So-net無料ブログ作成

有給休暇の消化できていますか? [気になる情報]

スポンサードリンク




スポンサードリンク





今日は、有給休暇について考えてみました。










毎日忙しく働いているうちに、有給休暇を取得することが出来ない方も少なくないでしょうね。










1.png
フリー画像からお借りしました










2.png
フリー画像からお借りしました










仕事が忙しくて、気づいたら保有していた年休が消えていたという方はいませんか?










いっそのこと、会社に買い取ってもらえないのでしょうか?










法律上は、入社日から6カ月間継続して働き、全労働日の8割以上勤務した場合に10労働日、それ以降は1年ごとに8割以上の出勤率を満たしていれば勤続年数に応じて与えられることになっています。










この日数は、週5日または週30時間以上働く人の場合で、パートタイマーやアルバイトであっても、所定労働日数・時間に応じて年休が与えられます。










それの年休を貯め続けることはできないようです。









年休を請求できる権利は、2年間で消滅します。











どうせ時効で年休の請求権が消滅してしまうなら、その前に金銭で買い取ってもらいたいと考えることは当たり前だと思います。











買い取り行為は原則として違法になるようです。











そもそも、年次有給休暇は、労働者の心身の疲労を回復させ、労働力の維持培養を図ることを目的としたものなのですから、休暇を与えることと引き替えに金銭を支給する「買い上げ」行為は、法律の目的に反することになります。











更に、有給休暇を最初から買い取ったり買い上げることを予約し、労働基準法で定められた日数を減らしたり、法定日数の休暇を取れないようにしたりすることも違法でるとされています。









しかし、例外もあるようです。










例外1:法定以上の年休を与えられている場合・例外2:時効によって有給休暇が消滅してしまった場合・例外3:退職する場合だそうです。










例外1と例外3は何となく分かるのですが、例外2についてはどのように解釈したら良いのでしょう。










調べてみました。











2年を経過し、請求権の消滅した有給休暇をどう処理するかは法の関知するところではなく、この日数に応じた金銭を支給しても、問題ないということなのです。











このように、消滅した有給休暇に対して金銭を付与することは、事前の買い上げとは異なり、法的には問題ないのだそうです。










ただし、買い上げの額が実際の手当よりも高額なときは、問題となりうるので注意が必要だということです。










結果的に有給休暇の取得を抑制することになる場合もあるので、本来の趣旨からは好ましくないとの見解もあるようです。









やはり、年休の取得率向上を職場全体で考えた方がよさそうですね。









休めないでなく、休める環境が当たり前として、労使ともに何らかの対策を講じることが必要なのでしょうね。










有給休暇をしっかりと取得して、家族団欒の時間をつくりましょう、そして奥様孝行してみませんか!^^  あっ!失礼いたしました ご主人孝行かもしれませんよね^^










家族.jpg
フリー画像からお借りしました








スポンサードリンク


スポンサードリンク



スポンサードリンク



nice!(197) 

nice! 197