So-net無料ブログ作成
検索選択

猫はイカを食べると腰を抜かす? [気になる情報]

スポンサードリンク




今日は、チョト面白くてチョットためになるお話です。









猫.jpg
フリー画像からお借りしました









猫がイカを食べたら腰を抜かしちゃう、そんな話を聞いたことありますか?









本当のことなのでしょうか。









調べてみたのですが、どうやら本当だったようです。









生のイカにはビタミンB1を分解する酵素(チアミナーゼ)が含まれているそうです。










イカ.png
フリー画像からお借りしました









猫が生イカを食べることで、体内にあるビタミンB1が急激に分解されることから、足で立っことのできない(腰を抜かす)状態になるといいます。









人間だけでなく猫にとってもビタミンB1はとても大切で、なくなると細胞のエネルギーが生産できない状態になってしまうので、力が出なくフラフラ状態になるんですね。









どうしてビタミンB1が不足すると力が出なくなるのでしょう。










食べ物は体内で分解されエネルギーの源であるブドウ糖が作られます。









そのブドウ糖からエネルギーが作り出されるのですが、その行程でブドウ糖自体が分解されることになります。









ブドウ糖はビタミンB1によりアセチル•コエンザイムÁに変換されます。









その時に全体の5%のエネルギーができるそうです。









その後に、アセチル•コエンザイムÁがミトコンドリアの中で分解されることで95%のエネルギーが作られるそうです。









人間の場合は心配することは無いようですが、イカの内蔵などを珍味として食べる時には、食べ過ぎに注意をした方が良さそうですよ。









ちなみに、ビタミンB1を多く含む食べ物は豚肉・ハム・レバー・うなぎ・小麦胚芽や小麦粉等の穀物・大豆やグリンピース等の豆類や種実類等です。









ニンニクと一緒にビタミンB1を含む食品を食べると良いそうです。










ニンニクに含まれるアリシンはビタミンB1と結合してアリチアミンという物質が作られます。









アリチアミンは熱に強く、長時間体内に留まりビタミンB1としての効果を発揮するそうです。









ネギや玉ねぎ、ニラにも同様の物質が含まれていますので、ニラレバ炒めはスタミナ補給におすすめの料理だそうです。











reba.jpg
フリー画像からお借りしました










あっ、最後に猫ちゃんで実験なんか絶対にしないでくださいね!^^













スポンサードリンク



nice!(177) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 177