So-net無料ブログ作成

林道走行で死亡事故発生 [最近のニュースから]

スポンサードリンク




いよいよ行楽シーズンを迎えますが、皆さんはどんな計画をしていますか?









海や山に出掛ける方も多いでしょうね。









私は全く予定がなく、お盆休みは庭の草刈りをするつもりです。









楽しかった思い出のひとつに、学生の頃に友人の四輪駆動車で林道走行をしたことがあります。









車高の高い車で、未舗装の山道を走るんです。









走った後は、みんなでバーベキューをして盛り上がりました。









勿論、お酒は飲みませんよ^^









冬場に林道へ行った時には、雪が凄く積もっていて、吹雪いてきたときには少々怖くなりました。









その林道を、オフロードバイクで走る方がいらっしゃいます。










バイク.png
フリー画像からお借りしました










林道は一般道とは違い、安全でない所が沢山あるのですが、最近、死亡事故が起きてしまいました。









今年5月、58歳の男性が林道走行中にガードレールに接触し、転倒し斜面を約100メートルの崖下に転落して亡くなったのです。









その林道は、ネットでも有名な場所で埼玉県飯能市下名栗にあるそうで、通行止となっているのです。









夏休みになると平日でもオフロードバイクの走りを楽しむ為に、山間部にバイカーが集まるようです。










そして、通行止を突破して林道に入り込んでしまうんですね。









林道を管理している県川越農林振興センターでは、対応に苦慮しているそうです。









林道は、道路交通法での取り締まりはできなく、バイカーの常識ある行動にかかっているようです。









県としては、死亡事故が起きてしまった以上、何らかの対策を講じることになるでしょうね。









もし、地主や県が林道への立入を禁止としたら、進入を禁止されていない山歩きなどのハイカーまでも楽しみを奪われることになるかもしれません。









通行止めとなっている林道には、それなりに理由があるのですから、楽しいのでしょうが自重して頂きたいですね。














スポンサードリンク



nice!(176) 

nice! 176