So-net無料ブログ作成
検索選択

山形・米鶴酒造の蔵開き [気になる情報]

スポンサードリンク




日本酒.jpg
フリー画像からお借りしました








昨日に引き続き、今日も日本酒の酒蔵さんを話題にしてみました。








今月9日に、山形県の米鶴酒造さんの蔵開きが行われました。








今年で37回目の蔵開きになるイベントには、1100人以上の来場者があったそうです。








当日の会場では、鏡開き、日本酒の飲み比べ、きき酒、や阿波踊りのステージパフォーマンスなどが披露されました。








地元の飲食店も参加して屋台村も設けられたそうですよ。









4種類の酒を当てる「利き当て挑戦のコーナー」では、一つでも正解するときき酒名人認定証がもらえるそうです。








蔵開き限定で、生原酒「槽(ふな)口酒」の販売も行われました。








ふな口酒とは、お酒をしぼるための道具を槽(ふね)というそうです。








醪(もろみ)を圧搾して濾過し清酒と酒粕に分離するのですが、その道具の口にあたる部分を槽口(ふなくち)と呼ぶのだそうです。








この槽口から流れ出てきたお酒は、濾過も火入れもされていない生まれたてのお酒なのです。     








搾ったばかりの酒のことなんですね!









全国新酒鑑評会1.jpg
フリー画像からお借りしました








飲んでみたいですねぇ〜^^








それから、米麹100%の甘酒の試飲や販売も行われたそうですよ。









甘酒.jpg
フリー画像からお借りしました








美容にも良い甘酒ブームですからね、女性の方も酒蔵イベント楽しいかもしれませんね。








ご自宅の近くに酒蔵がある方、蔵開きのイベントがありましたら覗いてみては如何でしょうか。
米鶴酒造さんの紹介はこちらからどうぞ!^^


スポンサードリンク



nice!(172) 

nice! 172