So-net無料ブログ作成

「カニミソ」ってカニの何? [気になる情報]

スポンサードリンク




スポンサードリンク





今日は、好物の方が沢山いる「カニ」の話題にしてみました。











かに.jpg
フリー画像からお借りしました









佐津温泉『民宿かどや』さんのブログを拝見していましたら、甲羅酒の作り方が載っていましたので紹介したいと思います。









カニを食べた後あとに、甲羅酒を楽しむ方がいらっしゃいますね。










かに4.jpg
フリー画像からお借りしました









私は、カニの甲羅に若干カニみそが残っている状態で日本酒を入れて飲んでいました。









『民宿かどや』さんのブログ記事によると、カニみそがたっぷり甲羅に残っている状態で日本酒を入れた方がおいしいと思ってらっしゃる方が多いようです。









カニみその多い状態で甲羅酒を作ると生臭いだけだそうです。









ブログ記事によると、好みもあと思いますが、カニみそは食べきってしまって良いようです。









甲羅にはかすかに残っており、その残り分だけで十分ということです。









先ず、甲羅を炙るそうです、そして水気を飛ばしてからお酒を入れます。









そうする理由は、甲羅酒とはそもそもカニみその混ざった味を楽しむのではなく、カニの風味と甲羅の香ばしさのついたお酒を楽しむものだからだそうです。









この2点に注意して甲羅酒を楽しんでほしいということです。









お客さんからは。香ばしくて美味いと好評のようですよ^^









ちょっと試してみませんか^^









ところで、カニみそってカニのどの部分なのかごぞんじですか?









脳ミソでしょうか?そもそもカニに脳ミソってあるのかな? 









答えは、「カニミソはカニの肝臓的部分」だそうです。









アンコウのアンキモのようなものだそうですから、カニミソが美味しいのは栄養がたっぷり詰まっているからなんですね。









忘年会や新年会でカニを食べる機会もあると思います。










かに2.jpg
フリー画像からお借りしました









1かに.jpg
フリー画像からお借りしました









甲羅酒、ぜひ試してみてくださいね!^^










スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク




スポンサードリンク



nice!(235) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 235