So-net無料ブログ作成

秋田山中に巨大マリモ発見! [気になる情報]

スポンサードリンク




今日は、世界一大きいマリモを話題にしてみました。









マリモというと、やはり北海道の湖に生息している丸い緑色をしているものを思い浮かべるのではないでしょうか。











まりも2.jpeg
フリー画像からお借りしました











ところが、秋田県にかほ市にある鳥海山の麓にある獅子ヶ鼻湿原にもマリモがいるそうです。









そのマリモは「鳥海マリモ」と言います。









「鳥海マリモ」が生息しているという川は、一面が緑色に見えるのです。













まりも.gif
フリー画像からお借りしました











驚いたことに、川一面を緑色にしている青い苔が付いた岩の様に見える固まりが「鳥海マリモ」だそうです。









厚みは1メートルを超えるものもあると言います。









そして、今も成長し続けているそうです。









マリモを形成している苔は、ハンデルソロイゴケとヒラウロコゴケで、日本では鳥海山にしかないと言われているそうです。









ハンデルソロイゴケとヒラウロコゴケが絡みあって大きなかたまりになっていて、大きなかたまりがじゅうたん状になっているそうです。










今も成長を続けているということです。










凄い!世界一大きなマリモが秋田にあたったなんて、獅子ヶ鼻湿原が如何に素晴らしい環境なのか、これからも大切にしなくてはいけませんね。












スポンサードリンク



nice!(172) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 172