So-net無料ブログ作成

「こんな保険があったの?」少額短期保険に驚き! [最近のニュースから]

スポンサードリンク




いきなりですが、現在どんな保険に加入していますか?









公的な保険以外に、加入しているのはどんな保険でしょうか?









生保?損保?医療?お車を持っていらっしゃる方は自動車保険(自賠責や任意)でしょうね。










14406199_PW36.jpg
フリー画像からお借りしました










私は、就職した時に生命保険に加入しました。









実は、学生の時から親が掛けてくれていた保険料を自分で支払うようにしたのです。









節目ごとに保険の見直しをしながら、現在も継続しています。









友人に聞いても、生命保険に入っていない人はいませんでした。









しかし、最近は「生命保険(死亡保険か)」に加入しない人が増えているそうです。









家庭事情は人様々で、保険の必要性も様々なんですよね。









医療保険は、若い方にも感心が高いようで、まだまだ需要があるようですが。









世相を反映した、今時の保険があるそうですよ。









「ねこ捜索サービス保険」猫に発信機を取り付け捜索、見つからない場合は探偵社による捜索に切り替えてねこちゃんを探してくれます。









「プリズムコール」ペットの通院や入院、ガン手術や高度後遺障害、葬儀費用までカバーされ、フェレットやハリネズミ、モモンガなどの小動物や鳥、イグアナなどの爬虫類も保険の対象になっています。









「ペットのお守り」(アスモ少額短期保険)飼い主にもしものことがあった際に、そんな飼主の不安を解消できるかも?飼主がペットより先に逝ってしまったら300万円を上限に保険金が支払われる保険です。









「レスキュー費用保険」今は登山ブームですからね。遭難や事故に遭った際の捜索や救助費用をカバーします。上限300万円まで補償します。









面白いのは、「お天気保険付きプラン」で、保険料は宿泊費の1割なんですが1時間に0.5ミリ以上の雨が午後3時〜6時まで振り続けば、宿泊費が全額返金されるそうです。









更には、「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険」なんてあるんです。









こちらは、月額590円で弁護士費用が300万円まで補償されるそうですよ!









私は通勤に電車を利用しています。









通勤ラッシュ時に乗車していますので、鞄を持たない方の手は、つり革を握るようにしています。









痴漢なんかに間違えられるのは嫌ですからね。









しかし、虚偽の訴えにより罪に陥れられることもあるようです。








今の時代、私達がまさかと思う事が当たり前のように起こりますからね。









そんな時、この保険に入っていればその場で弁護士に助けを求めることができます。









実際に、埼玉県の大宮駅で痴漢に間違われた加入者がヘルプコールを利用したそうです。









その結果、10分で弁護士から連絡が入り逮捕されずに済んだそうですよ。









しかし、最近は色々な保険があるもんですね^^












スポンサードリンク



nice!(168) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 168