So-net無料ブログ作成
検索選択

兵庫・明石に「ミドリガメ」の収容所?完成 [最近のニュースから]

近年、日本中で問題になっている外来種「ミシシッピーミドリガメ」通称「ミドリガメ」を保管するプールが明石市の「明石クリーンセンター」に完成したそうです。






明石クリーンセンター.jpg
フリー画像からお借りしました







同市では2013年から、約7000匹のミドリガメが捕獲されているといいます。







ミドリガメ.jpg
フリー画像からお借りしました






ミドリガメ.2jpg.jpg
フリー画像からお借りしました







そのミドリガメを肥料に加工することで地域に還元していこうとする試みのようです。








同施設の総事業費用は約90万円で市の負担額が約60万円で国が約30万円だったそうです。








当面は捕獲したミドリガメが自然死してから肥料に加工することを研究しているということです。








やはり、外来種の駆除は必要なことだと思いますし、その生物を持ち込んだ人間に責任があるのですから、処理施設にお金をかけることも致し方のないことだと思います。








しかし、外来種を単に処分するだけを目的にしてはいけませんよね。








我が国には適していない生き物でも、命を奪うのですから無駄にしてはいけません。








今、我が国には沢山の外来種によって本来の生態系に影響が出ています。








全国的に明石市のように、駆除した生き物でも無駄にはしない方法を考えてはどうでしょうね。








それに、効率よく駆除をする方法も考えなければいけません。








行き当たりばったりの捕獲では、切りがありませんから。








外来種については、早急に予算をとって「本腰をいれて」取り掛かる必要があると思います。








何でもそうですか、面倒だからと先送りにすると後で大変な事になりますからね。


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

マレーシア・麻薬所持で邦人女性死刑確定 [最近のニュースから]

2009年10月、邦人女性がクアラルンプールの空港で覚醒剤を4キロ所持していたとして逮捕され起訴されていた事件です。





クアラルンプールの空港.jpg
フリー画像からお借りしました






逮捕されたのがマレーシア国内だったことから、麻薬の密輸で有罪になった場合には死刑が適用されることが予想されていました。








死刑が確定したのは、元看護師の竹内真理子さん(41)です。








本人は、知人に頼まれて荷物を運んだだけで、中身は知らなかったと主張していたそうです。








確か、中国でも愛知・稲沢市の桜木琢磨市議が麻薬所持で逮捕され拘束されていますね。







最高人民法院.jpeg
フリー画像からお借りしました







その人も知人に頼まれただけで、麻薬だとは知らなかったと供述していました。







中身を知らずに、海外で荷物運びをするでしょうか。







人に品物を頼むよりも、国際便で送ったほうが気楽ですよね。








重い荷物を運ばせる、依頼するほうが不自然だと思います。








もし、本当に知らなかったのであれば、あまりにも無防備過ぎるのではないでしょうか。








海外での麻薬所持による身柄拘束は、しばしば報道されていますからね。








ある程度の年齢になったら、知らなかったでは済まされない事が沢山あるのです。








真実は分かりませんが、何れにしても海外へ出かけるときには、十分注意が必要ですよね。


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「マタニティーマーク」が世間から反感? [最近のニュースから]

「マタニティーマーク」、厚生労働省が制定してから10年になります。







マタニティーマーク1.jpeg
フリー画像からお借りしました







どうも、我が国には赤ちゃんを宿している女性にたいして、労り守るという心のない人達が少なからず存在しているようです。








マタニティーマークは、妊娠してお腹の目立たない妊娠初期ほど「つわり」に悩むケースが多く、回りが配慮するべき時期でもあるそうです。







妊婦5.jpeg
フリー画像からお借りしました







また、妊婦が自分の回りにいることが分かれば、早期に気遣うこともできるはずです。








しかし、実際には妊婦さんの方が周囲に気遣いをしなければならない状況になっていました。








どうも妊婦さんへの心ない言動が原因のようです。








驚いたことに、「どうして妊婦を優先するのか」「妊婦は病気ではないのに特別扱いするのはおかしい」「電車に乗るべきではない」などなど、呆れてしまいます。








これから赤ちゃんを産み育てようとしている方に、そんな歪んだ感情を持っているなんて恐ろしいことだと思います。








そのような感情を抱いてしまう人間、いったいどんな教育を受けてきたのでしょう。








私は母のお腹の中にいるときに、通勤電車で周りの乗客の方々にお世話になったと子供の頃から聞いていました。








赤ちゃんは、わが国にとって大切な宝ものだと私は思います。







赤ちゃん3.gif
フリー画像からお借りしました







妊婦さんやご老人を労ろうとか、守らなくては、などの気持ちの持てない人間が沢山いるということは、教育に問題があるのではないでしょうか。








家庭も学校でも、人として社会生活を営む上で基本的な部分ではないでしょうか。








学業以外にもしなければいけないこと、人としての教育って大切なことだと思います。








また、今月20日の西日本新聞さんの記事を読んで驚いたことがあります。








米国務省から我が国で始めて「世界の勇気ある女性賞」を受賞した小酒部さやかさん(NPO 法人マタハラNet代表 )が福岡市で公演を行ったそうです。








その公演会の後に、小酒部さんとマタハラ被害者の方との交流会での内容です。








契約社員だった女性が「つわり」が酷く、急に勤務できなくなったり、勤務日数を減らしてもらう事が増えたそうたんです。








すると、女性上司から「殺したくなってきた」といわれ、被害者の方が「私はどうしたらいいんですか」と問うと「有休を消化して辞めていいよ」と言われたといいます。








また、退職後も妊娠経験のある元同僚からも「あんたは妊婦様だった」と責められたそうで、両親からも「わがままだ」と叱られたそうです。








私は男性ですから、妊婦さんの本当の辛さは分かりませんが、「つわり」の重さは人それぞれだと思います。








女性の生理痛も人によって違うようです。








その辛さは、本人しか分からないことで、回りが判断すべき事ではないと思います。








妊娠しても普段通り働ける方は、その様にしたら良いと思いますし、症状の重い方は休むべきではないでしょうか。








妊婦1.png
フリー画像からお借りしました







妊娠すること、赤ちゃんを産み育てるということは、それぐらい大切なことだと思います。








妊娠しても無理なく働ける環境作り、これは国として早急に取り組むべき問題です。








妊娠、出産、子育て、負担の軽減を考えなければなりませんね。







赤ちゃん.png
フリー画像からお借りしました







我が国の現状、如何に少子化を食い止められるか、諦めず対策を講じる必要があると思います。







赤ちゃん5.jpg
フリー画像からお借りしました







妊婦さんへの言われなき偏見、無くしていかなければなりません。








きっと、そのような差別主義的な考え方は、妊婦さんに対してだけではないのでしょうね。

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

千葉・求職給付金詐欺 犯人逮捕 [気になる情報]

とんでもない奴等が逮捕されました。








千葉県警成田署によると、今月8日に日雇労働求職者給付金を騙しとったとして男女3人を逮捕したそうです。








被害額は約230万円だそうで、犯行は2009年から行われていた為、数年間で1億円を越えるようです。








現在は捜査中ということです。








悪用された「日雇労働求職者給付金」、聞き慣れない制度ですが、日雇い労働者の失業保険に当たる国の制度だそうです。








逮捕された3人は、男が以前経営していた会社に女2人が日雇いで雇用されたと偽り、需給資格があると申請したようです。








給付金は、直前2ヶ月に一定期間働くと、仕事がない時に最高で1日7500円を受給できるそうです。








その給付金制度の窓口は、公共職業安定所(ハローワーク)です。






成田.jpg
フリー画像からお借りしました






その詐欺行為に加担した者が数十人もいたそうです。








しかし、悪事を働く奴等は色々な手口を考えますね。








犯人が騙し取った給付金は、我々の税金で賄われているのです。








詐欺行為に加担した者を全員逮捕して、詐取した金額を全額返金させ、法的処罰や社会的にも相応のペナルティを受けるさせるべきだと思います。






刑務所.jpg
フリー画像からお借りしました






我々は、有り余る金から税金を納めているわけではないのですからね。

nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感

北海道・JR 小幌駅(日本一の秘境駅)存続へ! [ちょっと調べてみました^^]

JR 北海道室蘭線の小幌駅は、今月末に合理化の為廃止となることが決まっていました。








しかし、地元の豊浦町が同駅の維持管理費を負担するなどの支援することで、存続する方向へ話が進みそうです。








北海道虻田郡豊浦町にある「小幌駅」は、「礼文華トンネル「と「新辺加牛トンネル」の2つのトンネルの間に位置しています。







駅5.jpeg
出典:Wikipedia







昭和18年に信号場として設けられ、昭和62年に駅になったそうです。








同駅は秘境の駅としても有名で、駅の周辺は三方が急斜面で一方は内浦湾に面しています。







駅2.jpg
出典:Wikipedia






勿論、鉄道か船舶を利用する以外に駅には行けません。






駅3.jpg
出典:Wikipedia







近隣には民家はないということです。








一般の利用者は非常に少なく、町では観光資源として存続を望んでいるそうです。








町は洞爺湖有珠山ジオパーク認定されていることもあり、見所とされている小幌洞窟へは小幌駅又は船舶を利用する以外にはいけないということです。







小幌洞窟.jpg
フリー画像からお借りしました






小幌洞窟1.jpg
フリー画像からお借りしました






小幌洞窟2.jpg
フリー画像からお借りしました







廃止するには惜しい駅ですよね。







駅4.jpg
出典:Wikipedia








観光資源(見所)とするには、集客するための環境整備が必要となるでしょう。








くれぐれも、環境破壊にならないように安全対策を含め計画を進めて頂きたいと思います。








町だけでなく、北海道としての問題でもあるのですから、道からの支援も考えるべきではないでしょうか。








しかし、素晴らしい自然環境ですよね。








「日本一の秘境の駅」大切にしたいですね。







Koborosta.jpg
出典:Wikipedia
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

長野・「2015長野の酒メッセ」500銘柄が勢揃い [気になる情報]

10月15日「2015長野の酒メッセ」が長野市のホテルメトロポリタン長野で開催されました。







2015長野の酒メッセ1.jpg
フリー画像からお借りしました







同イベントは今回は21回目の開催で、68の蔵元さんから約500銘柄が出品されたそうです。







2015長野の酒メッセ2.jpg
フリー画像からお借りしました







信州の酒を全国へアピールするために始まりましたが、今では県外からの評価も上々ということです。







2015長野の酒メッセ3.jpg
フリー画像からお借りしました







主催しているのは「長野県酒造組合さん」です。
ホームページはこちらからどうぞ!



念のため、信州の酒を取り扱っている店舗を紹介しますね。
こちらをご覧ください。




お忙しい方は、こちらをご覧ください。
通信販売でも購入できるお酒がありますので、飲んでみたい地酒にめぐりあえるかもしれませんよ^^
こちらからどうぞ!

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

福岡・久留米の「五郎丸駅」が大人気 [最近のニュースから]

「五郎丸」と言えば、あのラグビーワールドカップで活躍した五郎丸歩選手ですね。







五郎丸歩選手.jpg
フリー画像からお借りしました







その五郎丸選手と同じ名前の駅が人気を集めています。








「五郎丸駅」は、福岡県久留米市にある西鉄甘木線にある小さな駅です。







五郎丸駅1.jpg
フリー画像からお借りしました






五郎丸駅2.jpg
フリー画像からお借りしました






普段は朝夕の通勤通学の時間帯だけ駅員さんが勤務している駅で、日中は閑散としているそうです。








ところがワールドカップが始まり、南アフリカに逆転勝ちした直後からTwitterでの書き込みが始まったといいます。








私も熱くなって応援していました。








暫くの間は、五郎丸駅へ見物客が訪れると思います。








盛り上がるのは、大いに結構なことです。








しかし、近隣住民の皆さんに迷惑にならないようにしてほしいですよね。








これからも、日本ラグビー目が離せません!^^







日本ラグビー.JPG
フリー画像からお借りしました
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

鹿児島・スイーツ焼酎「恋する焼チュウ」全国販売開始 [気になる情報]

お酒の苦手な方でも楽しめる焼酎、スイーツ感覚で飲める焼酎が今月1日から販売されています。







恋する焼チュウ2.jpeg
フリー画像からお借りしました







そのスイーツ焼酎は「恋する焼チュウ」と命名されました。








鹿児島県内の5つの蔵元さんと南九州酒販さんがつくる「薩摩本格芋焼酎生産者協議会」から販売されています。








恋する焼酎は5つの蔵元さんが企画開発をして、今年で2回目になるそうです。








ターゲットは、お酒に弱い女性や近年お酒をあまり飲まなくなっている若者です。








アルコール度数は、一般的な焼酎の半分位だそうで12%に抑えているようです。






恋する焼チュウ1.jpeg
フリー画像からお借りしました






各蔵元さんは、色々な紅芋を使って仕上げているということです。








5つの蔵元さんを紹介しますね。








大口酒造さん(紅芋名「ハナコマチ」)

















大海酒造さん(紅芋名「ベニオトメ」)

















さつま無双さん(紅芋名「紅さつま・ムラサキマサリ」)




















田崎酒造さん(紅芋名「頴娃紫」)

















小鹿酒造さん(紅芋名「アヤムラサキ」)



















そのまま冷やして、ストレートで飲むのがオススメだそうです!^^








クリスマスや年末年始にピッタリの「恋する焼チュウ」ですね。


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

岐阜・白川村で「どぶろく祭」 [気になる情報]

岐阜県大野郡白川村でこの季節恒例の「どぶろく祭」が開かれました。






岐阜県大野郡白川村.jpg
フリー画像からお借りしました






白川村の「どぶろく祭」は、同村平瀬にある平瀬八幡神社(9/25)から始まり、荻町の白川八幡神宮(10/14・15)、鳩谷の鳩谷八幡神社(10/18・19)飯島の飯島八幡神社(10/18・19)で行われました。








祭りに訪れた観光客らへ「どぶろく」が振る舞われます。






どぶろく.png
フリー画像からお借りしました






最初に行われた平瀬八幡神社では、今年2月から「どぶろく」を造り始め1787リットルを醸造したそうです。








白川八幡神社では、4924リットルを造りました。






白川八幡神社.jpg
フリー画像からお借りしました






「どぶろく」は神社の氏子さん達が造るのだそうです。








同神社では、今年の来場者が1万3000人で外国観光客も参加したそうです。








凄いですね!秋になると白川村は「どぶろく」で盛り上がるんですね。








祭りの期間中、白川村は「どぶろく」の芳醇な甘い香りでみたされています。








羨ましい~!^^





どぶろく.jpeg
フリー画像からお借りしました





とりあえず、自宅でいっぱいですね!^^

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

銚子商業高校の生徒さん達、積極的に地元に貢献「大活躍」! [気になる情報]

銚子商業高校は、地元企業との商品開発をしているだけではありませんでした。







銚子商業.JPG
出典:Wikipedia







なんと、地元走るローカル線「銚子電鉄」を応援していたそうなんです。







銚子電鉄1.jpg
フリー画像からお借りしました







私の記憶には、以前に運転資金の不足に陥っていた「銚子電鉄」が「ぬれ煎餅」の販売で驚異的な集客によって救われたということが残っています。







ぬれせんべい1.jpeg
フリー画像からお借りしました






全国的に有名になりましたよね。








今回、銚子商業高校の生徒さん達が大活躍したそうなんです。








昨日の「テレビ朝日・ナニコレ珍百景」にも取り上げられていたそうですが(妻に聞いた話です)銚子電鉄は2014年1月に車両脱線事故を起こしてしまってそうなんです。








その事故車両の修理代には数千万円かかるということで、銚子商業の生徒さんたちが立ち上がりました。








生徒さんたちは、修理代の一部でも援助したいと「銚子電鉄応援プロジェクト」クラウドファンディングを開始し、484万円を集めたといいます。








お金は銚子電鉄へ寄付され、翌年の1月に同電鉄は事故車両の修理に着手したそうです。






銚子電鉄2.jpg
フリー画像からお借りしました







銚子電鉄は地元との結び付きが強く、銚子商業の生徒さんたちにも思い入れの深い電車だったのですね。








その「銚子電鉄応援プロジェクト」は在校生に受け継がれているそうです。








因みに、今年はご当地ヒーロー「銚電神ゴーガッシャー」と一緒に電車に乗れる「ゴーガッシャー列車」の運行にも携わっているそうです。






銚電神ゴーガッシャー.jpg
フリー画像からお借りしました







素晴らしいですね!








地元の県立高校が地元に貢献する。








とても、大きな郷土愛を感じました。








郷土の誇り「黒潮打線」は未だに健在なんですね!^^








銚子商業の生徒さんたちの行いは、久しぶりに心温まる思いになることができました。

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感