So-net無料ブログ作成

「地域猫」に嫌がらせ [最近のニュースから]

スポンサードリンク




今日は、福井県小浜市で地域猫に嫌がらせが相次いでいるというので、取り上げてみたいと思います。









2011年から福井県小浜、おおい、高浜の3市町で「若狭地域猫の会」によって野良猫を地域ぐるみで育てる地域猫活動が展開されているそうです。









「若狭地域猫の会」とは、代表の知原氏1人で運営しており、猫達の不妊去勢手術や餌代、治療費などすべてお一人で負担しているようです。









その費用は、年間で約100万円というのですから驚いてしまいました。









費用には、退職金を充ててきたということですが、もうそろそろ底をつくそうです。









福井市、永平寺町、坂井市では、先月から不妊去勢手術の費用を一部助成することになったようです。










1個人や1部の団体だけにお任せでは、自治体のレペルの低さが露呈されたようなものですね。










同会が、3市町で登録している地域猫は109匹だそうです。










その地域猫に嫌がらせが繰り返されているのです。










小浜市川崎で、地域猫の小屋に放火するという事件がありました。










小屋.jpg
福井新聞さんの記事よりお借りしました










怪我をした猫もいたようです。











猫怪我.jpg
福井新聞さんの記事よりお借りしました










焼けた小屋の中には、ボーガンの矢があったそうです。










嫌がらせは、2年ほど前から小屋を水浸しにされるなど繰り返されているのです。










その地域は、漁業関係の施設が多いことなら、猫を迷惑がる人も多いそうです。










しかし、猫の小屋を水浸しにしたり、放火をしたり、ボーガンの矢を小屋の中に置いておくなど、異常としか言えないですよね。










今度は、猫をボウガンで撃つという脅迫なのでしょうなか。










漁業関係者が多かろうと少なかろうと、猫を虐待して良い訳がないのです。










警察では器物破損容疑等で捜査をはじめているそうですから、犯人を捕まえてほしいですよね。










それに「地域猫」の取り組みを継続するには、行政や市民ボランティアの皆さんからの支援が必要だと思います。














スポンサードリンク



nice!(173) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 173