんね^^









よろしかったら、この方法を利用させてもらいましょうね!













nice!(177) 
共通テーマ:日記・雑感

美味しい新米と卵で大食い大会 [最近のニュースから]

香美町村岡区板仕野で今月21に地元のブランド米「とろかわの恋」の大食いを競う「卵かけご飯の大食い大会」が開かれました。










tamagokake.jpg
フリー画像からお借りしました











この大会は、12年ぶりに復活した但馬地方最大級の水車の「復活祭」の一環として開かれたそうです。









大会は地元住民が企画をしました。









新米の「とろかわの恋」に卵をかけた卵かけご飯を制限時間20分以内に何杯食べられるのかを競います。









大食い大会に参加したのは7人、新米は美味しいと好評だったそうです。










優勝したのは55歳の農協職員の男性でした。









結果は、卵かけご飯を5杯半だったということです。









商品は、勿論「とろかわの恋」でした。









新米のホカホカご飯に生卵、美味しかったでしょうね^^









早食い競争ではなく、ゆっくりと味わえたら美味しさが倍増したかも^^









でも、この様な地元住民による楽しい企画で町が盛り上がるのでしたらOKですね!









ちなみに、12年ぶりに復活した水車についてはこちらをご覧ください^^









香美町村岡区板仕野地区で、平成17年から止まったままだった水車小屋の水車が12年ぶりに復活し、21日に待望の「復活祭」が行われました。









水車(直径約2.7メートル)は但馬最大級。地元は3年後に水車を活用した観光振興を目指すということです。









水車小屋は平成5年、約1億1千万円をかけた「瀞川渓谷憩いの森」事業の中で整備されました。









観光施設として運営していた地元有志のグループが17年に解散して以後、水車は老朽化し、壊れたままになっていたということです。











水車.jpg
香美町観光協会さんのホームページよりお借りしました











「このまま水車がなくなるのは地元の大きな損失」と、ブランド米「とろかわの恋」を生産する田中春雄さん(69)らが中心になり、今年4月、「水車小屋の会」(10人)を発足させました。









水車小屋を拠点にした観光事業化を目的に水車を復活させることにしたそうです。









水車は当初の大小2連を大1連にして設置なおし、スギ材を使った水車が回る光景は、地元の新たな地域創生のシンボルになっているということです。
産経新聞さんの記事より










水車2.jpg
神戸新聞さんの記事よりお借りしました














nice!(162) 
共通テーマ:日記・雑感

出雲の佐香神社で「どぶろく」堪能! [気になる情報]

どぶろく1.jpeg









島根県出雲市にある佐香神社(松尾神社)で例祭「どぶろく祭り」が行なわれました。









同神社は「酒造りの神様」として崇敬を集めているそうで、年に1石(180リットル)以下の酒造りが許されており、神社の近くにある神田で酒米を作っているそうです。









その神田で収穫された米を使い、どぶろくを醸造しています。









そして、例祭では醸造安全祈願祭が行われたあとに、今年造られたどぶろくが氏子さんにふるまわれるそうです。









その後に一般の参拝客にもご神酒として授与されるそうですから、それ目当てに訪れる方もいらっしゃるのではないでしょうか。









神様の田んぼで作られたお米で造られたどぶろくなんですからね。









ご神酒飲んでみたいですね〜!









お酒の神様ですから、どんなご利益があるのでしょう?









お酒をいっぱい飲んでも悪酔いしない、そんなご利益だったら嬉しいのですが









ところで、どぶろくをご存じない方の為に「どぶろくとは?」ちょっとだけ解説したいと思います。









どぶろくとは、発酵させただけの白く濁った酒のことで、もろみ酒、濁り酒(にごりざけ)、濁酒(だくしゅ)、白馬(しろうま)ともいうそうです。


濁醪(だくろう)、どぶろくの転化とも言われるそうで、炊いた米に、米こうじや酒粕に残る酵母などを加えて発酵させることによって造られ、日本酒(清酒)の原型なのです。


同じように白濁しているお酒「どぶろく」と「にごり酒」ですが、酒造りの工程によって生じる違いのようですが、実は、日本酒の歴史を紐解いていくと、この2つの言葉にはさらに大きな違いがあるようです。


日本酒造りの工程のひとつに「上槽」と呼ばれる、醪(もろみ)を固体(=酒粕)と液体分(=原酒)にわける作業があります。


アルコール発酵によってできた醪を酒袋などに入れ、圧力をかけて搾っていくのですが、ここで目の粗い酒袋を使うことで醪の中の溶けきれていない米の固体部分が原酒の中に残ります。これが白濁のもとになるのです。


酒税法上、この「醪を固体と液体にわける」工程を経なければ、「清酒」を名乗ることはできません。この工程をせずに販売に出されるものを「どぶろく」と呼ぶ場合が多いのです。


この場合は清酒ではなく、「その他醸造酒」という扱いになります。


米の粒感がまるっと残っているようなものから滓酒や霞酒などの淡く濁った酒まで、日本酒の白濁の強弱はさまざまですが、「にごり酒」は、どぶろくを含め、白濁している日本酒すべてを指すことのできる言葉であるといえるでしょう。


どぶろくは「醪を個体と液体にわける」という工程を行わずに販売に出される酒を指しますが、歴史的には「豊作を祈願するための神聖な酒」という意味もあります。


飛鳥・奈良時代に行われていた豊作の祈願や収穫への感謝を示す場において、米から造った白濁酒を神様に捧げるという風習がありました。この酒を「どぶろく」と呼んでいたそうです。


また、酒が広く一般的に飲まれるようになると、自家用の酒を造って飲む家庭が増え始めました。


この酒も見た目の印象から「どぶろく」と呼ばれていました。


しかし、この自家醸造酒は1899年(明治32年)に国の政策によって完全に禁止されました。


現在、どぶろくの醸造が許可されているのは、飛弾の白川八幡神社などのどぶろくを用いた伝統的な神事を行ういくつかの神社に限られています。
SAKETIMES(サケタイムズ)さんより抜粋























nice!(155) 
共通テーマ:日記・雑感

子育ては女性の仕事? [日常の出来事]

家族.jpg
フリー画像からお借りしました










近年、男性の育児休暇の取得など、育児や家事が夫婦で分担さすることが当然という時代の流れを感じていたのですが、現実はそうではなさそうなんです。









総務省の調査によると、確かに男性の育児時間は増えてはいるんです。









夫が1日に育児にかける時間は、2011年が39分で現在は49分です。









5年間でわずか10分増えているだけだったんです。









信じられません!









もっと驚いたのが、妻の育児にかけている時間が夫より多い23分増、3時間45分になっていたことです。









更に、妻は仕事の時間も増えていました。









5年間で33分も増え、2時間2分だそうです。









安倍政権は、男性の育休取得や働き方改革を進めたはずでしたが、女性の現状は何ら改善はされておらず、働き詰めの状態になっていました。









家でも職場でもなんです。









「育児」「家事」「買い物」「看護介護」を合わせた家事育児の時間は、妻が7時間34分、夫は1時間23分です。









欧米では、夫の家事育児時間は一日あたり2時間半〜3時間だそうです。









一日の労働時間(家事育児関連と仕事)は、妻が9時間36分で夫は9時間5分でした。









「すべての女性が輝く社会づくり」?我が国の女性(母性)は、守られているとはいえませんね、









我が国の女性の収入、管理職の割合が諸外国とくらべても低いことは明らかです。









話を家庭内に戻しますね。









夫が趣味などの娯楽やテレビ、ラジオ、新聞、雑誌にかける時間は1時間16分で、育児にかける時間49分より長いようです。









もし、会社での拘束時間が短くなれば、帰宅してまで仕事をしなくてはならない状態が改善されたなら、今以上に子育てに時間をさけるようになるのかもしれません。









安易に、子育てに時間を割けないのは仕事があるから、そんな理由付をしている方が沢山いるのではないでしょうか。










仕事があるから〜!俺は家族のために働いているんだ〜!なんてね、しかし、本当に朝から晩まで仕事、その様な環境で仕事をしている方ばかりではなさそうです。









一部の男性は、「育児は女性の役目」という時代錯誤的な考え方役割分担意識が強く、時間があっても子供にかかわらず自分の趣味やテレビに向かっているのが現実のようです。








NHKのTV番組を観ていましたら、「フラリーマン」と言われている人たちがいるそうです。









仕事が終わってもフラフラと寄り道をして、自宅に真っ直ぐ帰らないお父さんたちのことなんだそうです。







その訳は、会社でのストレスを解消するためなのだそうです。









しかし、専業主婦の皆さんから言わせると、私たちはストレスがあってもフラフラして解消をしている時間もない!









ということなんですね^^









確かに、専業主婦のみなさんは子育てでストレスが溜まっても逃げ場がありませんし、共働きのご夫婦でご主人が「フラリーマン」では話になりませんよね!









何でもかんでも欧米に倣えとは言えませんが、少なくとも子育てについては日本人の男性の意識改革が必要ではないかと感じました。









とは言え、お母さん任せではなく、しっかりとご自身でも子育てをしていらっしゃるお父さんがいることも事実なんですが^^











titioya.jpg
フリー画像からお借りしました












nice!(164) 
共通テーマ:日記・雑感

福島の酒蔵 全国燗酒コンテスト最高金賞受賞! [気になる情報]

いきなりですが、選挙には行かれましたか?









選挙当日は、久しぶりに長靴を履いて出かけました。









普段なら避けて通る水溜りにバシャバシャ入りながら投票時に向かいました。









まるで子供みたいな気分で、自分でも可笑しくなりました^^









その晩は、NHKの開票速報を妻とみながら「原発は?「自衛隊は?」「改憲は?」みい〜んなどうなってしまうんだろう、なんて話をしていました。









民主党がバラけた結果、候補者の考え方も分かったような気がします。









当選する為だけに、それのみを目的として選挙をした人、有権者の為に主義主張を曲げずに選挙に臨んだ人、明暗が別れた方もいたのではないでしょうか。









今回の選挙で1つだけ良かった事!以前からこの人は絶対に議員でいてはいけないと思っていた人の一人が落選したこと









その人は、旧民主党政権の鳩山内閣で官房長官を務め、これまでに「民主党」「日本維新の会」「維新の党」「民進党」そして今回は「希望の党」と選挙の度に違う政党から出馬をした「政界の渡り鳥」として知られる松野頼久氏です









松野氏は、2012年に旧民主党を離党し、同年の衆院選は日本維新の会、2014年は維新の党から出馬し、いずれも今回敗北した自民党の木原氏に敗れ、比例で復活当選していました。









今回も同氏に破れたのですが、比例代表の九州ブロックでの復活当選はできませんでした。









案の定、正義感が強く、曲がったことの大嫌いな熊本の有権者に受け入れられなかったようですね。









まっ、こんな人沢山いるんですけど^^











あっ!ところで今日の話題は選挙の件ではなかったんです^^









今日の話題は、福島県の日本酒の蔵元さんを話題にしたかったんです。










酒.jpg
フリー画像からお借りしました











録画しておいた鬼平犯科帳を観ていたら鬼平が「酒は冷に限る!」と言っていたのですが、これからは熱燗が恋しくなる季節となります。









熱燗も美味しいですよね!^^









温めた日本酒の味わいを競う「全国燗(かん)酒コンテスト2017」で福島の蔵元さんが優秀な成績を収めました。









「お値打ちぬる燗部門」では、花春酒造さん(会津若松市)の「花春辛口純米酒」「花春濃醇純米酒」、奥の松酒造さん(二本松市)の「奥の松辛口原酒」。









「プレミアム燗酒部門」では、人気酒造さん(二本松市)の「人気一燗酒スペシャル」がそれぞれ最高金賞に輝きました。









「全国燗(かん)酒コンテスト2017」は、酒文化研究所などの主催で行われ、全国253社が参加したそうです。









そして過去最高の779点が出品され競い合いました。









また、フランスの一流ソムリエらが日本各地の日本酒550銘柄を審査する、フランスで初の日本酒コンテスト「Kura Master」では、「合わせ麹 木桶純米吟醸」「モダンクラシック純米大吟醸6」でプラチナ賞に次ぐ金賞に選ばれた人気酒造さん(福島県二本松市)が表彰されたそうです。









福島の蔵元さん、頑張っていますね~!^^









まだちょっと早いのですが、年末年始用に美味しい日本酒を用意しておきましょうね!^^










日本酒.jpg
フリー画像からお借りしました










花春酒造さん奥の松酒造さん、そして人気酒造さんの紹介はこちらをご覧くださいね^^














nice!(168) 
共通テーマ:日記・雑感

大西洋クロマグロ漁業枠拡大へ [気になる情報]

今日は、マグロの好きな方には良い話題なんです。









マグロはマグロでもクロマグロ(本マグロ)です。









クロマグロは、マグロ類の中でも最高級と言われています。









乱獲によって原料が激減していることは、切実な問題として国際的にも資源管理が課題となっているところです。









国際自然保護連合が絶滅危惧種として指定しています。









そのクロマグロ、「大西洋クロマグロ」の漁獲枠が拡大されるようです。









我が国やEU(欧州連合)などが参加している「大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)」の科学委員会が東大西洋•地中海でのクロマグロ漁獲枠を、現在の23000万トンを2020年までの3年間で5割拡大できるとしました。









これまでに実施した漁獲規制の結果、クロマグロの資源量が回復している為なんですね^^









先日も書きましたが、2007年以降欧州連合(EU)や日本が小型魚の原則的な漁獲禁止や漁獲枠の大幅な削減に踏み切った結果なんです。









正式に決定するのは、モロッコで11月に開かれるICCATの年次会合の場になります。









太平洋クロマグロについても、同様の措置を行うことで将来的に安定した漁業が行われるようになると良いですね。









そして、足りない分は近大の「近大まぐろ」に期待をしましょう!^^









kidai.jpg












nice!(186) 
共通テーマ:日記・雑感

秋田・「共同醸造酒」販売開始! [気になる情報]

酒.jpg
フリー画像からお借りしました










今年も秋田県内の蔵元さん5社でつくる「NEXT5」の共同醸造酒「THE HARVEST 2017」の販売が始まります。









中身が旨いのは当たり前のこと、ボトルのデザインにも凝っているんです。









昨年は、村上隆氏とのコラボ酒で陶器ボトル「Takashi Murakami ×NEXT5」を販売しています。









世界的な美術家の村上氏との連携で、1年ほど掛けて純米大吟醸酒を開発し、大好評となりました。









先行販売されたガラスボトル入り版は、ネットオークションでプレミアが付く程だったそうです。









今回、秋田「NEXT5」が共同開発した共同醸造酒第8弾は、建築士の田根剛氏がボトルデザインをしているそうです。










「NEXT5」の共同醸造酒「THE HARVEST 2017」1.jpg
blog「一酒一会」さんの記事よりお借りしました










今回の第8弾も期待できそうですよ!^^










日本酒.jpg
フリー画像からお借りしました








価格は8200円(720ミリリットル) お問い合わせ先は 福禄寿酒造さん
tel 018-852-4130まで









秋田市内の5社の若手蔵元さんでつくる秋田「NEXT5」を紹介させて頂きます。


新政酒造さん」(秋田市大町)


秋田醸造さん」(楢山登町)


栗林酒蔵さん」(美郷町)


福禄寿酒蔵さん」(五城目町)


山本さん」(八峰町)








日本酒研究会「NEXT5」さんは、秋田地酒をPRしようと2010年から活動してます。









秋田の若い蔵元さんたち、頼もしいですよね!^^











nice!(158) 
共通テーマ:日記・雑感

前橋・残念!動物愛護フェス「譲渡会」中止 [ペット]

みんなの経済ネットワークさん掲載の記事を紹介したいと思います。









毎年、前橋で開催されている「動物愛護フェス」についてなんです。









動物愛護フェスは、今年で8回目になるそうです。









開催会場は、前橋市の前橋公園(前橋市大手3)で今月22日(今日)開催予定です。









今年の「動物愛護フェスタinまえばし2017」では、恒例の犬猫の譲渡会は開かれないことになったのです。









譲渡会は、フェス当日に持ち込まれる犬や猫の里親探しなどを目的としていたそうですが、持ち込まれる子たちがどんどんと増えてしまい、生体検診が十分に出来なくなってしまったからだそうです。









また、前橋市保健所が同様の譲渡会を開いているからという理由です。









みんなの経済新聞ネットワークさんの記事によると、「前橋保健所は譲渡先を前橋市内在住者に限っていたが、2015年から県内に広げたことにより譲渡が進んだ。

保護数は減少傾向にあり、2015年度は犬343匹・猫185匹を保護し合計364匹を譲渡、昨年度は250匹・169匹、譲渡は229匹、殺処分はそれぞれ164匹、190匹だった。」ということです。









譲渡会の開催が成果を上げていることは喜ばしいことなのですが、殺処分が無くなったわけではないのです。









窓口は沢山あったほうが、救われる子たちも増えると思います。










犬4.png
フリー画像からお借りしました










フェスでは、前橋市保健所に参加するための譲渡講習会が行われるということです。









開催時間は10時〜15時で、ペットも入場できるそうですよ。









今日の前橋の天気が気になりますが、殺処分ゼロを目指してご尽力を頂きたいと思います。









家族1.png
フリー画像からお借りしました












nice!(145) 
共通テーマ:日記・雑感