So-net無料ブログ作成

奄美の「ノネコ」殺処分か? [ペット]

スポンサードリンク




甘味.jpg
フリー画像からお借りしました









奄美大島では、来年夏の世界自然遺産登録を目指しています。









奄美大島には、希少な野生生物を襲う野生化した猫「ノネコ」に悩まされているようです。









「ノネコ」は、600匹〜1200匹も生息しているそうで、希少なアマミノクロウサギなどを襲っているのです。








現在まで、地元では住民団体やNPO法人などが「ノネコ」を捕獲し譲渡会を開いてきたそうです。









奄美大島の5市町村では、飼い猫の管理条例を改正し違反者には罰則を科すなどの対策をしてきました。









しかし、1年後に迫った世界自然遺産登録を見据え、環境省などの関係機関は早急な対応が必要として、譲渡先の決まらなかった「ノネコ」の殺処分を検討しているようです。









「ノネコ」、元々は飼い猫で野生化してしまった猫ですよね。









邪魔になった猫を捨てたり、猫の放し飼いを当たり前にしていれば、野生化する猫も後を絶たないでしょう。









私達人間の責任だってありますし、世界自然遺産登録だって人間の都合ですからね。









人間の都合で、可愛がり、捨てられ、そして殺される、そんなこと理不尽すぎると思います。









飼い猫が野生化したのは人間の責任!









猫の命を奪うことは反対です。









そもそも、世界自然遺産登録云々以前に、野生化した猫の対策をすべきだったんです。









野生化した猫が野生生物を襲うなどという事は、今分かったことではなく、世界自然遺産登録という話が出て、環境省が重い腰を上げて調査をしたらビックリ!ってことなんでしょうね。









非常に下品な表現ですが、ケツに火がつかないと動こうとしない、先送り役人根性が招いたことだと思います。









猫に責任を取らせるな! 








化けて出るぞ バカ!








化け猫.jpg
フリー画像からお借りしました













スポンサードリンク



nice!(181) 

nice! 181