So-net無料ブログ作成
検索選択

「引きこもり」も高齢化 [最近のニュースから]

スポンサードリンク




今日は、引きこもりの高齢化について書いてみました。










ひきこもり.png
フリー画像からお借りしました










引きこもりというと、学校に行かないで家にいる子供や仕事をしないで家にいる
若者というとイメージがありました。









今は、引きこもりの高齢化が問題となっているそうです。









「引きこもり」の国の定義では、6ヶ月以上家庭に留まり社会参加をしていない状態を指します。









内閣府による「引きこもり」の調査では、全国で54万人(15歳〜39歳対象)いると推計しているそうですが、40歳以上の実態は不明だといいます。









「KHJ全国引きこもり家族会連合会」が2016年11月〜2017年1月会員に調査を行った結果では、引きこもる人の平均年齢は33.5歳で40歳以上が25%でした。









驚いたのは、2015年に山梨県が県内の民生委員を通じて行った実態調査では、40歳以上が6割合を占めており、島根県では5割となり、明らかに引きこもりの高齢化が進んでいました。









現在の「引きこもり」の就労支援は若者を対象に想定されているため、高齢化した「引きこもり」には対応できていないようです。









中高年の「引きこもり」で心配なのは、親が亡くなったあと、経済的な面だけでなく、生活する為の術を知らない人が、どの様に生きたら良いのかということですよね。









これは、早期に対策を考えなくてはなりません。









親が亡くなった後、高齢の引きこもり者が餓死したなんてニュースにならない様に、早急に行政や地域、企業などの支援を望みます。














スポンサードリンク



nice!(167) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 167