So-net無料ブログ作成

南島原・日本酒を海底で熟成「海底貯蔵酒イベント」開催! [気になる情報]

スポンサードリンク




日本酒2.jpg
フリー画像からお借りしました








今日もお酒の話題です。(^-^)








今月8~10日に南島原市で日本酒を海底に約半年沈めて熟成させる「海底熟成酒イベント撥(は)ね木搾りの蔵めぐりと牡蠣(かき)小屋の旅」が開催されました。








このイベントは、同市の地域おこし協力隊が企画したものです。








イベント当日は福岡県や熊本県からも、参加者が訪れたそうです。








このイベントは日本酒を海底に沈める前に、蔵元さんの吉田屋さんを訪れ酒蔵見学もあり、伝統技法「撥ね木搾り」の説明や各々が海に沈める一升瓶や四合瓶に名前入のラベルを結び付けるなど準備も参加者の手により行います。







日本酒は、南島原市南有島町の沖合100メートル、深さ25メートルに沈められ、来年の3月4日に引き揚げられる予定です。








引き揚げられた日本酒は、参加者たちがカキ小屋に集まり味わうことになります。








海底で熟成させた日本酒は、味がまろやかになるそうです。








飲んでみたいですよね~ (⌒‐⌒)








日本酒の熟成方法は、海底や雪山など色々な場所で行われているようですが、何れの工法でもまろやかな味わいのある日本酒に仕上がっているようですね。







蔵元の吉田屋さんの紹介はこちらからどうぞ!


スポンサードリンク



nice!(38) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 38