So-net無料ブログ作成

糖尿病患者に朗報! [最近のニュースから]

スポンサードリンク




スポンサードリンク





今日は糖尿病を話題に選んでみました。









糖尿病、良く耳にする病名ですよね。









日本人の糖尿病人口を推計したところ、前回の推計から50万人増え、1,000万人に上っているそうです。









糖尿病患者は、推計を始めた1997年の690万人から増え続けています。









一方、糖尿病の予備群は2007年の1320万人をピークに減少し、2016年は前回調査よりも100万人少ない1,000万人と推計されています。









厚生労働省は2008年度から始まった特定健康診査(メタボ健診)などによる予防効果が出ているとみているようです。








私も昨年12月に会社の健康診断を受けてきたのですが、看護師さんからメタボという言葉が何度か出ていました。









幸いにも私はメタボに程遠いということでしたので安心しました。









詳しい検査結果はまだなんですけどね^^









4日の日経新聞さんの記事によると「糖尿病が強く疑われる人」のうち、現在治療を受けている割合は76.6%(男性 78.7%、女性 74.1%)だそうです。









現在、50歳代の男性の3人に1人以上が肥満ということです。










メタボ.jpg
フリー画像からお借りしました









3人に1人以上ですからね、これには驚きました。









やはり、仕事が忙しくて運動をする時間もないのでしょうか?









糖尿病が悪化すると人工透析が必要になり多額の医療費がかかることから、自治体などによる糖尿病の重症化予防の取り組みが急務となっているということです。








医療費が多額になるということは大きな問題ですが、既にインスリン治療をしている患者さんは大変なんですよね。









糖尿病は血糖値を下げるインスリンを膵臓で作り出せなかったり、インスリンの効きが悪くなったりするそうです。









患者さんが自分自身でインスリンを注射している方がいますね。









指先で血糖値をはかり、1日に4回程度の注射が必要になるなど手間がかかるということです。









私の知り合いにもインスリン注射をしている方がいるのですが、お仕事をされている方は特に大変だと思います。









昨年12月の朝日新聞さんの記事に、そのような患者のみなさんに良いお知らせが載っていました。









その記事には、名古屋大学と東京医科歯科大の研究チームが、血糖値に応じて自動的にインスリンを出せる新素材を開発したというものでした。








しかし、今すぐではないのです。









その新素材が実用化されれば、患者の皮膚に貼るだけで糖尿病治療ができるようになるそうです。









5年後にヒトでの臨床研究を目指すとうことです。









一日も早く完成すること良いですね。









スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク




スポンサードリンク



nice!(214) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 214