So-net無料ブログ作成

小麦色の肌は健康のしるし? [気になる情報]

スポンサードリンク




肌.jpg
フリー画像からお借りしました









一昔前には、日焼けした小麦色をした肌は健康的だなんて言われていましたね。









今では、如何にお肌を日焼けから防ぐかが大切なんです。









日傘や日焼け止めクリームを利用されている方、女性だけでなく男性も増えていますね。









その紫外線対策に問題があるようなんです。









紫外線対策が原因でビタミンDが不足している方、増えているようなんです。









ビタミンDは、私達の体にとって大切であることはご存じの通りです。









ビタミンDは日光に含まれる紫外線を浴びることで体内で作られます。









骨の形成に必要な栄養素ですね。









不足すると骨粗鬆症になると言われています。









大阪樟蔭女子大などの研究チームの調査によると、20歳代の女性が週3回以上日焼け止めクリームを使用した場合、ビタミンDの濃度が常に欠乏状態になっていたそうです。









同研究チームが1980年代の女性と比較したところ、血中のビタミンD濃度がかなり低くなっていました。









丁度その時期に、オゾン層の破壊による紫外線の悪影響が問題になり始めたそうです。









皮膚がんやしみの予防のため、紫外線対策の必要性が叫ばれましたね。









女性がビタミンD不足では、男性以上に心配なことです。









さて、紫外線対策を継続しながらビタミンDを体内に取り込む方法はないのでしょうか?









ちょっと調べてみました









食べ物から吸収すれば良いのです!









ビタミンDが多く含まれているのは、鮭や青魚にしらす干しだそうです。









日々の献立に取り入れてみませんか。









女性のみなさん、しっかり紫外線対策をしてビタミンDもしっかり摂って、いつまでも健康で美しくですよね!^^








美白.jpg
フリー画像からお借りしました













スポンサードリンク



nice!(165) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 165