So-net無料ブログ作成

お休みします [日常の出来事]

お早うございます。
妻の体調が悪く、昨日から大学病院で検査をしています。
今日も終日付き添いのため、記事を書く時間がないと思いますのでお休みをさせて頂きます^^

nice!(172) 
共通テーマ:日記・雑感

「分煙・空気清浄機」では受動喫煙防げない [気になる情報]

禁煙4.png
フリー画像からお借りしました










今月31日〜来月6日まで禁煙週間となっています。









受動喫煙について、厚生労働省が飲食店を原則禁煙とする法整備が進められています。









福井新聞さんの記事に、県内の禁煙専門医の記事が掲載されていましたので、紹介させて頂きたいと思います。









その禁煙の専門医によると、煙草の煙の粒子は非常に小さく、空気中に長時間滞留をするそうです。









厄介なことに喫煙者の吐く息にも30分以上にわたり有害物質が含まれているというのです。










更には、煙草を消した後でも有害物質は部屋の家具やカーテン、カーペット、私達の衣類や頭髪にも付着して残留するのです。










分煙や空気清浄機程度の対策では、受動喫煙を防ぐことは不可能だということなんです。










わが国で喫煙が原因とされる病気(癌、循環器疾患、呼吸器疾患)での死亡者は、毎年約13万人だそうです。










また、受動喫煙によって、亡くなっている方は1万5千人と推計されているそうです。











喫煙をされる方の中には、煙草を吸う権利があると仰る方がいます。










しかし、煙草の先から出る煙(副流煙)には発がん性物資やニコチン、タール、一酸化炭素なでの有害物質が、喫煙者が直接吸い込む主流煙の数倍も多く含まれていることを直視して頂きたいのです。










特に、小さな子供やペットの犬や猫は影響を受けやすいのですからね。










世界保健機関(WHO)によると、日本の受動喫煙対策のレベルはかなり低いようです。










五輪開催国では2008年の北京大会以降、何れも飲食店の屋内は禁煙としているようです。










国会議員で喫煙をされている先生方の中には、飲食店や公共の場所での全面禁煙の流れに的はずれな理屈をつけて反対を唱えている方がいます。










まさにバカ議員の集団、よくも恥ずかしくなく「分煙」なんて言えますよね。










世界は、そんな日本をどう見ているのでしょう。










わが国も、飲食店や公共性の高い場所では全面禁煙を望みます。










煙が吸いたければ、ご自宅の自室内でのみ吸って頂きたいと思います。














nice!(194) 
共通テーマ:日記・雑感

「ラピュタの島」がゴミだらけ! [最近のニュースから]

先日テレビを観ていましたら、ラピュタの島として人気のある和歌山県沖の「友ケ島」の海岸に沢山のゴミが漂着してというのです。








その漂着ゴミの映像がテレビで映し出されていましたが、酷い状況でした。










ゴミ.jpg
産経新聞さんの記事からお借りしました









その「友ケ島」とは、戦前に築かれた砲台の跡などがアニメ映像「天空の城ラピュタ」の舞台に似ていると話題になっている島です。









島7.jpg
フリー画像からお借りしました








島9.jpg
フリー画像からお借りしました








島1.jpg
フリー画像からお借りしました









島2.jpg
フリー画像からお借りしました









島3.jpg
フリー画像からお借りしました








島4.jpg
フリー画像からお借りしました










島5.jpg
フリー画像からお借りしました









島8.jpg
フリー画像からお借りしました









島6.jpg
フリー画像からお借りしました










島を訪れる観光客が年々増え続け、26年は3万7千人、27年は約5万7千人、28年は約6万7千人ということです。









また、島には1872年にイギリス人技師によって建造された灯台もあります。











灯台.jpg
出典:Wikipedia










現存している洋式灯台では6番目に古いもので、現在でも気象観測が行われているそうです。









今月の27日には、灯台の一般公開が行われ約540人の観光客が訪れています。









次回の公開は、11月頃に予定しているようです。









そんな素晴らしい島に、どうしてゴミが流れてくるのでしょう。









漂着ゴミの多くは、大阪や兵庫などの河川から大阪湾に流れ出て、海流に乗って島に流れついたようです。









島に流れついた漂着ゴミは、海岸部だけではなく浜風などの影響で、島の内陸部まで拡散しているそうです。









ボランティアによる清掃作業をしているそうですが、しばらく経つと元通りの漂着ゴミだらけになってしまうということです。









環境省によると、国内では年間推計約31〜58万トンのゴミが海岸に漂着しているそうです。









国内だけのゴミではなく、中国や朝鮮半島など海外からのゴミも多いことが分かっています。









やはり、ボランティアによる清掃活動を繰り返すしかなさそうですよね。









もちろんですが、行政や企業からの支援も必要だと思います。









「友ケ島」には行ったことがありませんが、美しい島のようですね!^^











nice!(210) 
共通テーマ:日記・雑感

カールおじさん さようなら! [気になる情報]

カール.jpg
フリー画像からお借りしました









あの明治さんの「カール」が中部地方以東での販売を終了するそうです。









「カール」の販売が始まったのは1968年です。









最近は、ポテト系のスナック人気が高く、販売が低迷していたそうです。









「カール」の販売が低迷していることが原因で、1990年代には190億円も売り上げていたそうですが、2015年には60億円程になっています。









残念ですが、致し方ないということなのでしょうね。









販売終了は今年の8月ということですから、9月からは店頭から消えてしまいます。









また、滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県以西の西日本地域では「カールチーズあじ」「カールうすあじ」のみ販売されるそうです。









私は、大人になってからも「カール」を食べていましたが、最近は買ったことがなかったんですよねぇ。









子供のころは「牛乳」や「コーラ」、大人(学生のころ)になってからは「ビール」のおつまみにして食べていました。









カール3.jpg
フリー画像からお借りしました









でも、どうして東日本は販売中止で、西日本は継続なんでしょうね???









西日本は売上が良かったのでしょうか?









明治さんによると、売上については特に地域のバラツキはなかったそうです。









「カール」の現状は全面的に販売を中止しなければならない状態だが、長期ブランドを存続する為に販売地域を西日本としたようです。










「カール」を生産している工場は「埼玉の坂戸」「静岡の藤枝」「大阪の高槻」「山形の上山」と、子会社の四国明治さんの「愛媛の松山」だそうです。










しかし、存続させる工場は四国明治さんの工場のみとすることから、物流を考慮して西日本での販売継続となったということです。










「カールおじさん」「カールぼうや」「おらが村キャラクター」は継続使用をするそうです。










カール2.JPG
フリー画像からお借りしました









東日本では「カール」を買えなくなりますが、西日本へ旅行にいった際のお土産として買えば良いのですからね!^^










西日本の皆さん!ポテチも美味しいんですが、「カール」のことも よろしくお願いします m(_ _)m










ちなみに、私は関東に住んでいるので、もう直ぐ「カール」とはさようならなんです。










カールおじさん1.jpg
フリー画像からお借りしました









来週買い物に行った時に、妻に買ってもらうことにします、最近はお菓子禁止中なんですけど^^









もしかしたら、売り上げが伸びれば東日本でも販売再開なんてこともあるかもしれませんよね!^^













nice!(192) 
共通テーマ:日記・雑感

カリフォルニア・保護された子猫がこんなに元気に! [最近のニュースから]

inuneko.png
フリー画像からお借りしました










やはり、私達人間が頑張らなきゃいけませんね!^^









ねとらぼさんの記事に、「Facebookに投稿されたビフォー・アフターの変わりようが話題を呼んでいます」という記事が掲載されていました。










こんな記事でした。









米カリフォルニア州で、瀨死の状態の子猫が保護されたそうです。









その子猫は、気道の感染症に侵され、鼻は詰まり目も開ける状態ではなかったそうです。









ご飯も食べていなかったのでしょう、骨と皮だけにやせ細り、栄養失調と脱水症状にもなっていました。









もし、あと1日保護が遅ければ危険な状態だったそうです。









可哀想に、よほど子猫は衰弱していたんですね。









その子猫を保護したのは、カリフォルニア州の動物保護グループ「ザ•オンタリオ•レスキュー」です。









子猫は、動物病院で治療を受けてご飯も食べさせてもらいました。









今は、一時的な里親さんに預けられているそうです。









保護された子猫は、自力でご飯が食べられるようになり、目もパッチリ開けるようになっています。









元気になって良かったですね^^









その子は、可愛い名前も付けてもらいました。









「ルルちゃん」です。









今は、里親募集中なんだそうですよ!









「ルルちゃん」は、運が良いので幸せな生活が待っていると思います。









ルルちゃんが保護された時の写真と元気になってからの写真だそうです。








ねこ1.jpg
ねとらぼさんの記事からお借りしました









ねこ4.jpg
ねとらぼさんの記事からお借りしました









ねこ3.jpg
ねとらぼさんの記事からお借りしました









ねこ2.jpg
ねとらぼさんの記事からお借りしました










日本でも、ボランティアでワンちゃんやネコちゃんの保護活動をしている方々が沢山いらっしゃいますね。









個人や団体、それに動物病院の先生たちです。









以前も取り上げた事があるのですが、ワンちゃんやネコちゃんたちに悲しい思いをさせない為にも、まず避妊手術は絶対に必要ですね。









そして、生まれてきた子達には幸せになってほしいですからね。









私達人間の自己満足でも良いと思うんです。









まず、良いと思うこと、出来ることをしなければいけませんね。









ワンちゃんやネコちゃん達ペットに、私達は多くの恩恵を受けていると思います。










安易な気持で、動物に接することは良くありませんね。









どんなに可愛いと思っても、最期まで責任が持てるのかを考えてから・・・ですよね^^











nice!(179) 
共通テーマ:日記・雑感

秋田・新定番お土産の商品名にビックリ! [気になる情報]

今日は、ちょっと変な話題になっちゃいました m(__)m









今朝、通勤電車に貼られている広告に、日本で一番売れている漢字ドリルと書いてありましたので、小学生の頃に毎朝漢字ドリルのテストがあったことを思い出しながら読んでたんです。









通勤時間帯なので、私の頭脳は殆ど寝ていますから、最初は気が付かなかったのです。









その漢字ドリルの名前が「うんこ漢字ドリル」と書いてあったんです。









その「うんこ漢字ドリル」は、子供が自分からやる気になる教材なんだとか。









その「うんこ」シリーズの学習教材を紹介しちゃいます!













img-example01.png









img-example02.png









img-example03.png









img-example04.png









img-example05.png









img-example06.png









ね、いっぱいあるでしょう^^









更に、もっと笑えるものを発見しました。









秋田県のお菓子メーカー「株式会社フルゥールさん」では、秋田の新定番のお土産として、凄い名前のお菓子を販売しています。









まず、手作りふ菓子「なまはげのう〇こ」










なまはげ.jpg
フリー画像からお借りしました









なまはげ2.jpg
ついでにこんなのも!フリー画像からお借りしました










更には、「あきた犬 運クッキー」だそうです。









そのクッキーは、渦巻状の形で茶色なんですよ。











秋田犬.jpg
フリー画像からお借りしました










どう見てもあれを連想してしまいますね。










運クッキーの「運」は、ラッキーという意味で、食べることで運が開ける、そんなお土産なんだそうです。










ちなみに、「目をつぶって食べて頂ければ何の変哲もないクッキーです!」ということでしたよ???^^










税別で350円です。










う〜ん! 遊び心の分かる方でしたら、ウケてくれるでしょうが、一般的なお土産としては買えないですよねぇ。










あっ!子供だったら喜びそうなんですけど。










出来れば「う〇こ」から離れて商品開発をして頂きたいと思いました^^









この会社の社長さん、そんな商品ばかり作っていたらお母さんに怒られちゃいますよね!^^









ど~しても食べてみたい方は、こちらからご購入くださいね!^^
「株式会社フルゥールさん」のホームページです。









最後に、「株式会社フルゥール」社長さんてどんな方なのかを調べてみましたら、とてもしっかりした経営者だったようです。大変失礼を致しました m(__)m









よろしかったら、こちらをご覧ください。
秋田商工会議所青年部のホームページです。












nice!(181) 
共通テーマ:日記・雑感

栃木・車椅子を押す「忠犬リリ」 [ペット]

栃木県の塩谷町に、忠犬がいるそうでなす。









朝日新聞デジタルさんに、飼い主さんを乗せた車椅子を押すワンちゃんの記事が載っていました。









そのお利口さんワンちゃんは、「リリ」というメス犬4歳です。









「リリ」という名前は、飼い主さんが「男はつらいよ」の大ファンで、最初は「寅」と名付けようとしたそうですが、奥様に女の子に「寅」はないでしょう!と反対されたことから寅さんのマドンナ役浅丘ルリ子さん演じる「リリ」となったようですよ^^









奥様のお陰で「寅」にならなくて良かったですね。









リリちゃんは、飼い主さんと自宅の周辺約1Kmをお散歩するのが日課になっています。









しかし、飼い主さんは20年程前の事故で脊髄を痛めており、3年程前からリリちゃんとの散歩が辛い時があるそうです。









そこで飼い主さんは、母親の使っていた車椅子を思い出しました。









リリちゃんとの散歩に車椅子で出かけることにしたんです。










りり4.jpg
朝日新聞デジタルさんの記事よりお借りしました










リリちゃんは、飼い主さんが乗った車椅子をすぐに押してくれるようになったそうです。










りり2.jpg
朝日新聞デジタルさんの記事よりお借りしました









リリ3.jpg
朝日新聞デジタルさんの記事よりお借りしました










でも、飼い主さんが車椅子に乗るのは、散歩の帰り道だけで自宅から50〜100メートルぐらい手前からなんです。









疲れて歩けなくなった時だけ、リリちゃんに「乗りたいんだけど、いいかな?」って聞くんだそうですよ。









地元では、車椅子を押すリリちゃんが話題になっているそうです。









リリちゃん、お利口さんですね~^^











nice!(192) 
共通テーマ:日記・雑感

自民・またしても大西議員失言(ヤジ)問題発覚! [最近のニュースから]

また、国会議員(毎度おなじみの大西大先生)の不適切な発言がありました。











大西.jpg
大西 英男
生年月日:1946年8月28日(70歳)
東京都江戸川区出身・國學院大学卒・江戸川区議会議長・東京都議会議員4期14年










その発言は、15日に受動喫煙を話し合う党の厚生労働部会で、がん患者の就労支援などを議論した際に「がん患者は働かなくていい」という発言(ヤジ)を飛ばしたのです。









三原じゅん子議員の発言に対して「働かなくていいんだよ!」というヤジだったようです。









大西議員は、22日に謝罪会見を開きましたが、上っ面だけの謝罪でした。









謝罪はするが、発言の撤回はしないということです。









大西議員は、受動喫煙に関して小規模零細飲食店は廃業や倒産の危機がある為に限定的に喫煙を認めるとの持論を展開し、飲食店の従業員が喫煙可能な店で働かなくて良いのではとの趣旨での発言だったとも。









受動喫煙対策を強化する法改正をめぐり、自民党が小規模飲食店は「分煙」などと表示すれば喫煙を認める妥協案をまとめています。









それは、飲食店を原則屋内禁煙とする厚労省案からは後退する内容になっています。









「望まない受動喫煙はなくす」、これでは従業員、学生のアルバイトをタバコの煙から守ることはできません。








どうも、受動喫煙対策に自民党だけの問題ではなく、与野党を超えた愛煙家が猛反発をしているようです。









愛煙家、タバコの生産者や販売者からすると全面禁煙には反対をしたいでしょうね。









しかし、タバコの煙は明らかに健康被害をもたらすのです。










禁煙.gif
フリー画像からお借りしました










そして、以前に記事にしたのですが、喫煙が世界経済に与えるコストは年間1兆億ドルを超えているそうです。









煙草の税収が2013〜2014年約2690億ドル(WHO推定)といいますから、喫煙によるコストの方がはるかに上回っているようです。









煙草が吸いたいからと、国民の健康被害を無視し全面禁煙に反対をする国会議員の皆さんには議員バッジを外して頂きたいですね。









特に、今回のバカ発言をした大西氏には国会議員の資格なしです。









自身のホームページには、こんな言い訳が掲載されていました。



『5月15日の厚生労働部会における私の発言の趣旨とがん患者・元患者の皆様へのお詫び
 

5月15日の厚生労働部会における私の発言の趣旨についてご説明いたします。


まず、私の発言で、がん患者や元がん患者の皆様のお気持ちを傷つけたことをお詫び申し上げます。


私は、喫煙所を置けない小規模零細飲食店の廃業や倒産の懸念から、「喫煙可・禁煙」の表示を厳格化することで、限定的に小規模飲食店に喫煙を認めるとの考えです。


今回の発言は、飲食店における従業員の方の受動喫煙の議論をするなかで、「(喫煙可能の店で無理して)働かなくていいのではないか」との趣旨で発言をいたしました。


その発言が、がん患者が働かなくてもいいという趣旨ではないことは、その後すぐに「そういうことは言ってないでしょ」と申し上げたことからもご理解いただけるものと思います。


しかし、がん患者や元患者の方の就労状況の厳しさを考えれば、私の発言の趣旨でもがん患者や元がん患者のお気持ちを深く傷つけたものとお詫び申し上げます。


そのうえで、がん患者や元患者の方の就労支援、再就職支援を充実させること、ハローワークなどの募集時には「喫煙可・禁煙」などを明示することなどの検討をすることが重要と考えています。


今後は、安倍内閣の掲げる働き方改革の「病気の治療と仕事を両立した働き方」をより実現できるように、私も取り組んでまいります。


重ねて、私の発言で、がん患者や元患者の皆様のお気持ちを傷つけ、議論を混乱させたことをお詫び申し上げます。
平成29年5月22日 衆議院議員 大西 英男』



『受動喫煙対策に関する私の考え方と5月15日の厚生労働部会について
衆議院議員 大西 英男
 

現在、法案の議論が行われている受動喫煙対策について私の考えを述べるとともに、5月15日の厚生労働部会における私の発言についてご説明いたします。


1.受動喫煙対策についての考え方
現在、屋内全面禁煙を掲げる厚生労働省提示案と、それを受けて修正提示された自民党案との間で、受動喫煙をどのような形で行うかの議論が進んでおります。


両案の大きな違いは、小規模飲食店の喫煙の可否についてどう扱うかにあると考えています。
これまでも日本は最高の分煙技術と喫煙マナーによって、受動喫煙対策に臨んできました。


しかし、厚生労働省の示す受動喫煙に伴う人体への影響を踏まえ、世界の潮流の中で2020年東京オリンピック・パラリンピックを前に、受動喫煙対策を現在より厳しくする点では、党内は一致しております。


そのうえで、原則屋内禁煙としつつ、どの程度の例外を認めるべきかがいままさに議論されています。


私は、喫煙所を設置できない面積の狭い零細な小規模飲食店においては、喫煙・禁煙の表示を厳格化することで、例外的に喫煙を認める自民党案がふさわしいと考えています。


屋内全面禁煙とした場合、小規模飲食店の倒産や廃業を憂慮するためです。


今後、どの範囲で例外を認めるか、飲食店の定義や面積、喫煙可・禁煙の表示の在り方については議論が進む中で、より詳細に決められていくものと考えています。


2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、主催都市である東京都が条例をもって、屋内全面禁煙とする国と異なる独自の条例を制定することは東京都の目指す道として素晴らしい事と考えています。


2.5月15日の厚生労働部会について
こうした中で、5月15日に開催された厚生労働部会において、「(がん患者は)働かなくていい」という発言を私が行ったのではないか、との質問がマスコミ各社からありました。


部会での三原議員とのやりとりの中で私が「(がん患者は)働かなくていい」と発言したとの取材でした。
 

はっきりと申し上げられることは、「(がん患者は)働かなければいい」という趣旨で発言を私は行っておらず、仮に三原議員がそのように受け取られたとしても、私自身がそういう趣旨で行った発言ではないことはその後すぐに「そういうことは言ってないでしょ」と反論していることからも明らかです。これは音声でも確認されていることです。


私は父母をがんで亡くしました。友人や知人にがんを克服し仕事に復帰している人、治療と仕事を両立している人が身近に多くいます。


そうした方々に敬意を持ち何か力になれないかと思うことはあっても、がん患者の皆様を差別しようなどという気持ちは頭の片隅にもありません。


そうした中で、私がご指摘のような趣旨で、「(がん患者は)働かなければいい」と発言をしたことは絶対にありません。


今回、私の発言が誤解を招き、混乱を呼んだことは私の不徳の致すところです。


日本の受動喫煙対策の大転換期にあって、今回のことを契機に議論が本筋と違う方向へと進むことは不本意であり、議論が本来の受動喫煙対策の在り方という本道に戻ることを望み、今後も受動喫煙対策の議論に取り組むことを申し上げます。』









こいつ、バカですね〜! 「読者の方々からのご批判を覚悟でこの表現をさせて頂きます」









益々怒りが込み上げてきました。









このバカ者、失言(ヤジ)常習男なんです。









指摘を受けると、最初は必ずシラを切る様です。









以前は、こんなヤジを飛ばして問題になっています。









2014年4月
衆議院総務委員会で、上西小百合議員)が、少子化対策について質問中に、「まず自分の子供を生まなきゃだめだぞ!」とセクハラヤジを飛ばしています。









2016年3月
選挙戦の応援に駆けつけた現地札幌で、地元神社の巫女に応援を依頼した際に「自民党は好きじゃない」と巫女に断られた。大西英男議員は、「巫女のくせになんだ!」と罵ったそうです。
その後、「巫女さんを誘って札幌の夜に説得しようと思った」という発言もあったようです。









等々、ね! 思い出して頂けましたか?









まともな人間ではなさそうです。









しかし、こんな人間が議員バッジをつけているんですから、有権者の責任も大ですよね。









本当に情けない!









昨日、党東京都連副会長を辞任する考えを、下村博文党都連会長に伝えたそうです。









大西氏は辞任の理由について「私の発言が来たるべき都議選にご迷惑をかけてもいけない」からだそうです。









この大西大先生は、東京都議会議員から国会議員になられたえら~い政治家なんですよね!










大西.jpg
大西 英男大先生









こんな者が、我が国の国会議員だなんて恥ずかしいですね、一日も早く消えて頂きたいです!










税金を無駄に使わせないでもらいたい。











nice!(186) 
共通テーマ:日記・雑感

栃木・有機栽培米で酒造り! [気になる情報]

日本酒.jpg
フリー画像からお借りしました








栃木県大田原市の天鷹酒造さんで、有機栽培で作った酒米を使い、日本酒を完成させました。









その日本酒は、全国新酒鑑評会で金賞を受賞しています。









酒名は「有機純米大吟醸」です。









有機栽培された酒米で造られた日本酒が、金賞を受賞するのは全国初の快挙ということです。









同蔵元さんでは、平成18年から有機栽培による日本酒造りをされています。









金賞を受賞した「有機純米大吟醸」は、有機栽培の酒米「山田錦」だけを原料として、圧力をかけて醪を搾るのではなく、自然に滴り落ちた雫だけを取る「雫取り」の技法が用いられているそうです。









水を加えない原酒は、雑味のないクリアな味と上品な香りが特徴だということです。









蔵元さんは海外にも目を向け、有機食品への関心の高い米国やEUにも輸出することのできる有機に「有機認証」も既に取得済みだそうです。









日本酒が美味しいということは、海外方も認識されているようです。









より一層興味を持って頂けるように、有機栽培の酒米に拘った酒造りは素晴らしいと思います。









海外の方にも、本当の本物の日本酒を沢山味わってほしいですね。









何処ぞの国でつくった、不味い偽物の日本酒(安かろう悪かろう)が出回っているそうですから。









本物は、安心安全、そして美味しいんですからね!^^











nice!(196) 
共通テーマ:日記・雑感

福島・復興応援「日本酒参議院」販売! [気になる情報]

日本酒.jpg
フリー画像からお借りしました










福島を舞台に、何だか面白そうな事が始まりましたよ!^^









参院が東日本大震災の復興を応援する為に、日本酒を販売するんだそうです。









販売される銘柄は「日本酒参議院」何だかそのまんまズバリの酒名ですね。









どうも、国会土産の一つにしたいようです。









「日本酒参議院」の中身は、福島の地酒が入っています。









福島県内の酒造組合加盟、21の蔵元さんの自慢の日本酒です。









各蔵元さんの酒が交代で使われるそうです。









これは、中身が代わる度に購入すれば、福島の地酒の飲み比べができちゃいますよね!









その「日本酒参議院」は、6月1日から参議院会館内の売店などで販売されるそうです。









どうせやるなら、衆参同時販売をしたら盛り上がりますよね。









東日本大震災の復興はまだまだです。









熊本地震からの復興もこれからですよね。









それに新潟糸魚川の大規模火災もありました。









被災した方々は必死で耐え頑張っていらっしゃいます。









被災地への応援、全然足りてないと思います。









被災した地域の特産品を利用することで、地場産業が活発に活動できるようになる事が一番良いことですね。









地元民の雇用の確保は、真っ先に取り組まなくてはならないことですからね。











nice!(191) 
共通テーマ:日記・雑感