So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

介護施設 また事件? [最近のニュースから]

最近は、民間の介護施設を目にすることが多くなりました。









そして、その介護施設でのトラブルも増えています。









施設利用者への虐待、酷い時は命にかかわる事まで。









岐阜県の高齢者施設で、3日間に脳挫傷などで3人間が死亡し、2人が怪我をしているようです。









その介護施設は「それいゆ」で、8月6日に93歳の女性が部屋で頭を打ち、倒れているところを発見され、翌日脳挫傷で死亡しています。









女性は、8月1日にこの施設に入所したばかりでした。









12日には、87歳の女性が肋骨を折り、骨が肺に刺さり翌日死亡しました。









15,16日にも90代の女性2人が、助骨骨折や肺挫傷などで入院をしています。









先月の31日には、80歳の男性が食べ物を喉に詰まらせ死亡していました。









5人の入所者を担当していた30代の男性職員が17日に施設を退職したというのです。









不思議ですね。









こんなに偶然が重なるとは思えません。









施設によると、男性の退職は施設側から「通常の業務に支障をきたす為、本人と話し合い退職届をだしてもらった」ということです。









施設としても、疑いを抱いていたのであれば、退職を促すのではなく事実解明に努力すべきで、場合によっては警察の協力を受けても行わなくてはならないと思います。









人の命、家族の気持ちをどう考えているのでしょうね。










既に警察が捜査をしているそうです。









報道陣の取材で施設の理事長は、折茂謙一理事長は「偶発的であるか、技術の未熟なのか、それか、3番目の意図的なものである。意図的というと、犯罪ということになりますけど。五里霧中と言ったらいいんですかね」と話したそうです。









また、遺族側から事件性の有無を聞かれて「100%否定できない」と答えたものの、「私の立場から見ると、ほぼ100%、自分で転倒して死亡した」とも述べているようです。









これでは、怖くて家族をお任せすることはできませんよね。












nice!(28) 
共通テーマ:日記・雑感

タバコ・「ホタル族」に損害賠償請求! [気になる情報]

近年、受動喫煙などの健康被害が取り沙汰されています。









良い機会と捉え、煙草を止めた方も沢山いらっしゃる様ですね。








一人暮らしの愛煙家は良いのですが、ご家族のいる方は家庭内でも肩身の狭い思いをされてる方もいます。









以前に話題になりましたが、家族に気遣って夜間のベランダで煙草を吸う「ホタル族」、今その問題が表面化しそうです。












ホタル族.jpg
フリー画像からお借りしました











マンション等の集合住宅のベランダでの喫煙に対する視線が厳しくなっています。









ベランダで喫煙している煙が、近くの部屋に入り込んでしまうそうです。









ご近所ということもあり、言い出せないケースが多いのです。









そんな中、全国組織「近隣住宅受動喫煙被害者の会」5月中旬に結成されたのですが、同会に参加する会員が7月末時点で約820人だそうです。









全国的に、ホタル族への不満が高まっているようですね。









ところで、ベランダでの喫煙を規制することができるのでしょうか。









マンション規約でベランダでの喫煙を禁じていない場合、マンションのベランダは「共用部分」で、利用については管理規約などに定めることができます。









マンションの購入者(区分所有者)は、それぞれの「専有部分」に接しているベランダの専有使用権があり、日常的に使用することができます。









ということは、共用部分であるが、専有使用権があるのだから喫煙を規制することができないの?









出来るそうです!









煙草は健康に悪影響を及ぼすことは公知の事実で、喫煙者が他の居住者に著しい不利益を与えることを知りながら、ベランダでの喫煙を継続し、防止措置もしなかった場合、喫煙者に対して不法行為にも基づく損害賠償請求をすることもあり得るそうです。









判例では、マンションの使用規則がベランダでの喫煙を禁止していない場合で、住んでいる部屋の真下に居住している者がベランダなどで喫煙を継続した住人に対して損害賠償請求を認めています。









住人はぜんそくで、煙草の煙によって強いストレスを感じていることを真下の住人に伝え、ベランダでの喫煙を止めるように告げました。









また、管理組合もベランダでの喫煙について、回覧•掲示しています。









しかし、住人はそれを無視してベランダでの喫煙を継続したのです。









裁判所は、ベランダでの喫煙を継続したことが不法行為にあたるとして、精神的な損害について請求を認めているそうです。









そういう時代なんですが、いまだに禁煙エリアなのに喫煙んする人、そして煙草の投げ捨て、まだまだ人の迷惑を考えないルールを守れない人間が沢山いるんですよね!











nice!(163) 
共通テーマ:日記・雑感

ついに「奈良の鹿」捕獲始まる! [最近のニュースから]

日本各地で、鳥獣などによる農作物の被害が出ています。








奈良では、春日大社の神様の使い「神鹿(しんろく)」とされている鹿が、文化財保護法に基づく保護の対象となっています。








そうなんです。









奈良市一円に生息している鹿は、天然記念物「奈良の鹿」として保護されてきました。









私が奈良に観光で訪れた時に、奈良公園で鹿にシカせんべいをあげたことがあります。











しか.png
フリー画像からお借りしました










目がくりくりしていて、とても可愛い顔をしていました。









しかし、農家の方々には悩みの種だったんですね。









農家が「奈良の鹿」の被害を訴え始めてから50年以上だそうです。









やっと県が動きました。









県は、年間120頭を上限に捕獲を続けるそうです。









7月31日に罠を仕掛け、今月17日に1頭目を捕獲して殺処分しました。









日光でも猿が大暴れしていますよね。









私たちには野生の動物を乱獲して、絶滅にまで追い込んだ過去があります。









経験から学んだことを、役立てなくてはいけませんね。









そして、殺処分された鹿たちを廃棄処分等にはしないで頂きたいですね。









人間が食べることで、奪った鹿の命が無駄にはならない、農家の為になり食材にもなるんですからね。












nice!(153) 
共通テーマ:日記・雑感

筋トレ中の方へ [最近のニュースから]

筋トレをしている方に警鐘です。











筋トレ中.jpg
フリー画像からお借りしました










そんな記事を読みましたので、紹介させて頂きます。









オーストラリアで筋トレをしていた女性が死亡したそうです。









その女性は25歳で、自宅で意識を失った状態で発見され、数日後に死亡しました。









女性は7歳と5歳の子供の母親でした。









死亡の原因は「尿素サイクル異常症」、体内の高タンパクの食品を上手に代謝できない遺伝性疾患だそうです。









酵素の欠損が原因で、たんぱく質を分解できなくたるようです。









通常では、たんぱく代謝によって発生する老廃物の窒素は血液から除去されるそうですが、「尿素サイクル異常症」ではそれができません。









窒素が有害なアンモニアの形で血液中に蓄積して脳にはいると、最悪、昏睡状態に陥り死に至ることもあるそうです。









女性は、ボディービルディングの大会に出場する為たんぱく質が極端に多い偏った食事をしていたようです。









女性の自宅からは、赤みの肉や卵の白身などの食事にプロテインやサプリメントも摂取していた形跡が見られたそうです。









たんぱく質の過剰摂取が原因で、「尿素サイクル異常症」の症状を発症したようです。










むやみな、我流の方法が招いてしまった悲劇なのかもしれませんね。










「尿素サイクル異常症」は、遺伝性の疾病らしいのでどうしたら良いのでしょうね?










何か特別なことをする時には、お医者様に相談した方が良いのかもしれませんね。












nice!(156) 
共通テーマ:日記・雑感

山形・「新庄まつり」 [気になる情報]

山形県新庄市の「新庄まつり」が24〜26日まで行われます。









「新庄まつり」の歴史は古く宝暦6年(1756)に藩主のとざわまさのぶによって始まり、今年で261年目になります。









平成28年12月2日にユネスコの無形文化財に登録されたことから、例年以上の盛り上がりが期待できますね。









ユネスコ登録を記念した商品も販売されますよ。










先ず、10日から販売されている数量限定の「純米吟醸 新庄まつり」です。










純米吟醸 新庄まつり.png
フリー画像からお借りしました










最上地方唯一の蔵元の小屋酒造が造っていますから、出来栄えはお墨付き付きです。










原料は新庄市産のつや姫を使っています。










アルコール度数は15度、さわやかな酸味と柔らかさを持つ軽快な旨さだそうです。










720mlが1620円、1000本限定販売です。










市内の酒店やスーパーで販売しています。









小屋酒造さんの紹介はこちらをご覧ください^^










更には、ユネスコ無形文化財登録記念弁当まであります!^^










その弁当は「新庄まつり弁当」といって、魚のエイを干した「からかい」を醤油、砂糖などで味付けしたからかい煮や昆布巻きニシン、新庄市名物の鳥もつ煮、しそ巻など十数種類が入っているそうです。










新庄まつり弁当.png
フリー画像からお借りしました










新庄まつり弁当は1個1500円です。










お祭りを見物しながら食べてみたい方は予約が必要で、8月20日までに下記へご連絡ください。










連絡先:山葵家 0233-23-4820迄










あっ!20日は今日でしたね m(_ _)mスマン











nice!(179) 
共通テーマ:日記・雑感

日本刀の魅力が海外にも! [最近のニュースから]

今日は、日本刀を話題にしてみました。










日本刀.jpg
フリー画像からお借りしました










どうやら、海外では日本刀が大人気のようです。









日本刀を作る様子を紹介する動画を瀬戸内市が作成しました。









その動画を、日本大使館広報文化センターが英語版をフェイスブックにそうです。









7月24日にアップしてから、その再生回数が1千万回を超えたといいます。









海外でも、かなり注目されているんですね。








動画には、刀鍛冶や研ぎ師、鞘師、彫金師、柄巻師など刀に関わる7人の職人に焦点を当てて作られています









10分間で玉鋼から刀身を打ち出し、外装が仕上がるまでの工程を紹介しています。









備前長船刀剣博物館では、外国人入館者が数年で急増しているそうです。









フェイスブックには、刀剣の購入を考えている様なコメントもあるそうですから、沢山の日本刀が美術品として海外へ販売されるようになると良いですね。









日本刀って、芸術品ですからね。









本物を見た時に、本当に美しいと思いました。









在米日本大使館広報文化センターのフェイスブックはこちらから!^^










nice!(150) 
共通テーマ:日記・雑感

「病は気から」^^ [気になる情報]

今日は、朝日新聞デジタルさんの記事を紹介したいと思います。









「病は気から」の仕組みを、北海道大学の研究チームが解明したそうです。









マウスを使った実験で、ストレスが原因となる突然死や胃腸の病気のメカニズムを解明したんです。









チームの行った実験では、マウスに睡眠不足なでの慢性的なストレスを与えました。









そのマウスの中で、免疫細胞(自分の神経細胞を攻撃してしまう細胞)を血管に入れたマウスとそうでないマウス観察しました。









すると、免疫細胞を注入したマウスは約7割が1週間ほどで突然死したそうです。









そうでないストレスを与えただけのマウスや免疫細胞だけを入れたマウスには変化はなかったのです。









突然死したマウスの脳にある特定の血管部分に、わずかな炎症があっそうです。









その炎症は免疫細胞によるもので、本来はない神経回路が出来て胃腸や心臓に異常をきたしたことが判明しました。









その結果から、同じストレスを受けても、免疫細胞の量や脳内の炎症の有無で、病気になるかどうかが分かれると結論づけました。









これで「病は気から」の仕組みが裏付けられました。









将来的には、ストレス性の病気の予防や診断に応用できそうです。









現代はストレス社会ですからね。









ストレスから逃げることは出来ませんから、その予防ができたら良いですね。









病は気から、気の持ちよう、病は気なり、病は気で勝つ、百病は気で勝つ、等々。









そして、笑う門には福来たる!^^









ことわざにもありますが、何があっても元気で笑顔が大切のようですね^^









egao.png
フリー画像からお借りしました











nice!(172) 
共通テーマ:日記・雑感

若者の海離れ加速中! [最近のニュースから]

今日は、海水浴の話題にしてみました。










海水浴.jpg
フリー画像からお借りしました










先日、朝のテレビ番組を観ていましたら、最近の若者は海に行かなくなっているそうです。









8月12日の山陽新聞デジタルさんの記事を読んだのですが、岡山県の海水浴場が10年ほど前から海水浴場そのものの閉鎖が続いているそうですから、全国的な現象の様です。









県内随一の砂浜を持っている渋川の海水浴場では、2016年のシーズン中の客が6万2千人で、2005年の10万4千人に比べ4割減になっているそうです。









海水浴の客が減ったので、2007年に17軒が営業していましたが、今夏は6軒と3分の1になっています。









県内に海水浴場は10ヶ所ほどあるそうですが、軒並み海水浴の客が減っているということです。









また、瀬戸内市の牛窓、西脇の両海水浴場ではビーク時の1980年代は合計の来客数が18万人を超えていたそうですが、2016年には2万人まで激減した為、去年が最後で閉鎖になっているようです。









越前市の亀の浦では、サメの防御ネットを2006年に終了しているそうですから事実上の閉鎖さのでしょう。









玉野市の出崎は2013年に閉鎖となっているそうです。









日本財団がインターネットで行った「海と日本に関する意識調査」の結果は、10、20代のうち約6割が小学生の時に海に行ったのは年に1回以下で、10代が海水浴に行かない理由は「泳ぐこと自体好きではない」「海まで距離があり、時間がかかる」「日焼けが嫌」「海水や海風で体がベタベタするのが嫌」などの回答が多かったそうです。









変わりましたね〜!









10代20代の時には、日焼けもベトベトも関係なかっですけどねぇ。









確かに最近はオゾン層が破壊され、痛いぐらいの日差しですからね。









太陽がいっぱい過ぎちゃうからでしょうか?^^












nice!(159) 
共通テーマ:日記・雑感

戦争は絶対にご免だ! [日常の出来事]

昨日、8月15日は72回目の終戦記念日でした。









日本武道館で「全国戦没者追悼式」が行われました。









参列した遺族は、世代交代が進み戦没者の妻は4人と最も少なく、どなたも90代と高齢だそうです。









日本は、太平洋戦争を始めたことで最悪の結果を招いてしまいました。









私も含め戦争を知らない世代に、戦争の悲惨さを語り継がなくてはなりませんね。









私は、この時期に毎年観ているのが、野坂昭如氏の短編小説をアニメ化した「火垂るの墓」です。









火垂るの墓.jpg
フリー画像からお借りしました









何度みても、悲しくて悔しくて涙が出てきます。










戦争には、悲しみと恨みしか残らないのではないでしょうか。









勝っても負けてもです。









どのような形でも良いと思うのですが、家庭でも学校でも戦争が如何に愚かな行為なのかを子供たちに語る時間が作れないでしょうか?









北朝鮮、中国、等を我が国の脅威と位置づけ国民の不安をあおる、そんな政策良いとは思えません。









国防を否定している訳ではないのですが、先ず戦争を起こさないという考え方を疎かにしてはいけないと思うんです。










YouTubeでこの動画をみつけました。ご覧いただけましたら嬉しいです。(全画面でご覧ください)













nice!(167) 
共通テーマ:日記・雑感

ムツゴロウ餃子?なにそれ! [気になる情報]

昨日は、お墓参りに行ってから妻の入院先に行ってきました。








やっと笑顔を見せてくれるようになり、いくらかですが安心しています。








手術は成功したのですが、アクシデントがあり、かなり落ち込んでいたのです。









それこそ、弱り目に祟り目とでも言うのでしょうか、私もショックでした。









何れにしても長期戦になりそうです。









「先のことはケセラセラ」で、元気を出して頑張らなくては!^^









さて、今日は有明海のムツゴロウの話題にしました。










ムツゴロウ.jpg
佐賀新聞さんの記事よりお借りしました










あのひょうきんな生き物、ムツゴロウの求愛の「恋のダンス」を観たときには笑ってしまいました。









雄のムツゴロウが切り返しジャンプをして、雌にアピールをするんです。









可愛いです。









そんなムツゴロウを、餃子にして食べちゃうという記事が佐賀新聞さんに載っていましたので、紹介したいと思います。









有明海にいる珍魚「ムツゴロウ」を味わえる企画として、今月11日と12日にイベントが開催されたそうです。









佐賀県が力を入れている情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライス!」の一環だそうです。









今回、東京の会員制餃子レストラン「蔓餃苑」の協力を得ました。









当日イベントに出店して「珍魚餃子」として50皿を限定販売したようです。









その「珍魚餃子」とは、ムツゴロウを素焼きにして皮で包みます。









がん漬けとマヨネーズで作ったソースがつくそうです。









食べた方の感想は「香ばしくって、ソースにもよくあっていた」「皮で包んで可愛くしてあったので見た目への抵抗感は和らいだ」ということでした。









ムツゴロウの姿を想像してしまうと、チョット食べる気はしないかも?









イベント中、合計100皿の限定販売でした。









ムツゴロウ餃子の他、赤貝やイソギンチャクを食材にした3種類を販売したそうです。










イソギンチャク.jpg
BIGLOBEニュースさんの記事よりお借りしました









う〜ん、イベントの主催者には申し訳ありませんが、普通の餃子が食べたいですね^^









美味しい普通の餃子が良いです!










nice!(170) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -