So-net無料ブログ作成

青森・《かかしの里》にかかしが居なくなる? [最近のニュースから]

スポンサードリンク




今日は、《かかしの里》として知られている青森県西津軽郡鰺ケ沢町中村地区を話題にしてみました。









かかし4.JPG
フリー画像からお借りしました









かかし3.jpg
フリー画像からお借りしました








かかし2.jpg
フリー画像からお借りしました










かかし.jpg
フリー画像からお借りしました










毎日新聞さんの記事を読んだのですが、その《かかしの里》が困ったことになっているそうです。









《かかしの里》では、毎年趣向を凝らした様々なかかしが展示されています。









その年に話題になった人物や人気のキャラクターなど、大小のかかしです。









毎年、7月下旬から10月の始めにかけて地区の住民や子どもたち、福祉施設の方々が制作していました。









最盛期には、約80帯の化が展示されていたそうで、夏の風物詩として定着していました。










沢山の観光客などを楽しませてきたのですが、展示されるかかしの数が急激に減り始めたのです。









展示を始めてから15年目になる昨年は約40体で、今年はこれまでに作られた大型2体と中型1体、そして保育園児達が作った1体の4体だけになってしまいました。









現状では、存続することは難しいようです?









原因は、住民の高齢化や子どもたちの減少のようです。









このイベントは、2002年に地元の町お越しに取り組んでいる「せせらぎ中村委員会」が地区の活性化や五穀豊穣、交通安全願ってスタートさせたそうです。









《かかしの里》継続させて頂きたいですね〜!^^









一地域だけのイベントとしないで、近隣の地域にも参加を呼びかけてはどうでしょうね。









地区から町へ町から近隣の市町村全体へ、極端な話ですが、何処からでも参加大歓迎のお祭りにしてはどうでしょう。








隣接している自治体には、つがる市や弘前市がなどがあります。










弘前市にある大学だけでも7つ(「弘前大学」「弘前学院大学」「弘前医療福祉大学」「東北女子大学」「弘前厚生学院」「東北女子短期大学」「弘前医療福祉大学短期大学部」)もあるんですからね。










大学生や高校生が奇抜な発想などアイディアを出し、地域や企業に貢献しているケースがありますから応援をお願いしても良いのではないでしょうか。









まだまだ、打つ手はあると思うのです。








町からも支援をしてもらい、参加者の負担軽減も考えると良いのではないでしょうか。









沢山の人が集まるお祭り、人が集まれば町の財政にもプラスになるでしょうからね。









知恵を絞って《かかしの里》が継続できる術を考えて頂きたいですね。









kakasi.jpeg
フリー画像からお借りしました














スポンサードリンク



nice!(182) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 182