So-net無料ブログ作成

タバコ吸わない社員に「有休」増やす! [ペット]

スポンサードリンク




煙草1.jpg
フリー画像からお借りしました









今日はタバコの話題です。









最近は昔と違い、会社の自分のデスクでタバコを吸う人は少ないと思います。









社内に喫煙所があるか、屋外の灰皿のある場所でスパスパしていますね。









喫煙者は、休憩時間以外にも複数回喫煙所に向かうでしょう。









移動時間と喫煙時間で1回のタバコ休憩で約20分として、1日2回タバコ休憩をするとします。








1日40分、1週間で200分。









1ヶ月ですと、1日分の労働時間に相当しそうですね。









タバコを吸う社員は給料泥棒、なんて声が聞こえてきそうです。










もし役人ならば、税金泥棒です。









カナコロさんの記事に、横浜市会予算特別委員会局別審査(2016年3月9日)で職員の喫煙について議論があったと報じています。









横浜市本庁舎には2014年に禁煙化された為、喫煙所は屋上に1か所あるだけだそうです。









公明党の議員より、勤務時間中に喫煙することによる市の「賃金ロス」が年間約15億4000万円で、19日休んだことになるという試算を示し、「職員の健康管理や勤務時間の公平性、費用対効果から考えて、勤務時間の喫煙是正に取り組むべき」と訴え、渡辺巧教副市長が勤務時間内の喫煙是正の周知や禁煙支援に取り組む考えを示したということです。










インターネットの掲示板では賛否両論で、横浜市が、勤務時間中の職員の喫煙是正に取り組む方針を示したことから「当然だ」とする声が上がる一方、「そこまでしなくても・・・」と考える人も少なくないようです。









ある企業では、非喫煙社員に年間6日の有給休暇を9月1日から与えるそうですよ!^^









どう思いますか?












スポンサードリンク



nice!(164) 

nice! 164