So-net無料ブログ作成
検索選択

懐かしい《カセットテープ》ブーム再来 [ちょっと調べてみました^^]

スポンサードリンク




今、昔なつかしい「カセットテープ」がブームになっているそうです。








Wikipedia_カセットテープ.jpg
フリー画像からお借りしました








カセットテープの音は、心地の良い音だからなんだとか。








再燃しているアナログ「カセットテープ」の音の魅力とは、いったい何なのかを調べてみました。








どうも音の良さ(高音質)とは、違うレベルでの評価によるもののようです。








アナログの音が、私たちの耳に心地良く聞こえるのは、音の柔らかさやノイズも含まれている状態だといいます。








そして、アナログの「カセットテープ世代」には懐かしさ、デジタル世代には新鮮に感じられるのでしょう。








カセットテープを、昔流行ったウォークマンを腰につけて歩きながらヘッドフォンを使い音楽を楽しむスタイルを好む若者もいるそうです。








ウオークマン2.jpg
フリー画像からお借りしました








ファッションでも同様の現象が見受けられますね。








メーカーもカセットテーププームの波に乗る動きをみせています。








日立マクセルは国内で唯一カセットテープの生産を継続してきたメーカーですが、11月25日から「UD 」シリーズ(70年代の人気モデル)の復刻版を限定販売するそうです。








車載用のカセットデッキを、生産再開している国内のメーカーもあるようです。








子供の頃、父親に英会話の勉強をしますと約束してナショナルのラジカセを買って貰いました。








実際には音楽ばかり聞いていたんですけどね (^-^)








カセットテープには、沢山の思い出があり懐かしいです。








初めて車を購入した時に、学生でしたので中古のポンコツ車だったのですが、バイトを頑張ってパイオニアのコンポを買いました。








その後、CD やMD 等が発売されましたので、カセットテープは数本を残して全て処分してしまいました。








今になって思うと、残しておいた方が良かったのかもしれませんね。








ところで、カセットテープのブームだけではなく、レコード(LP )にも人気がでているようなんです。









レコード.jpg
フリー画像からお借りしました








レコード世代ではない若者も沢山いるそうですよ。








レコードを国内で唯一アナログ盤プレスをしている東洋化成によると、この2年ほどは生産が追いつかないということなんです。








私の先輩で真空管を使っている古~いアンプやスピーカーなどを大切にしている方がいるのですが、アナログの音って素晴らしいそうです。








やはり、私たち人間にとっては完璧でなはないものが心地好いと感じることもある、それ自体が大切なことではないかと感じています。








デジタル社会になったからこそ、アナログの良さが分かるんですからね。


スポンサードリンク



nice!(186) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 186