So-net無料ブログ作成

三重・小鷹市でカラスミ作りが最盛期! [最近のニュースから]

スポンサードリンク

















400px-Mullet_roe_by_comicpie_in_Taiwan.jpg
出典:wikipedia








日本三大珍味の一つ『カラスミ』作りが三重県小鷹市で最盛期を迎えているそうです。








『カラスミ』は、ボラやサワラ、サバなどの卵巣を塩漬けして、その後塩抜きをします。









そして、天日干しで乾燥させたものですね。









『カラスミ』の名前の由来は、形が中国伝来の墨「唐墨」に似ていたためだそうです。









カラスミの美味しい食べ方を紹介したいと思います。









江戸時代から「肥前国のカラスミ」は、「越前国のウニ」「三河国のコノワタ」とともに日本の三大珍味と呼ばれていたそうです。









cf907d9816de15d16bd668e8118eba00_t.jpeg
フリー画像からお借りしました









台湾ではとてもポピュラーな食べ物で、たくさんの専門店があります。









先ず、カラスミには薄皮がついていますから、薄皮をむくと口当たりがいいので食べる前に下処理をしましょう。









「そのままスライスして食べる」
塩分が効いているので、薄くスライスするだけで酒肴になります。









「炙る」
軽く炙ると香ばしくなります。









「炒める」
濃厚な味わいが特徴のカラスミは、炒め物に少量加えるだけで風味が格段にアップします。









カラスミには濃厚な味と香りがあるので、ごはんやパスタなどの穀類や野菜と相性抜群です。









いつもの料理にちょっとカラスミを加えれば、ワンランク上の一品に仕上がります。









なお、火を通すときは長時間加熱しないことがポイントだそうですから、火を入れ過ぎるとパサついて味が落ちてしまうので、気を付けてくださいね。









パスタやリゾットに加える時は一番最後に入れた方が良いそうですよ!









カラスミって、お酒のおつまみだけではなかったんですね。









美味しいものを美味しく召し上がってくださいね^^






































スポンサードリンク



nice!(166) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 166