So-net無料ブログ作成

青森・スイセンで食中毒発生 [最近のニュースから]

スポンサードリンク




青森県でニラとスイセンを間違えて食べた方が食中毒になってしまいました。








食中毒になったのは、10代〜80代の男女2家族5人だそうです。








原因となったスイセンは、自宅近くの道端にあったものをニラと間違えて持ち帰り、味噌汁に入れて食べたんです。








時々、この様なニュースを耳にしますよね。








確か、農作物の直販場で販売されていたニラがスイセンだったこともあったと思います。








農家の方でも間違えてしまうのですから、素人が判断してはいけない植物なんです。








ニラは身近な食材だけに怖いですね。








その時にも、食べた方は嘔吐などの食中毒の症状が出たそうです。








今の季節は、山菜取りに行かれる方も多いのではないでしょうか。








みなさんご存知だと思いますが、念の為、ニラとスイセンの見分け方です。








ニラの臭いがするのがニラ!^^ スイセンの葉には臭いはありません。








ニラを採る時には、必ず臭いを確認してくださいね。








ニラとスイセンが混ざって生えていることもありますので、他の葉よりも際立って大きな葉は採らない様にしてください。








最後にニラとスイセンを比べてみましょう。
東京都薬用植物園さんの「有毒植物の見分け方」より抜粋








スイセン3.jpg
スイセン(ニホンズイセン)(ヒガンバナ科)


ニラ3.jpg
ニラ(ユリ科)







スイセン.jpg
スイセン


ニラ・スイセン.jpg
市販のニラ







スイセン2.jpg
スイセンの根


ニラ2.jpg
ニラの根







ニラ・スイセン.jpg
ニラ(上)とスイセン(下)ニラに比べスイセンの葉は、幅が広く、厚く、全体に大きいです。
形は似ていますが、臭いを嗅げばすぐわかります。








ニラ・スイセン2.jpg
ニラ(左)とスイセン(右)スイセンの株元の茎(葉鞘)はニラに比べ太いです。








危険なスイセンの葉は、ニラの葉に比べて葉が厚く、幅が広く、葉の丈が高いことが特徴です。








楽しい山菜取りに行って、食中毒なんかにならないでくださいね!








山菜取り.jpg
フリー画像からお借りしました


スポンサードリンク



nice!(206) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 206