So-net無料ブログ作成
検索選択

アルツハイマー病に光明か! [気になる情報]

スポンサードリンク




高齢者1.jpg
フリー画像からお借りしました









わが国は、高齢者社会に突入していますね。








1300万人以上が認知症およびその予備軍と言われています。








最近は、高齢ドライバーによる交通事故が頻繁に起きています。








運転免許証の自主返納の呼びかけも行われ、車の運転の便利さよりも交通事故を防ぐことを考えた方々が応じていらっしゃいますよね。








厚生労働省によると、認知症の人が2025年には最大730万人のぼるということです。








団塊世代の方が、75歳以上の後期高齢者になるからなんでしょうね。








若いときに比べたら体力が衰えるのは当たり前だと思いますが、認知症にはなりたくないと思っているんです。








先日の朝日新聞さんに、ポリフェノールが認知症の改善に役立つという記事がありました。








どうも、野草の「アザミ」の一種から採取できるポリフェノール「タキシフォリン」が軽度の認知症には改善の効果があるそうです。








国立循環器病研究センターの研究チームがマウスを使った実験判明したようです。








同チームでは、異常タンパク質の除去を促す薬「シロスタゾール」と「タキシフォリン」を併用することで、大きな治療効果が期待できそうだということです。








いろいろとアルツハイマー病の研究が進んでいるようですが、一日も早く実用化できるよう頑張って欲しいですね^^


スポンサードリンク



nice!(256) 

nice! 256