So-net無料ブログ作成

東京オリンピック開会式に「アイヌ古式舞踊」が観られるかも! [気になる情報]

スポンサードリンク




東京五輪で世界へアイヌの文化を発信しようと、道と北海道アイヌ協会が活動を始めているそうです。








千歳アイヌ文化伝承保存協会や道内17の保存会でつくる北海道アイヌ古式舞踊連合保存協会が中心となっています。








アイヌ民族の古式舞踊は国の重要無形民族文化財に指定されていますが、地域ごとに踊り方が違うそうです。








東京五輪の開会式でアイヌ古式舞踊が採用された場合には、新国立競技場の大きさからすると、1000人程の踊り手が必要になりそうなのです。








しかし、保存会によると高齢化の為に十分な人数を確保できそうにいのが現状なんだそうです。








そこで同会が考えたのは、アイヌ民族だけでなく倭人(大和民族)アイヌ語で「シサム」というそうですが、倭人にも参加を呼び掛けようということです。








今後、保存会としては踊り手の公募を行って、踊りの練習やアイヌ語の学習を始めるということです。








アイヌ民族の伝統は、大切な日本の伝統でもあるのです。








同様に、琉球民族の伝統もそうなのです。








私たちは日本人として、未来永劫に助け合って生きていきます。








本当に良い機会なのですから、「アイヌ」・「琉球」・「大和」が共に舞うことで我が国を世界にアピールできないものでしょうか。








異なった民俗文化の融合、ひとつの日本として祝いの舞を披露出来たら良いと思うのです。








そういうことって、難しいことなのでしょうか?







そして、世紀の祭典東京オリンピックでは、海外から沢山の方々がお越しになるのですから、食の文化も忘れてはいけませんよね。







そうなんです!お祭りなんですから「お酒」は付きものですよね。^^







日本酒勿論のことですが、北海道 アイヌの酒「トノト」・沖縄 琉球の酒「泡盛」もどんどん飲んでもらいたいですね。







「トノト」は、小樽市の田中酒造さんで「カムイトノト」という商品名で製造販売をしています。
「カムイ」はアイヌ語で「神」、「トノト」は「お酒」という意味だそうです。







カムイトノト.jpg
フリー画像からお借りしました







ご興味のある方は、こちらをご覧くださいね

ご購入はこちらからどうぞ^^







「泡盛」は、こちらはお酒を飲まない方でもご存知かもしれませんね。







泡盛.png
フリー画像からお借りしました







ご興味のある方は、こちらをご覧くださいね


スポンサードリンク



nice!(224) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 224