So-net無料ブログ作成
検索選択

佐賀にも人魚伝説があったの? [気になる情報]

スポンサードリンク




今日は人魚の話題なんです。









人魚といえば、想像するのはアンデルセン童話の「人魚姫」デンマークのコペンハーゲンにある人魚姫の像を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。










人魚姫.jpg
フリー画像からお借りしました









西洋の美しい女性の人魚と海や湖なんか想像しませんか?









どうやら、日本にも人魚の伝説があったようです?









佐賀市本庄の東光寺に、鍋島家ゆかりの掛け軸があるそうです。









東光寺は佐賀藩祖、鍋島直茂の父清房の代まで先祖供養をする氏仏として崇敬され、鍋島家とはゆかりの深いお寺だそうです。









その人魚の掛け軸、年老いた人魚を描いたとみられていますか、胸から下は魚、肩口までうろこがあります。









笑っているようなその顔は、むき出しになった牙の隙間から真っ赤な舌がのぞき、目を見開いて振り返っているのです。









掛け軸を見た子供が泣き出すほど、おどおどろしく描かれています。









掛け軸についての言い伝えはないそうですが1953年に現在の建物に寺を移した際には既にあったそうです。











この掛け軸です。

人魚1.jpg
佐賀新聞さんの記事からお借りしました










こんなに怖い「人魚」なら会いたくないですよねぇ。










そういえば、佐賀には人魚の掛け軸の他にも怖そうなものがあります。









カッパのミイラなんです。










河童.jpg
フリー画像からお借りしました









そのミイラは「松浦一酒造さん」の蔵に祀られているそうです。











松浦一酒造さんは、創業300年の老舗の蔵元です。









佐賀って、不思議なものがいろいろあるんですね。









確か、佐賀の鍋島藩には化け猫の話もありましたよね。










化ネコ.jpg
フリー画像からお借りしました









人魚の掛け軸をご覧になりたい方は、ご住職の三浦祥善さんへお電話してみては如何でしょうか?









こわ〜い人魚の掛け軸を、拝見できるかもしれませよ!









東光寺さんの連絡先は「0952-24-6774」です。









カッパのミイラに興味のある方には、松浦一酒造さんの連絡先「0952-24-6774」です。









松浦一酒造さんの紹介はこちらからどうぞ!^^














スポンサードリンク



nice!(195) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 195