So-net無料ブログ作成

『零戦』購入希望者いませんか? [最近のニュースから]

スポンサードリンク















今日は、先の大戦で活躍した大日本帝国海軍の主力戦闘機、零式艦上戦闘機『零戦』を話題にしてみました。











ゼロ戦.jpg
出典:Wikipedia











その零戦は、以前も記事にしたことがあります。









戦後の日本の美しい空を飛行したという内容でした。









沢山の日本人が戦争で命を奪われた、そんな光景を見てきた零戦が、72年ぶりに自由の国に生まれ変わった祖国東京の空に帰ってきたのです。









今回は、零戦が次のオーナーを探しているという記事なんです。









零戦を唯一日本人で所有している石塚政秀さんという方が、金銭的な理由から売却を決めました。









零戦の維持費は、年間で約2000万円かかるそうです。









内訳は、保険が1000万円、駐機代と整備費に確認飛行に1000万円です?









石塚さんは2008年に零戦を購入して、10年間私財を費やし維持してきましたが、諸事情により手放すことにしたのです。









自宅も牧場も車に船、全て零戦の為に手放してしまいました。









石塚さんがその零戦を購入した金額は3億5000万円でした。









そのお値段、高いのか安いのかは判断できないのですが、唯一オリジナルの中島「栄」エンジンで飛んでいる零戦52型は20億円の売価だそうです。









零戦同様に当時活躍した戦闘機、イギリスのスピットファイア、ドイツのメッサーシュミット、アメリカのP51マスタングなどもその位のお値段のようです。










スピットファイア.JPG
出典:Wikipedia










メッサーシュミット.jpg
出典:Wikipedia










ムスタング.jpg
出典:Wikipedia










やはり、値段があって無いようなものなんでしょう。









しかし、日本人の零戦の所有者が石塚さん一人だけとは、2008年までは誰もいなかったんですからね。









石塚さんは零戦の売価を4億円から交渉を始めたいそうです。









現在、世界中で飛行できる零戦は4機だけということですから、日本人の方に購入して頂けると良いですね。









石塚さんによると、海外からのオファーはあるそうです。









個人的に後世まで残すことは難しいのかもしれませんので、企業など潤沢に資金のあるところに所有してほしいと思います。









お問い合わせ先です。
ゼロ・エンタープライズジャパン( https://www.zero-sen.jp/contact/















スポンサードリンク



nice!(166) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 166