So-net無料ブログ作成
検索選択

新潟・長岡の地酒をアピール「NAGAOKA 美酒めぐり」開催中! [気になる情報]

ご存知の通り、新潟と言えば米どころですね。







米俵.jpg
フリー画像からお借りしました







そして、うまい地酒が沢山あります。






酒.jpg
フリー画像からお借りしました






その新潟県の長岡市で、地元で造られている日本酒をアピールするイベント「NAGAOKA 美酒めぐり」が開催されています。







「NAGAOKA   美酒めぐり」.jpg
フリー画像からお借りしました







同イベントは2013年に始まり、今回で6回目になります。








主催しているのは「越後長岡」観光振興委員会です。








市内を中心とした飲食店34店舗が参加して開かれています。









「にいがた観光ナビさん」からお借りしました







参加している各店が、地酒と料理を組み合わせた「晩酌セット」として提供されています。








これまでの同イベントは、チケット制で期間は1~3ヶ月でした。








しかし、今年からは約1年と大幅に期間を延長しました。








出張で同地を訪れた人たちにも好評のようです。







出張.png
フリー画像からお借りしました






そして、5店舗以上廻った方にはオリジナルの「おちょこ」がもらえるスタンプラリーも行われているそうです。








既に20店舗を廻っている東京から来ている会社員の男性がいらっしゃるようですから、長岡の地酒の旨さや料理にはまってしまったんですね。








ところで、ちょっと調べてみたのですが、長岡には17の蔵元さんがあり県内で最も多いようです。








因みに、長岡方面に行かれる方がいらっしゃいましたら全蔵元さんの地酒を制覇されては如何でしょうか。








こちらが、長岡市の蔵元さんです。

久須美酒造さん(くすみしゅぞう)
新潟県 長岡市小島谷1537-2


美の川酒造さん(みのがわしゅぞう)
新潟県 長岡市
※こちらの蔵元さんは製造休止しているそうです。


お福酒造さん(おふくしゅぞう)
新潟県 長岡市横枕町606


河忠酒造さん(かわちゅうしゅぞう)
新潟県 長岡市脇野町1677番地


関原酒造さん(せきはらしゅぞう)
新潟県 長岡市関原町1-1029-1


諸橋酒造さん(もろはししゅぞう)
新潟県 長岡市北荷頃408


池浦酒造さん(いけうらしゅぞう)
新潟県 長岡市両高1538


栃倉酒造さん(とちくらしゅぞう)
新潟県 長岡市大積町1乙274-3

柏露酒造さん(はくろしゅぞう)
新潟県 長岡市十日町1927


高橋酒造さん(たかはししゅぞう)
新潟県 長岡市地蔵1-8-2


中川酒造さん(なかがわしゅぞう)
新潟県 長岡市脇野町2011


越銘醸さん(こしめいじょう)
新潟県 長岡市栃尾大町2-8


恩田酒造さん(おんだしゅぞう)
新潟県 長岡市六日市町1330


吉乃川さん(よしのがわ)
新潟県 長岡市摂田屋4-8-12


住乃井酒造さん(すみのいしゅぞう)
新潟県 長岡市吉崎581-1


長谷川酒造さん(はせがわしゅぞう)
新潟県 長岡市摂田屋2-7-28


朝日酒造さん(あさひしゅぞう)
新潟県 長岡市朝日880-1







長岡の地酒、ぜ~んぶ飲んでみたいですね~!(^-^)








「NAGAOKA 美酒めぐり」の開催期間:平成28年4月28日(木)から平成29年3月31日(金)まで(各店舗の定休日以外、毎日実施)

会場:長岡駅周辺の参加飲食店34店舗

お問い合わせ先:「越後長岡」観光振興委員会
長岡市観光企画課 TEL:0258-39-2344
長岡観光コンベンション協会 TEL:0258-32-1187
長岡商工会議所 TEL:0258-32-4500

nice!(228) 
共通テーマ:日記・雑感

衝撃!「水虫」が身近なペットから感染 [気になる情報]

ペットの「水虫」に気を付けてください!







ペット2.png
フリー画像からお借りしました







毎日新聞さんの記事にビックリです。








ペット由来の「水虫菌」が、人間に感染する事例が増えているそうなんです。







水虫1.jpeg
フリー画像からお借りしました







前回も「水虫」をテーマにした記事にも書いたのですが、「水虫」が頭皮に感染して脱毛することがあるそうです。
水虫テーマ1回目記事

水虫テーマ2回目記事







驚いたことに、その感染源が私たちの身近にいるペットというケースがあるようです。








殆どの方は「水虫」と言えば、私たち人間の足の指の間にできるものと思っていますよね。








最近では、爪にできる「水虫」も知られるようになりました。








その「水虫」が頭皮や頭髪にも感染して、その結果脱毛に至る症状を訴える患者さんが増えているそうです。








皮膚科の医師によると、今の時期(夏場)は皮膚科の外来は感染症の患者さんが増えるといいます。








そして、特に多いのが「水虫」の患者さんだそうですよ。








足の指や爪が「水虫」になってしまった患者さんが殆どのようですが、頭皮や頭髪から水虫菌が見つかるケースも珍しくないようです。








そして、最近では「水虫」の感染ルートがペット(動物)ということもあるというのです。








「水虫」は、水虫菌が感染して発症しますよね。








「水虫」は「白癬(はくせん)」という感染症です。








その原因となるのが、「皮膚糸状菌」というカビの1つで一般的には「白癬菌」とも言われています。








「頭の水虫」は頭に「皮膚糸状菌」が寄生したもので、「頭部白癬」が正式名称です、昔は「シラクモ」と言われていたそうです。








「白癬」を起こす「皮膚糸状菌」は世界中で40種類以上あり、感染ルートは「人から人」だけではなく、「動物から人」への感染もあるのです。








頭部に水虫菌が寄生すると、ふけが増えて、髪の毛が折れ抜けやすくなり、局部的な「脱毛巣」ができます。








注意しなければならないのは、頭部白癬は症状が進行すると強い炎症が起こり、脱毛巣が化膿(かのう)しておできのようになることがあるそうです。








このような状態を放置すると硬い傷跡になり、再び発毛することはほとんどなくなるそうです。








★タオルやブラシの共用は要注意★

「皮膚糸状菌」は、皮膚、爪、毛などにあるケラチンというたんぱく質を栄養とし、高温多湿の環境で生育、増殖します。







そのため、風呂やプールのマットのように、皮膚が直接接し、かつ湿りやすいものが感染経路になってしまうのです。







一般な「水虫」予防対策としては、これらを共用しないことが基本です。







そして、「頭部白癬」の予防のためには髪を乾かすタオルやブラシの共用も避けるようにしてください。







万が一、ペット由来の感染である場合は、ペットも治療が済むまで接触しないようにしなければなりません。







「水虫」は人から人へ感染するだけではありませんので、怖いのは「動物からの感染」ですね。








家族の一員であるワンちゃんやネコちゃんたちの一層の健康管理も必要ではないでしょうか。







ペット.png
フリー画像からお借りしました






そして、もしご家族に「水虫」の方がいらっしゃいましたら、「早期治療」をしてくださいね。







足1.jpeg
フリー画像からお借りしました








前回のブログにも書きましたが、「水虫」は怖い病気なので自分だけの問題ではないこともご理解頂きたいと思います。







「水虫」治療、どうせ治らないからとあきらめている方、
「私の身近な人が水虫を完治した治療方法」をお試しください。









ご家族にワンちゃんやネコちゃんのいらっしゃる方、宜しければこちらをご覧ください。







ペット5.png
フリー画像からお借りしました







お役に立つことがあるかもしれません。







犬などの「白癬」は、感染すると、患部が円形脱毛を起こし、フケが出るようになります。







かゆみがあまり強くないタイプの皮膚病だそうで、脱毛が少ない初期の段階では飼い主は気づきにくいということです。







同居している「動物」がいる場合、感染がどんどん広がってしまうため、犬に「白癬」の症状が見られたら、すぐに隔離して獣医さんに相談してください。







犬などが「皮膚糸状菌」に感染している動物と接触したり、土遊びをしたりしているときなどに感染するそうです。







また、直接的な接触がなくても、床に落ちている「皮膚糸状菌」が付着した感染動物のフケやかさぶたから感染する可能性もあるようです。








犬など「白癬」には、子犬や高齢犬、免疫力の落ちた犬などががかかりやすい傾向にあるそうですから人間と同じなんですね。








多頭飼育の場合、1頭がかかると感染が広まりやすいので注意をしてください。








犬などが「白癬」を発症すると、感染部に以下のような症状が現れるそうです。

1、円形に脱毛する


2、かさぶたができる


3、フケが出る


4かゆみがある








かゆみはそれほど強くないそうですが、症状は頭や顔、四肢や足先、しっぽによく現れるようです








対策としては、獣医さんによる「抗真菌薬の内服や外用薬」で治療を行います。







獣医さん.png
フリー画像からお借りしました







「抗真菌薬入りのシャンプー」で犬などの体を洗うのも効果的のようです。






ペット4.png
フリー画像からお借りしました







犬などの「白癬」は、放置していても2ヶ月半から3ヶ月程度で自然治癒することもあるそうです。







しかし、「白癬」を発症している間は、感染性のある「フケ」などを周囲に散らすことになるため、やはり早期治療は必要と考えてください。








犬などの「白癬」を予防するには、まず感染動物との接触を避けることが一番大切です。








毎日のブラッシングをするなどして犬などと触れ合うことで、万が一感染・発症してもすぐに異変に気づくことができます。








これは、既に皆様のご家庭でもされていることですよね。








もしも感染が明らかになった場合には、犬などの生活環境をこまめに掃除し、薄めた次亜塩素酸ナトリウムで消毒します。







掃除2.png
フリー画像からお借りしました







とにかく清潔にしてくださいね。







掃除3.jpg
フリー画像からお借りしました






「生活環境を」なんて書きましたが、きっと家中が対象になるのではないでしょうか。







掃除4.jpg
フリー画像からお借りしました







もう一つ、「皮膚糸状菌」は、温度15℃以上、湿度70%以上の環境で増殖しやすくなるので、この時期(梅雨の時期)は要注意ですね。








シャンプー後も似たような条件になるため、すぐにドライヤーで全身をしっかり乾かしてあげることが大切です。







★動物の白癬は「人獣共通」感染症★

動物の「白癬」は人にも感染する人「獣共通」感染症です。







人の場合も免疫力が低下している状態で感染しやすく、頭部に感染した場合は、動物同様、感染部位に脱毛が起こり、フケがでるようになります。







動物に触ったら手を洗う習慣を!動物が行き来する部屋を定期的に掃除するだけでも予防になるそうですよ。






ペット3.png
フリー画像からお借りしました







ご心配の方は、一度、獣医さんにご相談されても良いのではないでしょうか。







獣医さん.png
フリー画像からお借りしました







もし、ご家族で「水虫」になってしまった方がいらっしゃいましたら、こちら
「私の身近な人が水虫を完治した治療方法」をお勧めしたいと思います。







水虫テーマ1回目記事


水虫テーマ2回目記事








「私の身近な人が水虫を完治した治療方法」



nice!(261) 
共通テーマ:日記・雑感

「稲川怪談ワールド・グランプリ」一番怖い話は? [気になる情報]

今年も稲川さんの季節がやって来ました。







稲川淳二.jpg
フリー画像からお借りしました







8月13日に秋葉原アトレで、稲川淳二さんが審査員委員長をつとめる「稲川怪談ワールド・グランプリ」が開催されます。







このイベントは、世界中の怖い話を競い合います。








出場資格は、「背筋が凍る、恐怖の体験談を語れる日本人、そして日本在住の外国人の方」です。








日本の怪談話だけでも十分怖いのですが、世界中の怖い話が集結しるのですから、ワクワクしちゃいますね。








同イベントに応募を希望される方は、7月23日までにお手続きをしてください。








応募はこちらから!(^-^)
稲川順二さんのオフィシャルサイト








因みに同イベントが開催される8月13日は、稲川淳二さんを記念して制定された「怪談の日」なんだそうです。








どんな恐怖体験が聞けるのでしょうね、怖いな 怖いな~!








稲川淳二2.jpg
フリー画像からお借りしました























nice!(195) 
共通テーマ:日記・雑感

乗鞍岳「越冬酒」蔵出し [気になる情報]

いよいよ、今月11日に山小屋で冬を越した「越冬酒」300本が蔵出しされました。







乗鞍岳.jpg
フリー画像からお借りしました







日本酒を貯蔵した場所は、北アルプスの最高峰「剣ケ峰」にある乗鞍岳頂上小屋です。








去年11月にも掲載しているのですが、ちょうど10月に越冬の準備のため日本酒を小屋へ運び込んだ時期でした。







昨年掲載した記事はこちらです







この企画は2010年から、同小屋と「船坂酒造店さん」(高山市)の共同で取り組んでいます








冬場の山小屋付近は、氷点下20度にもなるそうです。







乗鞍岳1.jpg
出典:Wikipedia








その極寒の地で酒を寝かせることで、まるみを帯びたうま味が出るのだそうです。








越冬させたのは、「船坂酒造さん」の純米吟醸「深山桜」の原酒720ミリリットル300本です。








昨年10月行われた、小屋への運搬作業や小屋からの積み出しも「京都大学ワンダーフォーゲル部」の学生さんたちが行ったようです。








この越冬酒は「船坂酒造店さん」が「雪のひとね」として7月から販売を開始するということです。



 



300本ですからね、すぐに完売しちゃいそうですよね^^







【飛騨高山】原酒 深山菊 壁掛徳利 720ml

【飛騨高山】原酒 深山菊 壁掛徳利 720ml
価格:2,080円(税込、送料別)


















nice!(140) 
共通テーマ:日記・雑感

また「麻生太郎」の問題発言!「恥・反省・謙虚」なし、これはすべて有権者の責任! [最近のニュースから]

「麻生太郎大先生」がまたしても不適切(異常)な発言をされました。








なんて書き出しますと、ご訪問頂きました方々の中にはこのブログの管理人、意地の悪い奴だな、なんて思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか^^








どう考えても、この人は政治家としては不向きだと思うのです。







あっそう.jpg
フリー画像からお借りしました







どうして、こんな人が政治家でいられるのでしょうね???








お金?家柄?それとも単に有権者が愚かなだけなのでしょうか???








私が怒っている訳は、6月17日の毎日新聞さんの記事を読んだことからです。








このような記事が目に入りました。








「麻生太郎財務相(75)は17日、北海道小樽市で開かれた自民党支部大会で講演し、「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、『お前いつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました」と述べたそうです」








この人の問題発言は、今始まったことではないのですが、この異常な発言を繰り返すお人には開いた口がふさがりません。








本当に恥ずかしいです。








とんでもないことをいう割には、米国のトランプ氏のように迫力は全くありませんが^^








確か2013年にも高齢者対して「さっさと死ねるようにしてもらうなど、いろいろと考えないと解決しない」など、あり得ない発言をしていましたね。








この時は「私個人の人生観を述べたものだが、国民会議という公の場で発言したことは適当でない面もあった」と釈明していました。








戦後の日本を支えてこられた高齢者の方々に対して、あまりにも酷い言いぐさですよね。








やはり、日本の社会ではご本人の適性に関係なく、家柄や財産で議員さんになれてしまうみたいですね。








この人は、未曽有(みぞうゆう???)の「はずれ議員さん」なんですけれどもね!








あっ!ごめんなさい、こんな政治家いっぱいいたんでした。








恥を知らない、感じない、自分が一番と勘違いしている人間は無敵ですよね。








漢字なんか読めなくても良いので、言葉を発する前に少しは考えてほしいです。







麻生氏は今回の問題発言について、記者会見で次のように述べているそうです。


『麻生財務大臣は17日に行った講演で、経済を活性化させるためには個人消費を伸ばすことが重要と訴える中で、「金は使わなきゃ何の意味もない。90になって老後が心配とか訳のわからないことを言っている人がテレビに出ていたけれど、いつまで生きてるつもりだよと思いながら見ていましたよ」などと発言しました。

この発言について、野党側からは「高齢者を軽視し礼儀に欠ける」と問題視する声が出ていましたが、麻生大臣は21日の記者会見で次のように述べました。

「経済の浮揚というのは消費の拡大が絶対に必要なんですということを申し上げた。ご指摘のような高齢者を侮蔑するといったものではなかったと記憶している」(麻生太郎財務大臣)

このように、高齢者を侮蔑する意図はなかったことを強調しました』
6月21日「TBS News i」さんの記事より抜粋








この方発言には悪気など全くないようで、そして、政治家としての適性も全くないのでしょうね。








福岡県第8区の皆様で、不愉快になられた方がいらっしゃいましたらお許しください。








皆様に他意はございませんが、麻生氏の発言があまりにも酷すぎると感じましたものですから・・・。







過去の問題発言についてはこちらをご覧ください。

1、「麻生太郎氏の失言まとめ」


2、「麻生太郎 - 失言・問題発言.com
nice!(151) 
共通テーマ:日記・雑感

熱い飲物に「癌」のリスク [最近のニュースから]

早速ですが、熱い飲み物が大好きの方、多いのではないでしょうか。








大人になると、熱いお茶をフーフーしながら飲むようになりますよね。








お茶.jpg
フリー画像からお借りしました







私も、子供の頃は熱い食べ物や辛い食べ物は絶対に無理でしたが、大人になると平気になるのには驚きました。








今月15日、国連のがん研究機関の「国際がん研究機関」によると非常に熱い飲み物は「食道がん」の要因に「恐らく」なるという研究結果を発表しました。







65度以上の温度で飲み物を摂取した場合に、食道がんの原因となる可能性があることを示す証拠が一部で見つかったというのです。







以前からその様な話は聞いてはいたのですが、改めて公式に発表されると気になってしまいますね。








日常的に熱い飲み物を繰り返し飲んでいる場合、喉に火傷をしてその火傷な治らないうちにまた熱いものを飲み火傷をする。








それが原因ではと、朝のテレビ番組で放送をしていたと思います。








確か「羽鳥さん」司会の番組でした?。








「食道がん」ならないための注意点を調べてみました。








食道癌になる人は年々増え続けているそうですが、主な原因としては、「喫煙」と「飲酒」なのだそうです。







また、刺激が多い「熱い食べ物や飲み物」「辛い食べ物」、刺激の強い食べ物も原因になっているんです。







随分前に騒がれましたが、肉や魚の「焦げ」に含まれるニトロソアミンは食道癌のリスク因子と考えられていることも忘れてはいけないようです。







普段、私たちが出来る「食道がん」の予防策は、「禁煙」「過度の飲酒は避ける」「辛い食べ物は控えめに」「熱い飲食物は避ける」「焦げた部分はなるべく避ける」






「タバコは吸わない!」
禁煙.png
フリー画像からお借りしました







「飲酒はほどほどに!」
禁酒.png
フリー画像からお借りしました







「子供のころの猫舌を思い出そう!」
お茶2.png
フリー画像からお借りしました







「なるべく焦げた部分は食べないように!」
焦げ食べ物.jpg
フリー画像からお借りしました







毎日の食生活で、完ぺきではないにしろ気を付けることで、「食道がん」の発症率を低くすることはできると思います。







一番悪いのは「タバコ」「過度の飲酒」だそうですから、なるほどってうなずけちゃいますよね。
nice!(130) 
共通テーマ:日記・雑感

「みちのく郷土愛」に支えられた老舗の酒蔵 [気になる情報]

先日の産経新聞さんの記事に、秋田の老舗酒蔵の「木村酒造さん」と社長が秋田出身の「東北新社さん」との絆について掲載されていました。








木村酒造さん」は元和元年(1615)創業の蔵元さんです。








先祖を遡ると武将で、豊臣秀頼の家臣で木村重成の息子にあたるそうです。








由緒ある蔵元さんなんですね。








現在造っているお酒の名前は「福小町」です。








元々は「男山」という名だったそうです。








明治14年に明治天皇の東北・北海道巡幸の折りに、宮内卿(律令制における宮内省の長官)の徳大寺実則がお泊まりなったそうです。








その時、酒を飲んだ際に「男山というより、女性的な味ですね」と言われたことから「徳大寺実則」により「福娘」と命名されたそうです。







日本酒.jpg
フリー画像からお借りしました







それが昭和に入り、小野小町の誕生の地ということから「福小町」と改名したのだそうです。








秋田美人.png
フリー画像からお借りしました







そんな由緒ある老舗の蔵元さんも、平成に入り経営難に陥り廃業を考える状態までになりました。








そんな時、救いの手を差しのべたのが秋田県由利本荘市出身の「東北新社」社長の植村伴次郎氏でした。








現在「木村酒造さん」は「東北新社さん」のグループ企業になっているということです。







木村酒造さん」の「福小町」は、米国を中心に海外進出にも積極的に乗り出しているそうです。








全国で、沢山の伝統ある蔵元さんが廃業され、市場を考えると廃業をせざる負えないのが現状のようです。







我が国の伝統ある食文化を守ることは、我々日本人や日本企業の使命でもあると思います。








長年地域と結びつき、貢献されてきた歴史ある蔵元さんを無くさない方法はないものでしょうか。








東北新社の植村社長さんは、金にものを言わせて老舗の看板と酒名を買い取るのではなく、蔵元さんと一緒に歩んでいく姿勢が素晴らしいと思いました。







日本酒3.jpg
フリー画像からお借りしました







今の酒造業界の方々はご苦労が多いと思いますが、このような支援の方法は良いお手本になるのではないでしょうか。
nice!(125) 
共通テーマ:日記・雑感

長寿の秘訣は「酒を慎むこと」だそうです [ちょっと調べてみました^^]

「サライさん」の記事に成るほど、と頷いてしまう内容が掲載されていましたので、紹介したいと思います。







「毛利元就の飲酒論」毛利元就はお酒を殆んど飲まなかったそうです。







現代ならこんな感じでしょうか?
下戸.png
フリー画像からお借りしました   







毛利元就とはどのような人物だったのでしょう。








少々調べてみました。

毛利 元就(もうり・もり もとなり)は、室町時代後期から戦国時代にかけての安芸の国人領主で、後の戦国大名。


本姓は大江氏で、毛利氏の家系は大江広元の四男 毛利季光を祖とする血筋。


寒河江氏などは一門にあたる。


家紋は一文字三星紋。


安芸国吉田郡山城(現在の広島県安芸高田市吉田町)を本拠とした毛利弘元の次男。


幼名は松寿丸(しょうじゅまる)、通称は少輔次郎(しょうのじろう)。


安芸(現在の広島県西部)の小規模な国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を拡大、中国地方の覇者となり「戦国最高の知将」「謀神」などと後世評される。


用意周到かつ合理的な策略及び危険を顧みない駆け引きで、自軍を勝利へ導く稀代の策略家として名高い。


子孫は長州藩の藩主となったことから、同藩の始祖としても位置づけられる人物である。
出典:Wikipedia







元就が酒を殆んど飲まなかった訳は、自身の祖父・父親・兄は何れも20代か30代で亡くなっているからだそうです。








元就は亡くなった原因を、過度の飲酒であると確信していました。








元就自身は、当時としては長寿の75歳でしたからその私論にも頷けますよね。








また、長男の隆元がストレスからか酒をあおっていると、元就は「気晴らしで酒を飲んではいけない」と諌めたそうです。







現代ならこんな感じでしょうか?
大大酒のみ.png
フリー画像からお借りしました







孫の輝元が酒を飲み始めるようになると、母親にこの様な文を送っていたのです。








「大きな器で2杯も飲めば、人はいける口と思って酒を強いるもの。小さな器で1,2杯にとどめるよう内々に忠告してほしい」








確かに、酒を飲み過ぎて体を壊したり大失敗をしたりと良いことはないようです。








程々が一番と言うことなんですよね。








元就の偉いところは、適度な飲酒は体に良いことを知っており、家臣に酒の効用を話してから飲ませていたようなんです。







侍.gif
フリー画像からお借りしました







そして、下戸(酒が飲めない人)には「酒など飲めなくともよい」と話し餅を与えたそうです。







持ち.jpg
フリー画像からお借りしました







戦国武将というと、大酒のみというイメージがありましたが、この様な人物もいたんですね。








何れにしても、美味しいお酒は程々に!健康第一に年を取ってからも、なが~く飲みたいですからね (^-^)






日本酒2.jpg
フリー画像からお借りしました
nice!(122) 
共通テーマ:日記・雑感

さぬき・地元直販所に「しらすどんぶり試食コーナー」新設! [気になる情報]

シラス漁が最盛期のさぬきで、面白そうな試みをしている会社があります。







シラス漁.jpg
フリー画像からお借りしました







水産加工と販売をしている「大塩水産さん」です。








同社では「生シラス」の美味しさを広く知ってもらうため直販所で「生シラス」と「釜あげシラス」どんぶり試食コーナーを開きました。








地元の方や観光に訪れた方には、ありがたいですよね。








シラスは鮮度の落ちるのが早いため、その日の朝漁獲したものでも、夕方近くなると味に苦味が出てくるそうです。








ですから、地元の人でも本来の生シラスの味を楽しめていないようです。








残念なことに、香川県内では生のシラスを食べる習慣はがないこともあり、需要が伸びていないのです。







シラス.jpg
フリー画像からお借りしました







そういうことからも「どんぶり試食コーナー」を企画したようですよ。








セルフサービスですが、凄いのは、どんぶりに「生シラス」・「釜あげシラス」を好きなだけ盛り付けて良いのだそうです。







シラス丼.png
フリー画像からお借りしました







釜揚げシラス丼.jpg
フリー画像からお借りしました







好きなだけと言っても、食べられるだけですよ(^-^)








試食は、一日50食限定です。







1食450円で味わうことができます。








その他のメニューは、シラスと卵のすまし汁や鳥骨鶏の卵などもあるそうです。








試食コーナーが開設されるのは基本体には木・金・土の週3日で、am 11:00~pm2:00迄です。








そして、今月だけの限定コーナーだそうです。








あっ!もう終わっちいますよね、ごめんなさい。








生シラスって、おいしいですよね~!








それに、釜あげシラスも食べた~い!








場所は、香川県さぬき市津田町「大塩水産さん」の直販所。








お遍路さんも行ってみては如何でしょうね。








あっ!コースが違うのかもしれないですけど。








地元の方、本当に美味しいですから是非とも試食してみてください。







シラス丼.jpg
フリー画像からお借りしました







食べに行かないともったいないですよ。








地元の方が、本当に羨ましいです。












nice!(106) 
共通テーマ:日記・雑感

「豚生レバー」提供の飲食店経営者逮捕 [ちょっと調べてみました^^]

今月15日、厚生労働省が昨年6月に「豚生レバー」の提供を禁止してから初めての逮捕者がでました。








食品衛生法違反容疑で逮捕されたのは、神奈川県横須賀市の居酒屋の経営者(36)です。








摘発された居酒屋は、店内のメニュー表には生レバー料理はなく、「裏メニュー、焼いて食べてください、毎週水曜日」などと店には責任がないような販売方法を用いていました。








匿名の情報提供が警察に入り、摘発に至ったということです。








呆れた経営者ですね。








生肉や生レバーを食べて健康被害を訴えている人が出ているから、危険だからこそ提供を禁じているのですからね。








沢山の被害者を出した、2011年に起きた集団食中毒事件、富山県の「焼肉酒家えびす」ユッケを食べた客計181人が発症し、当時6~70歳の5人が亡くなっています。








その結果として、2012年に牛の生レバーが規制され、代用品として豚の生レバーを提供する店が増えました。








しかし、どんなに新鮮であってもE型肝炎のリスクがあることから、2015年6月から豚生レバーや生肉を飲食店で提供することが禁止されました。








ユッケの被害では「腸管出血性大腸菌O 111」による食中毒。








生レバーの危険性は「E型肝炎ウィルス感染」や「食中毒箘による食中毒」など。








やはり怖いですよね。








生肉を食べて、本当に死ぬ思いをした人が私の身近にいたんです。








私が20代の頃の話ですが、会社の行事で高級な焼肉店で食事をしたときのことです。







焼肉.png







同僚が酒に酔い、肉を焼くのが面倒だと生の肉を食べ始めたんです。








ガテン系の部署の人でしたが。








酔っぱらっていなければ、その様なことはしなかったでしょうに。








その結果は、翌日病院に行くことになりました。








食中毒だったようです。








どんなに新鮮で高級な肉でも、危険性はあるということなんですね。








特に今の時期は注意が必要のようですね、しっかりと加熱処理をしてから食べましょう!







焼肉2.jpg







そのうち、品種改良等が行われ、生でも食べられるお肉ができるのではないでしょうか。







それまで我慢しましょうね!^^







「肉の生食や加熱不足の肉料理は避けましょう」
政府広報オンラインより抜粋


カンピロバクターや腸管出血性大腸菌などの細菌は、家畜の腸にいる細菌なので、肉に付着する菌をゼロにすることは非常に困難です。


また、重い肝炎を引き起こすおそれのあるE型肝炎ウイルスは、豚のレバーや肉の内部からも検出されることもあります。


ただ、これらの細菌などは熱に弱いため、十分加熱して食べれば、食中毒にはなりません。


近年、増えている食中毒は、刺身や生レバーなどのように肉等を生で食べたり、加熱が不十分な肉料理を食べたりすることによって発生しています。


また、手指やまな板を通して細菌などが付着した野菜などを生で食べたり、細菌などで汚染された飲料水を飲んだりして、食中毒が発生しているケースもあります。


食中毒を防ぐためには、生肉や加熱が不十分な肉の料理は食べないことが重要です。


また、肉や脂をつなぎ合わせた結着肉や挽肉、筋切りした肉、タレ等に漬け込んだ肉、牛や豚、鶏のレバーなどの内臓などは、内部まで十分に加熱してから食べましょう。


目安は、肉の内部の温度が75度で1分間加熱することです。


例えば、ハンバーグなら、竹串を刺してみて肉汁が透明になり、中の赤身がなくなった状態になれば、加熱は十分です。


※加工をしていない肉と外観上の区別がつきにくいため、結着肉や筋切りした肉などについては処理を行った旨と十分に加熱をする旨の記載をすることになっていますので、表示をよく確認してください。


飲食店などで食べるときには、生肉や肉を生焼けで食べる料理がメニューにあっても、なるべく避けたほうが安全です。


また、焼肉やバーベキュー等、自分で肉を焼きながら食べる場合も、十分加熱し、生焼けのまま食べないようにしましょう。




平成23年4月、飲食チェーン店で発生した腸管出血性大腸菌による食中毒事件では、肉を生で食べた方数名が亡くなられ、重症者も多数報告されました。


この事件を受け、厚生労働省では生食用食肉について強制力のある基準(専用の設備や器具での加工、肉の表面から深さ1cm以上の加熱殺菌等)を設けました。


また、牛のレバーについては、その内部からも腸管出血性大腸菌が検出されたことから、牛のレバーを安全に生食するための有効な予防対策について新たな知見が得られるまでの間、加熱用を除き、生の牛レバーを販売・提供することを禁止しています。


その後、豚のレバーを生食用として提供する飲食店もあることから、厚生労働省では、豚も含めた食肉の生食の規制について検討してきました。


その結果、豚肉やレバーなどの生食については、重い肝炎を引き起こすおそれのあるE型肝炎ウイルスや食中毒菌、寄生虫によるリスクがあることから、牛レバーと同様に、加熱用を除き生の豚肉やレバーを含む内臓を販売・提供することを禁止しました。

nice!(126) 
共通テーマ:日記・雑感