So-net無料ブログ作成

「おにぎり」素手で握ると美味しい? [日常の出来事]

スポンサードリンク




今日は「おにぎり」の話題にしてみました^^










おにぎり.jpg
フリー画像からお借りしました










「おにぎり」大好きです!









私が子供の頃は、両親が共働きでしたので、祖母に面倒をみてもらっていました。








小学生の頃、学校から帰ると毎日祖母に「おにぎり」を作ってもらい食べていました。










おにぎり.png
フリー画像からお借りしました








お婆ちゃんの握ってくれた「おにぎり」懐かしいな〜^^









さて「おにぎり(おむすび)」、昔は素手で握るのが当たり前でしたよね。









最近は、手袋をして握る方が増えているようです。









生業としている場合は、衛生面を第一に考えますので、必要なのでしょうね。









手袋をして握るのと、そうでない場合どちらが美味しいのでしょう?









例えば、好意を抱いている相手が素手で握ってくれた「おにぎり」なら、手袋なしで作ってくれた方が、絶対に美味しく感じると思いますよね^^









その逆もありますけどね。









心因要素が味覚に与える影響は、確かにあるものです。









手袋をしていると上手に握れないから、美味しく感じない?









使用する手袋によって、違ってくるようです。









薄手で手にフィットするタイプの調理用の手袋を使えば、素手で握るのとあまり変わらす、アツアツのご飯の熱を和らげることもできるようです。









手のひらから「おにぎり」が美味しくなる何か(美味しくなる旨味成分、エキス)が出ている?









愛情が伝わる?









前者はあると思いますが、心的要因に入るのかもしれませんね。









後者は、確かに手のひらから分泌されている成分はあると思います。









しかし、「おにぎり」を握る前には手を綺麗に洗いますよね。









仮に残留物があったとしても、おにぎりの味に作用するとは考えられないと思います。









握り終わった「おにぎり」を長時間放置した場合には、味の変化が現れるのかもしれませんが。









「おにぎり」を素手で握らない人が増えているのは、安全上の問題なんですね。









毎年、「おにぎり」による食中毒ガ発生していますので、特に高齢者や子供のいるご家庭では手袋を使用したほうが良さそうですよ。









手洗いが不十分であったり、傷のある手でそのまま「おにぎり」を握ったりすることが汚染の原因となります。









手袋をしていても、きっと愛情は「おにぎり」に伝わりますから、手袋しましょうね!









食中毒は怖いですならね〜^^








おにぎり2.jpg
フリー画像からお借りしました













スポンサードリンク



nice!(189) 

nice! 189