So-net無料ブログ作成

巨大「アナコンダ」に丸ごと飲み込んでほしい? [気になる情報]

スポンサードリンク




今日は巨大ヘビの話題なんです、お立ち寄り頂いた方にヘビの嫌いな方がいらっしゃいましたらお許しくださいね。









ちなみに、私はヘビが苦手です^^









まるで、映画の一場面の様な怖ろしい出来事がありました。









以前に、巨大なアナコンダに人間が生きたまま飲み込まれる場面を洋画で観たことがあります。









アナコンダ1.jpg
フリー画像からお借りしました









とても怖かったです!









少し前に、インドネシアのスラウェシ島のサルビロ村で20代の男性が行方不明になりました。









その男性は、アブラヤシの実の収穫に出かけていたそうです。









村人が捜索していたところ、散乱しているヤシの実、農具、長靴が発見されました。









そのそばに、体長約7メートル市バスほどの巨大な「アミメニシキヘビ」が居たそうです









その腹部は膨れていたといいます。









巨大蛇は村人達に捕獲され、開腹したところ男性が発見されました。











あなこんだ.jpg
フリー画像からお借りしました









地元メディアによると、男性は後頭部に傷があることから、背後から襲われ体に巻き付き動きを封じた後に、生きたまま飲み込まれたのではないかということです。









男性の悲鳴を聞いたという村人もいたそうです。









7メートルの巨大蛇なんて、想像しただけでも恐ろしくなります。









そんな巨大蛇、アマゾンに生息している「オオアナコンダ(グリーンアナコンダ)」に生きたまま食べてもらおうと挑戦をした人がいたんです。










アナコンダ3.jpg
フリー画像からお借りしました









アナコンダ2.jpg
フリー画像からお借りしました









ディスカバリー・チャンネルで特集されたドキュメンタリーだそうです。









自ら巨大アナコンダの餌になろうとしたのは、27歳の男性です。









アナコンダ4.jpg
フリー画像からお借りしました









男性は、特注の防蛇スーツを着て挑戦したのですが、彼に巨大蛇が絡みつくと苦しそうに手足を動かし「とんでもなく重い、ものすごい圧を感じる、冷静でいられるように頑張るよ」と撮影クルーにつたえました。









次に彼は「このスーツじゃもたない、死ぬかも•••」









その後、心拍数が急激に上がり言葉を発しなくなりました。









そして巨大アナコンダが大きな口を開き、頭から飲み込もうとした時に、彼は挑戦を諦めました。









彼は、クルーに救出されたのです。









































あまりにも無謀な挑戦で、危険な行為ですよね。









いくらお金を積まれても、そんなことはやりたくないですよね。









小さなヘビだって怖いんですから!













スポンサードリンク



nice!(174) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 174