So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

メトロ駅 無断貼り紙に優しい対応 [最近のニュースから]

今日は、久しぶりに心温まる話題なんです!









9月15日、東京メトロ南北線・王子駅の壁に2枚貼り紙がされていたそうです。










王寺駅.jpg
フリー画像からお借りしました










筆跡などから、どうやら子供が書いた人探しの貼り紙のようでした。









その貼り紙には、「ママ元気?電話して〇〇名前) 〇〇ママへ」「ママ元気?まってる 電話してね」












まま.jpg
フリー画像からお借りしました











〇〇ママを2人の子供が探しているような内容だったそうです。









その2枚の貼り紙、通常であれば発見次第撤去されるところです。









同駅の駅長さんは、こんな対応をしたのです。









「東京メトロからのお願い」という貼り紙をしました。









貼り紙には、「地下鉄の建物のため、許可なく掲示物を貼りだすことはできません。また、多くのお客様にご利用をいただいているため、一人のお客様を特別にお認めするわけにもいきません。しかし、こちらのお子様方の思いを感じると、撤去するのを躊躇いたしました。しばらしくしてから撤去いたします。連絡があります様に。 駅長」









心優しい駅長さん、上手ですね〜!^^









駅構内に無断で貼り出した掲示物は撤去しなくてはなりませんが、貼り主の気持ちを考えながらも対外的にも理解を得られるようなメッセージをだしたんですね。









現在、その貼り紙は王子警察署に届けられているそうです。









王子駅の駅長さん、魅力のある方ですよね。












nice!(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ビール《ゼロタイプ》本当に健康的? [気になる情報]

ビールや発泡酒、居酒屋に行っても「とりあえずビール!」から始まる方、沢山いらっしゃるのではないでしょうか。









ビール.jpeg
フリー画像からお借りしました










ビールや発泡酒を飲む機会が多いと思いますが、最近は「糖質ゼロ」「カロリーオフ」「プリン体ゼロ」など、ゼロタイプの表示がされている商品が増えているようです。









健康志向が高くなっているので、売上向上が目的なのでしょうね









会社の先輩で、痛風になってしまった大酒のみの方がいます。









先輩に聞いたところ、「プリン体ゼロ」「糖質ゼロ」のゼロ系ビールを購入しているそうです。









勿論、通院しながら薬を飲みながら、毎日欠かさずお酒も飲んでいるんです。









酒は程々に飲めば、健康にも良いのでしょうが、ついつい飲みすぎてしまいます









ゼロタイプのビール、健康を気にせず飲むことが出来るのでしょうか?









そうは問屋が降ろさないようですよ。









お酒を適量以上に飲んだ場合に体に良くない成分は「プリン体」「糖質」なのでしょうか?









先ず「糖質」、一般的なビールで糖質の含まれる量は100ミリリットルあたり3グラムで、500ミリリットル缶たあり15グラムとなり、糖質由来のカロリーは60キロカロリーです。









糖質の取り過ぎは、肥満や糖尿病の原因ともなるので、通常のビールを飲むよりは「糖質0」を選んだ方が良さそうです。









次に「プリン体」は、体内で尿酸に変換され、過剰に蓄積されると高尿酸血症を招き、症状が酷くなると大変な痛みを伴う痛風発作を発症するそうです。









ビールのプリン体含有量は100ミリリットル当たり5ミリグラム前後だそうです。









プリン体が豊富に含まれている他の食品としては、鶏レバー312ミリグラム、白子306ミリリグラムなど、一般的に肉魚類は100ミリグラム以上ということから、ビールの含有率は小さいようです。









ビールてプリン体の摂取を心配するよりも、体内で尿酸への変換を促進したり、排泄を阻害したりする他の因子に注意する方が重要なのだそうです。









体内で尿酸の精製を促進させたり排泄を阻害したりする因子のことですね。









まっ、プリン体や糖質はとりあえずゼロの方が良いでしょう、といったところのようです。









じゃあ、とりあえずプリン体や糖質はゼロを飲むんだから、いっぱい飲んでも良いの?









糖質やプリン体がゼロになったという安心感から、飲酒の量が増えてしまうというケースが多発しているそうです。









そうなんです。









思い出して頂けましたか? お酒が体に悪いというそもそもの原因は、「アルコール」でしたよね。









しかし、アルコールの効能も間違えなくあるんです。









話が弾み食卓が楽しくなる。










適量のアルコールは、心筋梗塞などの循環器疾病のリスクを下げることも報告されているようです。










適量のアルコールは、まさに「酒は百薬の長」ということになりますね!










改めて過度なアルコール摂取がもたらす健康問題を思い出してみましょう。










尿酸値の上昇だけではなく、アルコールを分解する肝臓に負担をかけ、アルコール性脂肪肝、悪化すると肝硬変や肝臓がんになることも。










更にアルコールと関係があるがんには、口腔がん、咽頭がん、食道がん、大腸がん、女性の場合は乳がんがあげられるようです。










そして、アルコールの摂取量に応じて、その死亡率は急激に増加するといいます。










また、アルコールは脳に直接作用する為、大量の飲酒は認知症の危険性を高めるという報告もあります。










現在の日本人における適度な飲酒量は、「アルコールで1日平均20グラム程度」※とされ、ビールなら500ミリ・リットル缶1本、日本酒なら1合(約180ミリ・リットル)、焼酎なら0.6合(約110ミリ・リットル)、ワインならグラス2杯(約180ミリ・リットル)だそうです。










アルコール量を基準としているので、ゼロ系のビールであってもこの量は変わりません。










したがって、「ゼロ系ビールを選べば飲む量を増やしても大丈夫」という考えは、明らかに間違っているようですね










お酒と上手に付き合う基本は、糖質量でもプリン体量でもなく、先ずは「アルコール量」にあることを忘れないようにした方がよさそうですよ^^
★女性の場合は、これよりも低く(半量くらいに)設定した方が妥当ということでした。










「酒は百薬の長」美味しいお酒を何時までも飲めるように、普段のアルコール摂取量に気を付けましょうね!^^










ビール2.jpeg
フリー画像からお借りしました










飲み過ぎちゃうことって絶対にあると思うので、お酒を飲まない日(休肝日)を毎週必ず設けましょうね^^












nice!(166) 
共通テーマ:日記・雑感

また年金に問題発生! [最近のニュースから]

今日は年金の話にしました。










年金1.jpg
フリー画像からお借りしました









社会保険庁という名称を思い出しただけでも腹が立ちませんか?









老後の生活の安定の為と称して、国民から合法的に金を集めやりたい放題。










終いには、消えた年金騒動。









責任問題は、国民の理解を得られないまま幕引き。









離党ドミノが続いているどこぞの党で「ミスター年金」なんて言われていた人も当てにはなりませんでしたね^^









社会保険庁から日本年金機構と名称を変更して、やっていること(体質)は変わらないのでしょうか?









社会保険庁当時から、右を見ても左を見ても、どこを見ても不祥事ばかりですね。










今度は、支給漏れだそうです。










総額約600億円の年金の支給漏れが発覚して、年金機構へ問い合わせが殺到しているといいます。










支給漏れの可能性があるのは、厚生年金に加入している人の配偶者が65歳から受けられる基礎年金に、一定額を上乗せする「加算額」だそうです。










支払額の平均は約56万円、最高額は約590万円、厚労省は年金機構を通じて未払いの対象者へ通知をして、11月15日までに全額を支給する予定だということです。










もし、気になる方がいらっしゃいましたら下記へお問い合わせください。










0570-030-261 (平日午前8時〜午後5時15分まで)










勿論、年金事務所でも対応していますので、足を運んでみては如何でしょうか。










またかよ!










何やってんだよ! ですよね全く










我が国の年金、本当に素晴らしい制度のですが、その制度を司る奴らが悪すぎるのでしょうね。









年金.jpg
フリー画像からお借りしました












nice!(153) 
共通テーマ:日記・雑感

ドッキリ「ばか夫婦 」 願い叶ってアクセス上々、さてその代償は? [最近のニュースから]

またまた、呆れた人達が登場しました。









以前に、呆れた輩として記事にしたのは「おでんツンツン男」でした。









今日は、警察官をも巻き込んで悪質ないたずらをした「ばか夫婦」を話題にしてみました。









しかし、呆れた人間が次から次へと現れるものです。









その「ばか夫婦」、先月の26日にJR福井駅前の交番の前で砂糖の入った透明の小さなポリ袋を警察官の前でわざと落とし、覚醒剤と勘違いした警察官に自分を追わせるという馬鹿げた事をしたんです。










夫婦.jpg
フリー画像からお借りしました










妻は、その一部始終を撮影し「覚醒剤いたずらドッキリ」と称してユーチューブに投稿していたそうです。









その動画は100万回以上再生され、ネット上では批判が高まっているということです。









その「ばか夫婦」、偽計業務妨害の疑いで逮捕されました。









しかし、今月1日、容疑者の男のブログにはこの様な書き込みがあったそうです。









「アホなことやってるけど、ここで引いたらアホ+負け犬+脱落者+イケメンで終わってしまう」「それなりに批判もさらされるだろうけどとりあえず全力でやる」









警察によると、現在捜査中ということです。









容疑者の男31歳、女28歳、年齢の割にはかなり貧しい発想の持ち主の様です。









海外にもいましたが、動画の再生回数によって報酬が貰えるらしいので、それが目的なのでしょうね。









法的に罰することができても、結果やり得と判断し繰り返すことになるのでしょう。









道理を説いても解る人たちではないと思います。









「いたずら」も限度を超えれば「犯罪」になってしまうんですけどね。









どうせ全力で物事を成し遂げようとするのであれば、もう少し自分たちの将来を考えてほしいと思います。








社会(世間)は、「ばか夫婦」が考えているほど甘くはないと思います。









後悔先に立たず、にならないようにしてほしいですね!












nice!(178) 
共通テーマ:日記・雑感

「臍帯血事件」事前に防げたのでは? [最近のニュースから]

「臍帯血」の再生医療が無届で行われていたという事件が発生しました。











臍帯血.png
フリー画像からお借りしました










「臍帯血」とは、赤ちゃんのへその緒や胎盤から採取され、臍帯血に含まれる造血幹細胞を移植することで白血病などに効果が認められたているそうです。










しかし、がん治療や美容、最近ではハゲ治療にと頭に臍帯血を打たれた人もいるといいます。









その「臍帯血」を使った再生医療が無届で行われ、先月27日に医師ら6人が逮捕されました。









再生医療安全性確保法違反容疑での逮捕だそうです。









逮捕された6人のうち、移植に関わったのは「京都健康クリニック」の経営者で「一般社団法人さい帯血協会」の理事務める人物と「表参道首藤クリニック」の医師の2人でした。









「臍帯血」は、そんなに簡単に手に入るものなのでしょうか?









この事件の発端は、2009年に茨城県の「臍帯血」の民間バンクが破綻したことでした。









顧客から預かっていた臍帯血1500人分が転売されてしまいました。









おかしな話ですね!









家族が病気になった時の為に、臍帯血を有料で預けていた所有者ではなく債権者の手に渡ったのです。









債権者は売却し、そして転売されたようです。









どうやら、この様な事件が起こることは想定されていたようなんです。









2012年には、国会で民間バンクの破綻で臍帯血が闇ルートに流れる危険性が指摘されていたそうです。









厚労省が制度整備をしていれば、今回の事件は防げていたといいます。









役人は、良くも悪くも波風たてずに定年まで!そして天下りで甘い汁。









頑張っていらっしゃる政治家やお役人もいるのでしょうが、結果がこれでは信用ができないと言われても致し方ないですね。









問題が起こってからでないと腰を上げない、こんなことの繰り返しを何時まで続けるつもりなのでしょうね。











nice!(195) 
共通テーマ:日記・雑感

救急車出動の国民意識 [最近のニュースから]

行き成りですが、救急車に乗ったことありますか?









救急車.png
フリー画像からお借りしました









私は2度経験しています。









最初は勤務中に先輩が倒れ、救急車で病院へ搬送される際に付き添いで乗車しました。









次は、高速道路で玉突き事故に巻き込まれ、私の車が横転した際に救急車に乗りました。









たまたま近くを覆面パトカーが走行中で、救急車を呼んでくれたようです。









駆けつけて頂いた警察官の皆さんや救急隊員の皆さんの迅速や対応に感謝しています。









その救急車をタクシー代わりに使っている人が少なくない様です。









総務省消防庁によると、2016年の救急車の出動回数は10年前よりも約20%増えているそうです。









9日、内閣府は「救急車に関する世論調査」を発表しました。









その調査によると、患者の症状が軽い場合は救急車での搬送をしないで、自分で病院へ行ってもらうことについて67.6%の人が「積極的に進めるべきだ」または「どちらかというと積極的に進めるべきだ」と答えたそうです。









やはり、救急車は本当に必要としている人の為にだけあれば良いのです。









先の消防庁の発表の通り、半数程度の患者が軽症と判断されています。









どうして半数もの軽症者が救急車を呼ぶのでしょう。









おそらく、救急車を呼ぶ状態なのか、そうでないのかを判断できないのだと思います。









そして、少なからずこの様な人間も存在しているようです。









「金をかけずに病院へ行きたい」「すぐに診察して貰える」などです。









テレビで特集の番組を観たことがあるのですが、軽症で119番に連絡しているのは、同一人物が繰り返ししているケースもありました。









119番に入電した際に、救急車の必要性を判断する。









救急車到着し、救急隊員が実際に患者を診て判断する。









それには、専門的な知識や経験が伴わなくてはいけませんね。









自分で病院を受診するよう進められた場合、「受け入れる」「たぶん受け入れる」と73.6%の人が回答したそうです。









その際の条件として、72.3%の人が「すぐに受診できる病院の紹介」をあげています。









次に「民間救急車などの搬送手段の紹介」です。









海外では、救急車の利用は有料という国もあるそうです。









本当に、わが国は良い国ですよね^^









一部の不心得者の為に、救急車がタクシーの様に料金メーターが付いてしまうことがない様に、身勝手な利用を避けることを真剣に考えるべき時にきていると思います。













nice!(190) 
共通テーマ:日記・雑感

冷たい!不味い!給食 大量食べ残し [最近のニュースから]

子供の頃、学校の給食は楽しみの一つだったと思います。










給食.jpg
フリー画像からお借りしました









好き嫌いはあっても、大量に残飯が出るかとなんてありませんでした。









先日、テレビのニュース番組を観ていましたら、神奈川県大磯町で学校給食が大量に残ってしまう状態が取り上げられていました。






















大磯町の2つの町立中学校では、昨年去年1月から学校給食が始まったそうです。









しかし、その給食に不評の声が相次いでいるのです。









テレビの映像には宅配弁当の容器らしき物が映し出されて、大量の食べ残しが確認できました。









食べ残しは平均26%で、多い時には何と55%以上だそうです。









大磯町の学校給食は、宅配弁当?だったのでしょうか?









我が家では、妻の体調が良くなるまで晩ご飯は宅配弁当を頼んでいますが、あれは電子レンジで温めるからたべられますけど、届けられた状態では食べたいとは思いません。









温めて食べても、私が小中学校で食べていた給食のほうがはるかに美味しいですし、コンビニの弁当の方が・・・。









兎に角、もしも宅配弁当の様な給食を子供達に食べさせていたとしたら、可哀想ですよ!









去年の1月から給食が始まり、対応策を考え始めたのが今月なんですから、呆れてしまいますね「教育委員会」のみなさまには!









教育委員会は、「深刻な状況だと痛感している。今後、学校などと相談しながら、食べ残しを減らす努力をしていきたい」とコメントしているそうです。









教育委員会が出した対策は、温かい汁物に食べ残しの多かった野菜を入れてたべさせる、生徒に弁当を持参させる、給食でも弁当でも好きな方を選択しろ!ということの様です。









行き当たりばったり!その場しのぎ!、問題を大きくしたくないだけ。









相変わらず、どちらの教育委員会さんも的外れな事ばかりしていますね。









自分たちで、その給食を食べてみれば分かるはずです。









どうして2つの中学校で給食を始めたのでしょう。









弁当屋から袖の下をもらったからですか?^^









給食を食べたくないなら弁当でも良い、どうしてそんな情けない解決方法しか思い浮かばないのでしょうね。









本当に、子供たちのことを第一に考えている人がいなのでしょうか。










という記事を書いていましたら、テレビのニュースで「昨年1月以降、虫や髪の毛、ビニール片などの異物が計約100回見つかっていたことが町の調査で判明した」なんで報道をしていました。










これは、もう問題外ですね!









やはり、教育委員会のどなたかが袖の下を貰っていたのでしょうね!










大磯町の皆さん、真実は分かりませんが子供に関わる問題です。










教育委員会、業者、徹底的に調査をして頂きたいと思います。









よろしくお願いします!











nice!(185) 
共通テーマ:日記・雑感

サメを食う!カツで食う! [気になる情報]

先日は、カメムシは意外に美味しい、ものもいるという記事を書きましたが、今日の記事は至ってノーマルな食材を話題にしました。









今日な話題は「ザ・シャーク」です!










私達にとってサメは恐ろしい魚というイメージが焼き付いていますよね。










same.jpg
フリー画像からお借りしました









確かに、サメによる被害はありますから、しょうがないのですが。









そのサメを食べる文化のある地方があります。









新潟県上越市です。









江戸時代の高田藩は輸出ようにフカヒレの生産をしていたそうです。









余ったサメの肉が領内に流通して、上越地方にサメ文化が根付いたということです。









しかし、近年はサメ料理を作る家庭が少くなってきたことから、地元のサメ食文化を全国へ広めようと準備が始まっているそうです。









上越市に伝わるサメ文化を全国に発信する為、サメのフライ料理を「シャークカツ」と名付けて、来年には本格的な供給が出来る予定ということです。










さめかつ.jpg
フリー画像からお借りしました










サメの肉を油で揚げると、サメの旨味が凝縮されるそうです。









既に、上越市で流通するサメの大半があがる宮城県気仙沼市の水産会社に、購入した客が自宅出揚げるだけで食べられるように切り身にして衣をつけるまでの加工を依頼してあるということなので、準備は万端です。









サメの身は高タンパクで、骨がなく食べやすいことから、学校給食や老人福祉施設での活用術や市内の飲食店やスーパーなどでの販売を目指すそうです、









実はサメの料理、食べたことがあるんです。









私が食べで美味しいと感じたのは「サメの煮付け」です。









美味しいし食べやすいし、おすすめします!









是非「サメカツ」も食べてみたいと思っています^^












nice!(182) 
共通テーマ:日記・雑感

下水道PR! 今度は「微生物カード」 [気になる情報]

今日も下水道を話題にしてみました。








先日は、下水道のフタのカードやフタそのものに人気が集まっているという話題でした。









今回は、汚水を綺麗にする微生物にも下水道のPRに一役買ってもらおうという話です。










微生物.jpg
フリー画像からお借りしました










下水道は、古くは今から約4000年ほど前に古代インドの都市(モヘンジョ・ダロ)で作られたものだといわれています。









イギリスの首都ロンドンでは、1855年から下水道工事に着手し、それまでテームズ川に直接流していた下水を、下水道を通して市街地より下流で流すようにしました。









また、ヨーロッパ各国やアメリカなどでも、下水道工事に着手するようになりました。








しかし、その頃は直接汚水を川にたれ流していたそうです。









その後、微生物を利用した下水処理法が開発され、汚れた水を清浄にしてから河川などに流すことができるようになったのです。









現在は、各家庭から排出される汚水や雑排水が下水道を流れて終末汚水処理場という場所に集まります。










下水.JPG
京都新聞さんの記事からお借りしました









そこで、集められた汚水を微生物による生物処理を行い綺麗になった処理水を川などに放流しています。









その微生物を使って下水道事業をPRしょうと、京都市の下水道事業を担う若手の職員さん達がある試みを始めています。









微生物の名前の由来などを紹介したカードを作成しました。









微生物2.jpg
フリー画像からお借りしました









カードは縦9センチ・6センチで、汚水処理に役立っている微生物約200種の中から6種類を選び作成したそうです。









下水道マンホールのフタ同様、人気が出ると良いですね。









ところで汚水を綺麗にする微生物は、下水道事業だけに関係しているのではなく、下水道設備のない地域で使われている浄化槽でも活躍しているんです。









微生物が汚い水を綺麗にしてくれているんですね^^











nice!(180) 
共通テーマ:日記・雑感

佐賀県の酒 海外への販路開拓 [最近のニュースから]

酒.jpg
フリー画像からお借りしました









今日は日本酒を海外へ広める為の戦略、こんな売り込み方もあったんだ〜と感心した方法が合ったので、話題とさせて頂きます。









佐賀新聞さんに「佐賀ん酒世界へ」というタイトルの記事が載っていました。









最近、多くの日本酒の蔵元さんたちは国内だけではなく、海外への目を向けていらっしゃいます。









その様な記事内容かな?と思っていたのですが販路拡大の方法が面白いのです。









鹿島市の幸姫酒造さんは、外務省在外公館課を通じて海外4ヶ所の日本大使館、総領事館へ日本酒を送り販路を模索しているようです。









在外公館では、国の要人との会食やレセプションなどの行事の際には日本酒で乾杯をするそうです。









そして、積極的に日本酒の美味しさを広める努力をしています。









しかし、すべての日本酒という訳にはいかず、「IWC(インターナショナル•ワイン•チャレンジ)」で受賞した銘柄が対象となります。









「IWC」とは、世界最大級のワイン品評会のことです。









幸姫酒造さんへ注文が入ったのは「純米大吟醸幸姫」「辛口純米酒幸姫」の2種類だったそうです。








チリ、モーリシャス、エストニアの大使館とオーストラリアのシドニー総領事館に送られました。









注文を受けた「純米大吟醸幸姫」は、フルーティーな香りで甘みのある味わいが特徴で、「辛口純米酒幸姫」は滑らかな味わいの中にすっきりとした喉越しだといいます。









これからも、海外で本物の日本酒の味を広めて頂きたいですね。









また、先月30日には佐賀県の日本酒を大阪でPRする「探そう!美味しい佐賀の酒in大阪」が開かれました。









佐賀県内の19の蔵元さんが参加したそうです。









今回のイベントは昼夜の2部で行われ、昼は関西地区の小売•卸販売店や飲食店の経営者らを対象にして開かれたそうです。









夜の部は一般客が対象で、料理を味わいながら「佐賀の日本酒を楽しむ会」が開かれました。









佐賀の蔵元さんたち、国内でも海外でも販売努力をされているんですね。









美味しい日本酒、もっともっと海外でファンが増えてほしいです!










日本酒3.jpg
フリー画像からお借りしました










外務省であろうとなんであろうと、どんどん協力して頂きましょうね!^^












nice!(180) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -