So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

くしゃみの威力って凄いんです! [気になる情報]

スポンサードリンク





皆さんはくしゃみが出そうになった時、そのくしゃみを抑えようとしますか?それとも大きな声を出してはっくしょん!てしちゃう方ですか?









多くの人が、くしゃみが出そうになると、くしゃみの爆発力を抑え込もうとして口や鼻などをふさぐそうなんです。









くしゃみ3.jpeg










そのような行為は、非常に危険なのだそうです!









くしゃみ抑制すると脳血管や喉、鼓膜が破裂する恐れがあるということです。









抑制されたくしゃみの力によって、喉の後部が破裂していたことが確認できたそうです。









まれな症例のようですが、くしゃみを抑制したことにより両肺の間に空気がたまってしまった例や、脳血管が膨張した状態にある脳動脈瘤の破裂が起きた例さえあるという症例もあるようです。









症例報告が掲載された論文よると「鼻孔や口を覆ってくしゃみを抑制するのは危険な行為であり、避けるべきだ」としているそうです。










怖いですよね~










くしゃみをする時には、周囲の人に気を使って鼻孔や口を覆ってしまいますよね。









しっかりと口や鼻などをふさぐことは避けた方が良さそうですよ!









ハンカチを口や鼻などにあてる程度で十分なのかもしれませんね^^










くしゃみ2.jpeg










スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(197) 
共通テーマ:日記・雑感

お宅の調味料消費に変化ありませんか? [日常の出来事]

スポンサードリンク





今日は、私たちの身近にある調味料を話題にしてみました。










昔から広く使われてきた調味料「しょうゆ」「酢」「みそ」「みりん」なその消費が近年、大きく変わってきているようです。









驚いたことに、1980年以降はしょうゆの消費量が激減しているのです。









70年代には1人当たりの年間消費量が約12リットルだったのが、現在は7リットル台まで落ち込んでいるそうなんです。









その代わりに、総務省統計局の家計調査報告によると、94年「つゆ・たれ」の消費量が「しょうゆ」を上回ったそうです。









売り上げを伸ばしているのは「めんつゆ」「ポン酢しょうゆ」といった手軽に使える合わせ調味料や「焼き肉のたれ」などのようです。










めんつゆ.jpg
フリー画像からお借りしました









ポン酢.jpg
フリー画像からお借りしました










焼肉のたれ.jpg
フリー画像からお借りしました









すべてベースになっているのは「しょうゆ」のようですが、塩分が少なく、いろいろな料理にも使用できるので、調理に時間をかけられず出来合いのお惣菜を購入するご家庭が増えたという背景があるようです。










まっ、私も妻が病気のなるまではお料理なんてしたことがありませんでしたが、「めんつゆ」「ポン酢しょうゆ」「焼肉のたれ」お世話になりました^^










料理の経験がない私でも、料理とは言えませんがおかずが出来ましたからね!









兎に角、便利、重宝に使えるんなんですよね。









妻が退院してから、宅配弁当以外に何を食べていたのかを聞かれました。









正直に答えました。包丁を使うのが怖いので、キャベツの葉っぱをそのまま食べたり、などなどです。









呆れた表情でしたが、何もできない私が食べるために努力をしたことは認めてくれたようです。









だって、ご飯は母が作ってくれたし、学生時代の下宿生活はインスタント食品と外食や友達が助けてくれたし、結婚してからは妻が作ってくれましたからね。









あっ!話がそれましたが、毎日新聞さんの記事によりますと『千葉県船橋市の主婦は「きっちり量りながら、調味料を合わせるのは時間がかかる。

でも、市販の合わせ調味料は味が安定しており、便利。『あと一品』作る時も、すぐに調理できる」と重宝している。

よく使うのは「キムチ鍋の素(もと)」と「麻婆(マーボー)豆腐の素」という。東京都内の女性会社員は「ポン酢は作ると割高だが、市販のものは楽でおいしい。

中華風炒め物のもとは、自分では出せない味だから使う」と重宝する』ということです。









でも、時間があるときには、出来れば味付けも含めて料理をお作りになることをお勧めします!









特にご家族のいらっしゃる方にはお願いしたいです。









妻が退院してから作ってくれた料理は、最高に美味しかったですからね!^^









もしかしたら、私が使った調味料を使っていたのかもしれませんが^^???









どういう訳か、美味しさが違うんですよね~!感謝










ghann.jpg
フリー画像からお借りしました









スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(217) 
共通テーマ:日記・雑感

インフルエンザが大流行! [気になる情報]

スポンサードリンク





インフルエンザの予防接種は受けましたか?










インフルエンザ.jpg
フリー画像からお借りしました









私の妻は病み上がりということもあり、インフルエンザにはとても注意をしています。









しかし、昨年、病院を退院してからインフルエンザの予防接種を受けようとしたのですが、既にワクチンが底をついていたのです。









焦りました!^^









今年になれば何とかなるだろうという話でしたので、先日、病院に問い合わせたところワクチンが入ったといことでしたので、妻は予防接種を受けてきました。









予防接種をする以外にどのような「インフルエンザ予防対策」があるのでしょうね?









ちょっと調べてみました^^









<インフルエンザ予防法>

① 基本中の基本、手洗いはこまめにしてください。手洗いの時間は20秒を目安にしは方が良いそうです。

爪は短く切ること。指の間や手首、手の甲まで石鹸やハンドソープで丁寧に洗う洗い、終わったらすぐに清潔なタオルやペーパータオルで拭き取り十分に乾かすことです。



② うがいをする。水に少し塩を入れて生理食塩水のような感じにしてうがいをしてください。なるべく喉の奥の広い範囲を洗うようにしてください。



③ 乾燥対策をしてください。加湿器を置けない環境の場合は、ぬれたハンカチやタオルなどを置いておく程度でも良いそうです。



④ 当たり前ですが、マスクは使い捨てです。古いマスクを何日も使い続けることは絶対にやめてください。できれば1日に数枚使い捨てるくらいの感じで使用した方が良いそうです。










インフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原体とする急性の呼吸器感染症ですから、学校や会社を休まなくてはならなくなりますね。










インフルエンザ2.png
フリー画像からお借りしました










これは、周囲の人にも迷惑をかけてしまいますし、自分自身にとっても貴重な時間を無駄にしてしまいますからね。









インフルエンザには十分気を付けてくださいね!^^










スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(230) 
共通テーマ:日記・雑感

メタボ予防・疲労回復 安心して食べられる動物性タンパク質は? [気になる情報]

スポンサードリンク





お肉の好きな方沢山いますよね^^









私は焼肉が大好きなのですが、健康を考えると豚や牛よりも鳥や魚をなるべく食べなくてはいけないのかな~と思っています。








もちろん、バランスよく野菜もなんですけどね^^









疲労回復やメタボ予防には鶏むね肉が良いそうですよね。









若い時ならば新陳代謝が良く体も動かしますので、あまり健康のことを考えなくて食べ物を考えなくても良いのかもしれませんがね。









私は、疲れた時には肉を食べなくては!で豚肉や牛肉を沢山食べていましたが、最近は考えて食べるようにしています。









疲労回復に良く、メタボ予防も良い美味しい食べ物はどのようなものがあるのでしょうね?










わが国は高齢者社会を通り越して、超高齢者社会に突入しているそうです。









テレビをみていますと、様々な健康食品が販売されていますよね^^









先ず、健康食品のなかでも、疲労回復をうたった栄養ドリンクは人気が高いそうです。









確かにドラックストアーなどに行くと、沢山の栄養ドリンクが販売されています。










本当に疲労回復などに役立つのであれば、お手軽な方法だと思います。










栄養ドリンクの多くに配合されているのが「タウリン」だそうです。










「タウリン」は、タコやイカ、牡蠣に多く含まれていて、疲労回復効果があるとされていますが、しかし、疲労回復の科学的根拠はないのだそうですよ!









確か、サプリメントも同様の話を聞いたことがあります。










ということは、ちゃんと食べて体に良いものを調べなくてはなりませんね。










鶏むね肉には、疲労回復効果のある「イミダゾールジペプチド」が豊富に含まれており、さらに栄養価が高いのにもかかわらず低カロリーで、しかもお手頃価格ですからおすすめできそうです!^^









「イミダゾールジペプチド」は、肉体疲労や精神疲労の原因となるのが活性酸素を分解してしまう抗酸化物質なんだそうです。










更に凄いのが「バレニン」だそうです。










「バレニン」は疲労物質の発生を抑えるだけでなく、効率的に体脂肪を燃やすため、メタボ予防の作用があるとも言われているそうです。










この「バレニン」を多く含んでいるのがクジラ肉ということです。











くじら.jpg
フリーは画像からお借りしました









しかし、クジラ肉を豊富に入手することは難しいのではないでしょうか、買い物に行ったときに見かけることはあるのですが、安価とは言えないと思いました^^









試してみる価値はあるとは思いますよ!









やはり、お年頃になってきたら「暴飲暴食」を控えて野菜なども摂るようにしてバランスの良い食生活をしなくてはいけないということなのでしょう。









あっ!お酒もほどほどにしてということですね^^










スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(204) 
共通テーマ:日記・雑感

埼玉県産日本酒で婚活イベント開催!^^ [気になる情報]

スポンサードリンク





最近はいろいろな婚活イベントがあるようですね^^









行政が主催する婚活イベントや、先日TVで放送されていたのは「お寺の婚活」というものでした。









お寺のご僧侶が婚活を主催しているのです。










費用は、参加時に実費3000円を負担してもらうのみで、営利目的ではないことから登録費や年会費などは不要だそうです。









ご僧侶はボランティアで、縁結びのお手伝いをしているそうですよ^^









今日話題にした「面白い婚活」は、さいたまで県内の地酒数種を飲み比べながら縁をつなぐという婚活イベントなんです!









酒.jpg
フリー画像からお借りしました









埼玉県が補助・後援する「SAITAMA婚活コミッション事業」の一環として行われているのが「日本酒☆婚 in さいたま ~埼玉県の地酒を飲み比べ♪~」です。










埼玉県内の蔵元さんから代表的な日本酒数種類取り寄せ、「お酒好き」をキーワードに縁をつなげようという企画のようです。










日本酒.jpg
フリー画像からお借りしました









その成果が凄いんですよ!2017年1月に行われた1回目の婚活イベントでは100人以上が参加して、5組のカップルが誕生しているそうなんです。









美味しい埼玉の地酒のおかげかもしれませんんね!^^









今回は、埼玉会館(埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4)で1月27日に婚活イベント「日本酒☆婚 in さいたま ~埼玉県の地酒を飲み比べ♪~」が行われます。









開催時間は13時~16時。参加資格は20歳以上の独身男女です。









チケット料金は、女性=2,900円、男性=4,900円。(男性チケットは完売)定員50人。

お申し込みはこちらからお願いしますね!^^









スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(207) 
共通テーマ:日記・雑感

阪神・淡路大震災から23年 被災者は今 [最近のニュースから]

スポンサードリンク





昨日、1月17日で阪神・淡路大震災が発生してから23年が経ちました。










地震4.jpg
フリー画像からお借りしました










地震が発生した時刻の午前5時46分、被災各地では追悼行事が営まれました。









6434人が亡くなり、3人が行方不明になりました。









多くの建物にも倒壊などの被害が出ました。










地震3.jpg
フリー画像からお借りしました









今でも記憶に残っているのは、倒壊した阪神高速道路神戸線の映像がTVに映し出された時の衝撃です。











地震.jpg
フリー画像からお借りしました









地震2.jpg
フリー画像からお借りしました











現在、被災した方々は幸せに暮らしていらっしゃるのでしょうか?










皆さんご存じですか?









被災者に対して、自治体が賃貸で被災者に提供している「借り上げ復興住宅」の問題のことです。









借り上げ復興住宅は、震災後に兵庫県と神戸、西宮など県内5市が民間などから借り上げ、最大約7千戸を賃貸で提供しています。









順次、20年の契約期限を迎えています。









「終のすみか」として入居した高齢者が、行政から退去を迫られる問題も起きているのが現状なのです。









神戸新聞さんの記事によると、2017年9月末現在で神戸市が管理する89の団地に1199人が入居中だそうです。









また、神戸市は財政負担や自力再建した人らとの公平性などを理由に「85歳以上」「要介護3以上」「重度障害者」以外の入居者に転居を求め、約2千世帯が退去しています。










契約期限を迎え「十分な説明がなかった」などとして退去しなかった方々に対して2016年2~11月、明け渡しなどを求めて提訴しているそうです。










被災した高齢者に対して、行政はもう少し配慮(優しさ)があっても良いのではないでしょうか。









市と県の「入居継続要件」の違いなど、決まり事があるのでしょうが、「決まりだから守れ!」そのような杓子定規な判断で良いのでしょうか。










阪神・淡路大震災で被災された高齢者なのですから、融通をきかせて頂くことも必要だと思うのです。









神戸新聞さんの記事に、もう一つ気になる内容がありました。










『兵庫県は「防災庁」創設など防災行政の意義を全国に発信する一方、今も後遺症にあえぐ。被災自治体の多くが危機的な財政状況を脱した中、復興事業に要した県の借金はいまだ約4千億円残っており、老朽化が進む県庁舎の建て替えなど、今後の備えにも暗い影を落とす』









震災関連の借金残高が4386億円(16年度決算)もあるというのです。










2011年3月に発生した東日本大震災では、国が2011~15年度を東日本の集中復興期間と位置付け、復旧・復興事業の地元負担を実質ゼロにしているそうです。









政府は、海外に私たちの血税をばら撒くのであれば、先ず国内でやるべきことをやってからにしてほしいと思います!









高齢者の方々に、「報われない国」そんなふうに思わせないでもらいたいですね。











日の丸.jpeg
フリー画像からお借りしました











スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(222) 
共通テーマ:日記・雑感

平戸・福田酒造の「聖地の湧水酒」販売開始! [気になる情報]

スポンサードリンク



酒.jpg
フリー画像からお借りしました

今日も日本酒の話題なんです!^^











長崎新聞さんの記事によりますと、長崎県平戸市志々伎町の福田酒造さんが「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「平戸の聖地と集落」に含まれる安満岳の湧水などを原料に使った日本酒の新製品「福田 純米吟醸 山田錦」と「福田 純米 山田錦」の限定発売を始めたということです。









昨年10月に仕込みを開始を恥じえたそうで、「純米吟醸酒」は果実系の甘い香りと米のうま味が調和した、すっきりした後口が特長だそうです。









「純米酒」は熱かんで味わうのがお薦めで、いずれも食中酒としておすすめということです。









平戸と言えば江戸時代のキリシタン信仰を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。









現在も多くの教会がありますね。









1550年に平戸を訪れたフランシスコ・ザビエルによって、キリシタン信仰が広められました。









江戸時代に入ると、幕府による相次ぐ弾圧で多くの犠牲者(殉教者)を出しました。








信者は聖具を秘匿し、行事を密かに行い、信仰を伝えていきました。









当時の信者(キリシタン)やその子孫は、表向きは仏教徒として密かにキリスト教の信仰を捨てずに代々伝えていったのです。









そのような歴史のある地で造られた酒ですから、ちょっと違った味わいがあるのかもしれませんね。










日本酒.jpg
フリー画像からお借りしました










福田酒造さんの紹介はこちらをご覧ください!^^










スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(216) 
共通テーマ:日記・雑感

中国で日本酒「三井の寿」人気上昇中! [気になる情報]

スポンサードリンク





海外ではわが国の日本酒やウイスキー、ビール、もちろん寿司など多くの食品が人気を集めていますよね。









家電製品などの中国人の爆買いも話題になりました。









その中国では、福岡県産の日本酒「三井(みい)の寿(ことぶき)」が人気を集めているそうです。










昨年6月から販売が始まり、約4カ月で約1万本を完売したということです。









中国では日本酒に高い関税が課せられるので、高級品として扱われています。









今年も新酒が出来上がり、早々に中国での販売が再開される見通しだそうです。









「三井(みい)の寿(ことぶき)」の人気の秘密は、日本のバスケットボール漫画「スラムダンク」との関わりにあったそうなんです^^











basuke.jpeg










basuke.jpg











ところで、日本のバスケットボール漫画「スラムダンク」ってご存知ですか?









「『SLAM DUNK』(スラムダンク)は、井上雄彦による高校バスケットボールを題材にした少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載され、アニメやゲームも制作された。









主人公の不良少年桜木花道の挑戦と成長を軸にしたバスケットボール漫画。単行本第21 - 23巻の初版発行部数250万部は、当時としての最高記録である[1]。累計単行本発行部数は1億7000万部を突破している。」出典:Wikipedia









西日本新聞さんの記事によりますと、その個性的な高校生たちがバスケットボールを通して成長する姿を描いた物語は、若年層を中心に人気を呼び、アニメが放送された中国でもバスケブームが起こったそうです。








酒造会社「みいの寿」(福岡県大刀洗町)の井上宰継(ただつぐ)専務(47)がスラムダンクとのつながりを知ったのは約10年前で、作者の井上雄彦さんが詩人の伊藤比呂美さんとの対談本の中で、3点シュートを得意とする人気キャラ「三井寿(みついひさし)」の名前が「三井の寿」に由来していることを明かしていたということです。









そうだったんですね~!^^









作者の井上雄彦さんは、きっと日本酒好きなんでしょうね^^









切っ掛けはどうであれ、日本酒が海外で人気になるということは、日本人としてとても嬉しいことです。









株式会社 みいの寿さんの紹介はこちらをご覧くださいね!^^









スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(212) 
共通テーマ:日記・雑感

「うじ虫」が食品廃棄問題に貢献? [最近のニュースから]

スポンサードリンク





食品ロスの問題は、以前にも記事にしたことがありますが、わが国だけでなく世界中で大きな問題となっていますね。









国連の食糧農業機関によると、世界では毎年、約13億トンの食料が人の食用に生産されているそうですが、その3分の1が廃棄されるのです。









そして、約8億7000万人が飢えている事実があります。









食品廃棄物は環境汚染問題も深刻化させているようです。









世界で最も人口の多い中国、 現在の中国の人口は約13.7億人だそうです。









中国は毎年、計4000万トンの食品廃棄物を出しているといわれています。










重さで計算すると、なんと米ニューヨークのエンパイアステートビル110棟分に相当する量だそうです。









その中国では、「うじ虫」食品廃棄物の山を減らしてくれる救世主になるかもしれないというのです。









国民1人当たり年約30キロ近い食料が廃棄されているのですから、その処理は厄介な問題になっているのです。










その「うじ虫」は、「アメリカミズアブ」の幼虫で米大陸原産だそうで、どの個体も1日に体重の約2倍の残飯を食べることができるといいます。










「アメリカミズアブ」の幼虫は食欲旺盛で、その群れの中に魚を入れると白い骨しか残らないそうです。











平均すると、1キロ分の「アメリカミズアブ」の幼虫は、4時間で2キロのごみを消費できるようですから、効率の良い処理手段ではないでしょうか。










更には、廃棄食品を食べて丸々と太った「アメリカミズアブ」の幼虫は、ニワトリ、魚、カメなどの生き餌として、あるいは乾燥飼料としても販売されているそうです。










「アメリカミズアブ」の幼虫は、生ごみからたんぱく質と脂質を摂取し、やがて飼料として食べられる家畜を通して人間の食物連鎖に組み込まれていきます。












食物連鎖.png
フリー画像からお借りしました











また、幼虫の排せつ物は有機肥料にもなるそうですよ。









中国各地に「アメリカミズアブ」の幼虫を利用した専用農場があるということです。










先ず、私たちが改めるべきは食品の過剰生産や無駄な廃棄処分を考えることなのでしょうね。










そして、廃棄処分の方法も焼却や埋め立てなんてもったいないことをしてはいけないんですね。










「アメリカミズアブ」の幼虫「うじ虫」君に活躍してもらうことも考え、生ごみも大切な資源になるんですから!









日本人のもったいない精神、忘れてはいけませんね^^











スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(210) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪・日本橋「快獣ブースカ展」開催中! [気になる情報]

スポンサードリンク





皆さん!「快獣ブースカ」ってご存じでしょうか^^










ブースカ.jpeg
フリー画像からお借りしました









「快獣ブースカ(かいじゅうブースカ)」とは、1966年11月9日~1967年9月27日まで、日本テレビ系で全47話が放送されたそうです。









ウルトラマンの特撮映画で有名な円谷プロダクションが製作し、見た目のかわいさや「ブースカ語」と呼ばれた「バラサ バラサ」や「しおしおのパー」で当時人気を集めたということです。









その作品はモノクロ作品でした、と言いますか当時はすべてモノクロだったのかもせれませんね^^










その『快獣ブースカ』の放送終了50周年を記念して、関連資料や貴重なおもちゃグッズなどを展示するイベント「おかえり!快獣ブースカ展」が、東京・中野の「墓場の画廊」で昨年9月14日(木)~10月3日(火)に開催されました。










今回は、大阪・日本橋でフィギュアやおもちゃの販売を行う「ジャングル大阪日本橋店」で1月12日(金)~28日まで、「おかえり!快獣ブースカ展」が始まっています。









会場には、当時の台本や撮影で使用していた小道具、歴代「ブースカ」のソフトビニール人形や20組のアーティストが「快獣ブースカ」のソフトビニール人形に彩色を施したオリジナルの「ワンオブブースカソフビ」も展示されているそうです。










その展示品中には10万円を超える価格のものもあるということですよ。










そのほか、大阪限定の企画が盛りだくさんのようです。










「快獣ブースカ」が懐かしいな~なんてお感じの方、見物に行ってみませんか?









「ジャングル大阪日本橋店」(大阪市浪速区日本橋3丁目4−16、TEL 06-6636-7444)で1月12日(金)~28日(日)まで行われています。
営業時間は12時~20時(土曜・日曜・祝日は11時から)です。









スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


nice!(227) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -