So-net無料ブログ作成
検索選択

車の自動ブレーキ信用でないの? [最近のニュースから]

スポンサードリンク




自動ブレーキ2.jpeg








これには驚きました。








高齢ドライバーの救世主になるのかな〜と思っていた運転支援機能「自動ブレーキ」が作動せず交通事故が起きてしまいました。








自動ブレーキ1.png








全国初の事故だったそうです。








その事故は、昨年11月27日に千葉県八千代市で発生しました。








試乗中に客の男性が運転をして、販売店の営業担当が助手席に同乗して店舗の近くを走行していた際に、営業担当が運転をしていた男性に対して、前方に信号待ちをしている車両があるのに「本来であればここでブレーキですが、踏むのを我慢してください」と告げたそうです。








男性は、その指示に従いブレーキを踏みませんでした。








車はそのまま前方車両に追突してしまったのです。








追突された車に乗っていた夫婦が怪我をしてしまいました。








事故を起こした車両は、高速道路で運転を支援する「同一車線自動車運転技術」と危険を察知して自動ブレーキがかかる「エマージェンシーブレーキ」が装備されていたそうです。








営業担当者は、過去にも試乗時にクルーズコントロール機能を作動させて自動停止していたということでした。








車自体には故障などの以上はなかったそうです。








試乗していた時の状況が、クルーズコントロールを使用する条件を満たしていなかったようです。








警察によると、自動運転機能は、運転者安全運転が前提、あくまでも支援システムで限界がある、運転者が機能を理解すべきということです。








クルーズコントロール機能は、その使い方を十分勉強する必要がありそうですね。








また、国土交通省によると車の「自動ブレーキ」の性能を認定する制度を来年度に導入することになるようです。








自動ブレーキは、社会問題化している高齢ドライバーの事故対策になると考えているようですよ。








都心では車のない生活も考えられるのですが、地方に住んでいる高齢者の方は買い物や通院など、やはり車を運転できると便利ですからね。







全て自動で、目的地まで連れて行ってくれる車ができるといいですよね!








旅行が楽しくなりそう^^







運転手さんがいないから、お酒も飲んでいいんですよね~!


スポンサードリンク



nice!(182) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 182