So-net無料ブログ作成

「富岡八幡宮」元日の初詣客は? [最近のニュースから]

スポンサードリンク




スポンサードリンク





今日は仕事始めで出勤しました。









年末年始のお休みは、「食べる・寝る・食べる・寝る」の繰り返しでちょっとふっくらしたみたいです^^









でも、仕事が始まると直ぐもとに戻っちゃうんですよね~!








冬休み中に挑戦しようと思っていたお料理の報告をします。









先ず、にゃごにゃごさんに教えて頂いた「オムライス」、卵焼きを焼くところで既に失敗してしまいまして、ケチャップご飯と焦げた卵焼きの別れで食べました^^









次に「餃子」これはサッサと諦めてまたの機会へ^^









最後は「肉ともやし野菜炒めのあんかけ風」、これは食べたら野菜がシャキシャキしなくて妻につくり方を聞かれたんです。









正直に答えましたら、あっ だ~から不味いんだぁ!ですって、新年早々に秒殺されました。










仕方がないので、インスタントラーメン「ラ王の味噌味」を作ってみました。










ラ王.jpg
フリー画像からお借りしました









妻に食べてもらいましたら、うん!これは生めんみたいで美味しいね^^って、何だか素直に喜べませんでした。









さて、今日は、去る12月7日に発生した宮司殺害事件の「富岡八幡宮」の話題にしてみました。










tomiokahachiman_shrine.jpg
フリー画像からお借りしました









しかし、この事件は驚きましたよね。









元宮司と妻が、宮司で姉や運転手を八幡宮周辺で襲撃したのです。









日本刀などで宮司を殺害し、男性運転手に重傷を負わせ、その上で容疑者夫婦は自殺したというあまりにもおぞましい犯行でした。









「富岡八幡宮(とみおかはちまんぐう)」は、東京都江東区富岡にある八幡神社で通称を「深川八幡宮」ともいうそうで、1627年(寛永4年)に創建された神社です。










八月に行われる祭礼「深川八幡祭り」は江戸三大祭りの一つです。










また江戸勧進相撲発祥の神社で、境内には「横綱力士碑」をはじめ大相撲ゆかりの石碑が多数建立されているということです。










私も何年の前になりますが数回訪れたことがあります。










営団地下鉄東西線「門前仲町」駅より徒歩で数分のところにあります。










今回の事件を起こした元宮司の男と姉の宮司との間に問題があったようですが、やはり後継者、財産という欲が原因だったようですね。










もと宮司の男が多くの関係者に送ったという遺書には、《死後に於いてもこの世(富岡八幡宮)に残り、怨霊となり、神輿総代会の幹事総代とその子孫達を永遠に祟り続けます》という文が書かれていたそうです。









ニュースを見ていましたら、初詣の参拝客の出が心配されていました










確かにインタビューを受けていた方の中には、こんな事件が起こったのだから縁起が悪くて初詣にはいかないという方もいましたね。









産経新聞の記事によると「年越しの富岡八幡宮は午前0時を迎える直前に参拝客が増え、本殿まで約100メートルの長い行列ができた」ということですが、yahooニュースをみていましたら例年に比べるとほど遠い参拝客だったようです。










しかし、こんな参拝客もいました「あんな事件があったから、やっぱり空いていてよかったよ」!ご機嫌だったようです^^










私が思うには、宮司も僧侶も人間であって神様や仏様ではないのですから、今回のような事件が起こっても気にする必要はないと思います。










元宮司の男は自ら命を絶ってしまいましたが、本当に罰当たりなことをしましたね。










八幡宮が祀っているのは、八幡神(やはたのかみ)応神天皇で「江戸最大の八幡様」で、国家鎮護・殖産産業・家運隆昌・成功勝利・教育・交通安全・悪病災難除け・子孫繁栄などのご利益があるそうですから、今まで通り参拝に行かれては如何でしょうか^^









スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク




スポンサードリンク



nice!(215) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 215