So-net無料ブログ作成
検索選択

給食費徴収業務、学校から自治体へ [最近のニュースから]

スポンサードリンク




今日は、ほとんどの方が経験があると思うのですが、小中学校で経験した給食の話題です。










給食.jpg
フリー画像からお借りしました









数年ほど前からの報道で驚いていたのが、子供の給食費を払わない親が増えていること、それも悪びれることもなく平然と当たり前のように支払いを拒否していることです。









私が給食を食べていた頃は、給食費を滞納しているのは余程の事情のある家庭だったと思います。









当時から給食費の集金は担任の仕事とされていたようです。









文部科学省は現在、全国4分の3市区村町で実施されている給食費の徴収業務を学校から自治体が直接行うよう求める方針を固めたそうです。









文部科学省の調査によると、全市区町村のうち74%で学校で給食費を徴収していました。









自治体が行っていたのは、23%だったそうです。









給食費の徴収業務に負担を感じている教員は、小学校で64.2%中学校では64.3%でした。









やはり、昔と違いの滞納の理由に合理性がない保護者が増え、悪質過ぎるのでしょうね。









この給食費については、無料にする自治体も出てきているようで、昨年の時点で人口の少ない自治体を中心に全国で61市町村になっているそうです。









最近は非常識な親が目立つようになりましたが、その親を育て教育したのは?なんて考えると、いつの頃からズレた子育てが始まったのでしょうね?












スポンサードリンク



nice!(195) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 195